badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ 足 屋 止まり屋 ☆
イメージ画像

☆ 足 屋 止まり屋 ☆

☆ FD2 NEW車高調! ☆

画像 0271.jpg

 

もう何台付けたことか。。。(大笑)

トコトンこだわっている車高調なので

ホント取り付けが大変。

 

てか仕事がありすぎて。。。

車も見ての通り、溢れてしまい・・・マズイっす。。。

 

 

 

 

その代わり・・・

精度良く取り付ければ、車高もピッタリ出るし

左右キャンバーもホント、アライメント調整したみたいに

正確に出ちゃいますね。

 

全くキチンと取りつけ出来ないとこも多いみたいですけどー

 

とにかく出来が良いので

装着していただいたユーザー様は積極的に

前後の車高バランスと減衰を、自分好みに調整してみてください。

アライメント調整は最後で大丈夫ですので!

(初期セットアップで、非常に良い数値です)

 

fd2 11.jpg

 

今回からワイドトレッドキャンバーKitも取り付けるお客様も多いのでの

バッチリフロントはワイドトレッド&リアキャンバーで、

よだれモンのコーナリングが手に入ります!

 

アームの支点位置を変更して、ボディーそのものがワイドボディー化した効果と

F1のリアアームのような上反角とストローク時のジオメトリー変化で

FD2特有のリアの欠点を克服します。

いきなりスピンモードで突っ込んでしまったサーキットユーザーには

涙モンのパーツですな(大笑)

 

 

 

 

 

☆ 業務連絡! ☆

1333555040.jpg

スプリングベアリングシート

NEWベアリングバージョン

一体整形式スプリングベアリングシート 採算の見通しが付きました。


FD2-NEW車高調  バックオーダーお客様各位へ

フロントをセレブなWベアリング仕様(上下)にすることで、
個数が1台分としてカウントが可能となりますが、
もしこの仕様でよければ発注しますのでご連絡お願いいたします。
(リアはタル形状のためベアリングレス仕様)

通常仕様でベアリング1台分¥6.500プラスブーツ¥1.400
NEWバージョンは、1台分¥12.800でOKです。

ご検討よろしくお願いいたします。

あくまで納期で、正規採用されるかはまだ未定ですが、
希望の方が多ければメーカーをプッシュします!

ID60タイプ/RG用はまもなく入荷です。

よろしくお願いいたします。


 

☆ FD2 NEW車高調 ビックリの完売御礼! ☆

1331882161.jpg

かねてより
お話に出ていたトンでもない車高調

シビックタイプR FD2用

おかげさまで、


特別製作分 初期ロット 全て完売となりました!




誠にありがとうございます!


某メーカーからの発売時期は、まだ未定のため
実質に日本にあるのはうちの分だけとなります。

完売してしまったので

特にもう隠す必要もないので詳細公開しまっす!(笑)



・LEXUS LFAの足回り担当しているメーカーです!
 (弊社は、日本に20社ぐらいしかないプロSHOP認定企業です)

・フロントスプリングは、ツインスプリング仕様!

・リアスプリングは、FD2の欠点である自由長の短さを対策するため
 特注タル型専用スプリングプラス車高調整アダプター仕様
 タル型にすることによるスプリング経線長が稼げるため、バネレート特性が良くなり
 またタル形状は、FD2特有のスプリングシート面のスプリング変形を効率よく吸収し
 バネレート変化に貢献します。

・ショックシャフトはDLC加工  F1ショックと同じ仕様です。

・フロントキャンバー調整は、非常に調整形状と/剛性の悪いFD2対策として
 ロアフランジ/ナックルに専用調整アダプター&アッパーマウントでの微調整バージョン

・フロント剛性アップのためとセッティング済みため、高剛性ショック一体型ブラケットを採用!
 (そのため全長調整式ではありません)

・弊社独自のスプリングベアリングシートバージョン!




まぁ
こんな感じです。

初期ロット完売!

誠にありがとうございました!


2回目のロット受付も好評のため開始できると思います。

街乗りから究極のS/スリック仕様まで対応OKです!

特にタイムアタックマシンに推奨いたします♪


 

☆ シビックタイプR FD2 NEW車高調 先行予約発売決定! ☆



2/12 日曜日

スーパーアウトレットパーティー開催時と同時に!



待望の

シビックタイプR FD2

『SPECーTR サスキット』 先行予約発売いたします!



1年待ってやっと発売決定!
しかもまだ弊社先行発売のため、メーカー一般市販販売は決定しておりません(笑)





車高調スペック!

・メーカー LFAのサスを開発した国内最大メーカーです(笑)

・DLC仕様 F1ショックのシャフトと同じ究極のピストンシャフト表面処理!

・ニードル伸圧同時 32段減衰調整

・F 16~12キロ 選択

・R 18~16キロ 選択

・ターゲット サーキットアタック~ストリート SタイヤOK!






弊社オリジナル

上記をベースに、
スプリングベアリングシートとDLCシャフトを組み合わした究極の車高調スペック!


またBESTEX社協力の下、フロントツインレート スパトラスプリング仕様設定OK!

究極のスーパートラクションスプリング!


安易にLSDに頼らずに、イン側のトラクションを稼ぐ究極の方法!
市販のアシストスプリングではありません。

特注の一体型1本スプリングに1~0Gストロークの積極的なスプリングレートを実現!
(メインスプリングレートを超えるレートではありません)

またレート屈折ポイントは、乗り味に合わして製作可能!


いよいよ次世代スペシャルな車高調を展開します!



ご注意!

上記はRGの製品ではありません。
全く違うメーカーの商品です。

☆ お待たせしました! SSスペック ブレーキパッド! ☆



えらいよく売れている

SSスペック ブレーキパッド!

完売欠品中だった・・・

・ホンダ用 リア S2000/CL7/CL9/FD2

・アルファード フロント 10/15系

入荷いたしました。

お待たせいたしました。

バンバン発注入れていますのでよろしくです!



そんで

2a4283cc.jpg





















なぜか?

今度はアコードユーロR用のパッド注文が多く
CL7のフロントSSパッドが在庫少なめです。


そして、なぜか売れ出しているのがオデッセイ用!



とにかくダストが少ないのにコントロール性抜群の夢のようなパッドです。

おいらのLSにも本日、前後無事に装着完了♪
(発注してから交換できずに半年以上。。。ほんとLEXUSムカツク

いやはや助っ人の皆様のおかげで無事装着できました!



で。。。

ローターに焼きが入るぐらいまでのスポーツ走行ならじぇんじぇんOKっす。

先日のタービン交換のJZX100(450PS)では、非常に危ないという事が判明しましたので、
RSスペック カーボンパッドに交換していただきましたが(汗)

用途に合わしてお使い下さいね♪



ただ今、NSXもご注文いただきましたぁ~

リピート率も抜群です!

納得していただける性能と価格のバランス!

だからリピートも多くなるんですね。
(しかもご紹介も多いっす)



この価格とダストの少なさとスポーツ性能!

このベストバランスなパッドは他にはないでしょう。

ほんと、マジに特許とれんじゃないの?って言うぐらい良いパッドです。




街乗りでのブレーキダストの圧倒的少なさ。

熱を入れて温度を上げた時の効きと抜群のコントロール性能。
(嫁のポルポルでもブレーキキングの進入で遊べます)

代車のSSスペックパッドで、初めてコントロール性という意味を
理解してもらったお客様もいます♪

あくまで、使って、試して、満足して

ナンボですよ!





☆ そろそろ始まるか? Part Ⅱ ☆



Part 1の続き。。。

画像は全く関係ありません。

昨年から販売しているFD2の某パーツです。
車高を下げると必要になるコンペティションパーツ♪


あ。
お茶は好きでつ♪




話の続き。。。




例えば。。。

車高調キット。

特注でうちのRG改を買ったとしても、

あくまでも車高調。

車高出しやプリロード調整をキチンとしなければ無用の長物。

特注で狭い用途範囲で結果が出せるようにセッティングしているので、
キチンとした調整がされないのであれば、性能は全く出ません。

それはサーキットのタイムであって、乗り心地にも非常に影響されます。


先日、ご来店されたお客さまの車両でも、乗り心地を良くしたいというご希望。

バネレート、ショックの減衰はまった弄らずに、
プリロードなどの調整とリバウンド側のストロークを延ばしで組み直すだけで

不思議なことに乗り心地がよくなるんですね。
しかもインリフト時の接地圧も増えるんです。

なので・・・
車高出しやプリロードは、アライメントよりも先に調整しなければならない重要課題です。



なのに最近の専門店は、ろくに車高も出さずに、お金の取れるアライメントばかりを薦める。

うちから言えばアライメントは一番最後です。

まずは基準の数値で組んで見る。

これだったら最初の4輪アライメント調整は要りませんよね。
サス組みながら出来ますから。

そんでもって実際に走ってみてアンダーステア、オーバーステアを車高で調整して、
その時にタイヤ温度で、狙うアライメント数値をはじき出せばいいだけ。



よくこの車両のアライメントはこうだからという人もいますが、

タイヤの銘柄、バネレート、まして走るサーキットでタイヤの接地する部分、温度は全く変わってきます。

なので決め付けてしまうのはいかがなものかと。。。
 

ましてブレーキの状態によっても加重移動を考えると。。。

加重の掛け方で、全くタイヤの潰れ方、撓み方が変わってきます。

なのでアライメントって、ホント難しい。

だから、キチンとベースが出来た最後にアライメント調整するんですね。




ネットでよく車高がバラバラとかいろんな事書かれているとこもありますが。。。

まずはキチンと車高出しが出せるところで、全長調整式は弄りましょう。

特に車高が出せないとこだと4輪プリロードバラバラみたいな、
合ってはならない怖い事態に陥ります(笑)

これなら、まだスプリングが遊んでいる方がマシかも。

fac5d721.jpg





















そういえば。。。

年明けにRGのうちの担当さんが新年のご挨拶で来社されました。

その時に面白い話が出て、うちで販売した足ではありませんが、
 
どこで買ったかは知りませんが、
FD2の車高調が半年に一回ショックが抜けてしまうんですって。。。

これってありえなくないですか?

それも何回も???


これがもし、製品的な問題であれば大事ですが、ストラットタイプのショックを
RGは今まで何千台売ってきたのでしょうか?

コレがもし本当なら、大問題ですね。

っとなりそうですが、うちで販売したFD2の足でショックが、すぐに抜けたのは1台だけ。

つい最近の分ですが、取り付けがお客様でしたが全長調整式の車高調を取り付けるのが
初めてで、ちょっと取り付け方法と調整の仕方が原因でショックが抜けてしまったようです。

全長調整式の車高調は、
特にFD2などでは取り付けをミスると、すぐにショックがイってしまいます。

また調整の仕方をサスペンションジオメトリーを無視して調整してしまうと、
これも耐久性が落ちてしまいます。


これはレース車みたく毎回オーバーホールなら問題ないですが。



うちでは取り付けに関しては、全てお客様にご説明をしているのですが、
大半の方は大丈夫って返事なんですよね。

幸い、うちで販売した分ではこの1台だけのトラブルでしたが、
キチンと組み直したら、全くトラブルはありません。

売りっぱなしにはしたくはないので、いくらでもこの辺はご説明OKですよ。


なので、メーカーも毎回ショック抜けるのではなくて、キチンとした原因追求、解明をしない限り、

半年に一回ショック抜けてオーバーホールではお客さんの負担が大きすぎます。

コレについて、キチンと対応して欲しいですね。

これでは笑い話にはならんですわ。


物が壊れるのは、キチンとした原因があるから壊れるんですね。

それなら、それを対策するもチューニングだと思います。




にしても。。。

RGの新しくでたZXダンパー

FD2用バカ売れみたいですね。

でも、うちでは1台も売っていません。

カタログの通り、ストリート用車高調なのでうちのユーザーさん用途とは合わないので断念でつね。

ちょうどデモ車をお客さんと一緒に乗りに行きましたが、
お客さんと口をそろえて出た答えが全く一緒でした(笑)

一回RG改に乗ってしまうと、やっぱり物足りないっす。。。

やっぱ自分が納得できるものを売りたいです。

別にZXダンパーが悪いわけではありません。
サーキット用とって考えるとっていう事です。

ストリートならいいかも知れませんね。


で、
うちでも買えますよ(笑)

しかもベアリングスプリングシート付きで~





ところで。。。


もうちょっとしたら、別のところからオイラが期待しているFD2の足が出そうです。

って。。。

テストしている人が、同じレースチームだったりして(笑)




 

 

 

 



 

☆ そろそろ始まるかな??? ☆



そろそろ始まりました!

ショックオーバーホール&更なる特注仕様変更!


ちょっと前にメーカーさんが開催したRG車高調の特価キャンペーン!

もちろん当社のRG改もRGさんベースですの、特注仕様でも大特価!

おかげ様で、ホント良く売れました。



FD2用では、販売台数はダントツトップだとか(笑)  ←メーカーの話では~




そんで。。。

あくまで特注サーキット仕様がメインのうちのRG改


距離的にも2万キロを超える車両が増えてきたの、
車種問わずにオーバーホール、仕様変更の依頼が増えています。



そりゃ乗ればショックは抜けるし、損傷もする。

大体初期の性能が維持できるのが1万キロぐらい?

コレぐらいだと、ほとんどの人が気付かないレベル?

そんで、大体抜け出すのが2万キロぐらいじゃないかな?

純正と違って、減衰が固い分、ピストン/シャフトにかかる負荷も大きいので
純正ショックと比べると短くなるんですね。

純正は長持ちしますもん。



コレがSタイヤ、スリック仕様なんかになると、更に耐久性は短くなります。

また縁石や派手な突き上げで一気に抜けるなんてこともしばしば。

まぁ~

普通のナンバー付きのレベルであれば、それなりに持ちます。


今回の仕様変更の画像は車はAP1

距離も2万キロで、ちょうどオーバーホール時期。

72b05839.jpg




















綺麗に分解して、仕様変更の新しいショックを組みます。

弊社のRG改の場合、特注リビルトショックを特別に製作しているため、
新しい特注のショックがきたら、それを古いショックを交換するだけでOKです!

通常のオーバーホールのような、その間乗れなくなることや、
オーバーホールの見積り金額がバラバラなどは、ショックについては一切ありません。

全て古いショック下取りで特注仕様のショックが¥18.000なんですね。

これってスゴイことですよね。



ちなみにRGのメーカーで行われてるリニューアルダンパーでは、
特注仕様は製作できません。 標準仕様のみの扱いになります。


この部分を間違える方が非常にたくさんいます(笑)

あくまでうちは、RG改ですからね。

そんじょそこらの通販屋さんの売りっぱなしとは違います。


新しいショックを組み付ける時に、他のパーツを点検。

弊社の特徴であるベアリングスプリングシートも2万キロ走っても全然問題ありません。

さすがは高加重設計のベアリング。

だてにF1のベアリングはやっていませんね。

最近、まがい物が多いですが、ちゃんとした加重計算でベアリングは選ばないと♪


そんでもって。。。

ピロボールも点検。

先日、某メーカーの方が来たときにも話になりましたが、

ピロボールは本来、角度が変わる部分の支点になるんですね。

だから車のピロアッパーみたいな、回転運動、上下からの加重入力を
一番に設計した構造ではないんです。

なので特にストラット車両ではピロボールは消耗品です。

また車高を下げた時に、ショックの付け根のナックルの支点と、
ショック頭のピロボールの支点位置がずれる車両は、
ピロボールに無理な角度で力がかかりますので、これも消耗品扱いになりますね。


コレは自動車メーカーが、設計の段階で車高を落としてアームを動かすことを
想定して設計はしていなのが原因です。

あくまでサスペンションジオメトリーの基準設計では、ノーマル車高で、
一番良いアームの動きになるように設計されているんです。

だから車高を下げれば、下げるほど。。。という事になるんですね。。。

世の中には、ピロボールの設計軌道を無視して
無理やり動かしている足屋さんもたくさんいますね。

なので、本当にどれが正解かは分かりませんが、
うちは結果の良い物を開発していくしかありません。


PartⅡに続く。。。


« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9