badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ デ カ 箱 車 ・・・アルファード ☆
イメージ画像

☆ デ カ 箱 車 ・・・アルファード ☆

今年の最後の商品発送!

071230al.png

昨日、めでたく♪


今年最後の商品発送終了!


最後のパーツは???

アルファード
ダイレクトサクションKIT
     &
電動ファンコントローラー

でつた。


バックオーダーで、納期が長引いていた
サクションKITも来年度より量産がケテーイ!

かなり納期が短縮されると思います。

そのための加工機材も購入♪



開発した自分も言うのはなんですが、

今までない発想のエアクリーナーで
度肝を抜く性能を発揮できます。



やっぱり部品を買うなら、効果が体感できる商品がいいですね。

効果があるかないか分からないパーツに、1万も2万も出したくありません。

特にNAは、マフラー変えてもノーマルと変わらないという
ふざけたマフラーが世の中にあふれています。

ある意味、今年の流行である偽装のパーツではなく、
本物のパーツをどうぞ♪

 

 

 

~みんカラ復活Blog~

アルファード オリジナルパーツ 納期情報!

071213al.png


納期情報でつ!


12月と言うこともあり、非常に

アルファードオリジナルパーツ

ご注文が多く、
非常に品薄になっておりまつm(__)m




・ローテンプサーモ 
 在庫分が今週完売しました。 現在次の入荷分待ちです。
 バックオーダーになってますので、ご希望の場合お早めにご注文お願いいたします。

・ダイレクトサクションKIT
 こちらは、曲げパイプの入荷が遅れているため、少々納期がかかります。
 (予定数量よりも多く出ているため)
 ですので納期は、10日以内となります。

・高強度タワーバー
 現在、納期は約1週間でOKです。

・SSスペック ブレーキパッド 
 通常ロット分は完売となっており、バックオーダー受注製作となりますので、
 納期は約2週間となります。

よろしくお願いいたします。




意外と好評の強化ファンベルトにつきましては、
メーカー在庫は大体OKですので、お取り寄せで約3~4日でOKです。

ただ、意外と注文が多いため毎回送料を1台分で払うのもなんなんで、
ご注文希望のお客様様がいましたら、何人様かでまとめてご注文いただけますと
その分、お安くなります。

こちらのパーツは、アルファード設定は、当社でオリジナル設定しましたが、
商品自体は強化ファンベルトメーカー商品ですので、
あえて当社では在庫はしていません。

それはなぜか?

うちでは国産車で、ほとんど車種の強化ファンベルトの設定があるからでつ(笑)

ちなみに嫁のファンカーゴまで。。。強化ファンベルト仕様♪
 

 

~みんカラ復活Blog~

今日のお客様♪

071117al.png

遠路はるばるご来店いただきました。


誠にありがとうございます。



実は、新しく発売する4WD用のセンターからのフル交換
『Evolution マフラー』モニター装着確認のためご来店でつ。


っがすかし!

ギャルソンの2本出しマフラー&2本出し用のエアロ装着のため、
うちの純正バンパー用で設定されているマフラーが装着できず。。。Orz

非常に残念ですが仕方ありません。。。
(マフラーの切り欠きが、2本出しなんですよ)

なので、仕方なく。。。

おいらのアルのエンジンをかけてみて、はこんな感じでつよと(笑)

っがすかし!

これだけではなかったのでつ。

きちんと先着モニター10台分

『ダイレクトサクションキット』
ご予約を頂いておりましたので、無事に納品させていただきました。

すでに一昨日ぐらいの初期ロットのモニター分の発送の
お客様の分は発送済みでごじゃります。

多分、今週末/来週の連休で皆さん(ニヤリ)


皆さん、頑張ってください!

バンパー外れれば、楽勝で取り付けできますから♪
 

 

 

~みんカラ復活Blog~

パーツ結果報告! アルファード編

071116al.png

先日の大阪までの

超ロングドライブ♪

いろいろ試してみましたぁ~


ということで結果報告でつ。。。


仕様は・・・

定番のセンターからフル交換のRRスペック Evoマフラー

これに新商品であるダイレクトサクションキットを装着♪



まずは燃費♪

大阪までの行きでの燃費は、

走行距離570キロちょっとで
入れたガソリンが57リッター。。。


なのでちょうど燃費はリッター10キロ突破♪

こう書くと普通であるが、実は悪月過激団ファミリーフル乗車7人でつ。

しかも旅行の荷物満載(笑)

またもや、リアはべらぼうなシャコタンになってしまいました。。。(T_T)

このフル乗車の状態で、行きのドライバーの前半は某弟(爆)

行きの首都高、ちょっと渋滞。
東名入ってからは、130キロペース

途中からおいらの運転でやっぱり120~130キロペース。

トラックが多かったので、途中90キロリミッター軍団に囲まれて、
90キロも多かったような。

まぁ~この状態で、リッター10キロ突破はお見事。

しかも19インチだしね


キノコエアクリの変なトルク減少もなく非常に快適。

マフラーが静かなおかげで、後ろの席は爆睡だらけ(笑)



次のテスト

奈良のニシモワークスに行く途中。

西名阪をガッツリ全開♪

正直、メチャクチャ速くなっています!

西名阪の上り坂も楽勝。

がしかし、覆面とオービスが分かりずらいので、
おいら本来の全開にはほど遠い。。。

っと走っていたら、おいらの目の前に黒のZ33が割り込み!

なろぅ~と思っていた矢先!

相手のZ33がフル加速!

おー!待ってたんだよ。 こういう車!

みんなで飛ばせば怖くない(笑)

おいらもすかさず、キックダウンで全開!


でもおかしいんですよ。

今までは、マフラー変えたZ33に離されはしないが、追いつくことも出来ないはずが、

今回は違う!

ガンガン追っていける(笑)

ついにやりましたよ!

ライトチューンのZ33よりもアルファードの方が速くなりました。

条件的にもエアクリ/マフラーにノーマルCPUだろうし。

いやこれには、ビックリですな。

マジに速いと思ったが、ほんとに速くなってる♪

トルクダウンもないし、全開も速くなっているので、

全域高性能な究極のエアクリーナーシステム
Evolutionマフラーの組み合わせが出来ました♪


ただ残念なのか、いいことなのか?

全開時のマフラーの音が若干大きくなりました。

というよりも、更にいい音になりました。

かなり燃調がパワーでる方向に変わっていますね。

こういう部分でも実際に速くなったことが実感できますね。

ちなみにアルファードは、更に新しいマフラー(08Spec)もそろそろ発表します♪

とまぁ~興奮しながらニシモワークスに夜中の12時に到着(爆)


その後もいろいろテストしまして、総走行距離は1600キロぐらい。

途中、西名阪全開や第二阪奈や大阪府内の渋滞、神戸の六甲の山道などなど
燃費に悪そうなとこばかり走って。。。(滝汗)

しかも帰りの東名は、うちのとおいらのドライブで、
GPSのスピードメーターで130キロ前後。

嫁は飛ばす飛ばす。。。(ーー;)

アルファードのメーター読みでは140キロぐらいで帰ってきて、
トータル燃費は、8.7キロぐらいでした。

純正メーターのスピード誤差はひどいね。。。


ほんと今回開発したダイレクトサクションキットは、
かなり、いいとこ取りでいい商品ができましたね。

初期ロットも今週からデリバリー開始でつ。

いやはや、よかよか♪

ちなみにうちのオリジナルパーツが、
もうすぐすると某最大手量販店で売られるように。。。ニヤリ

当社パーツ代理店 急増中でつ♪

 

~みんカラ復活Blog~

サクションキット テストちゅう♪

071029al.png

先日取り付けたアルファード用

ダイレクトサクションキット。。。

ただ今、実走テストちゅう♪


現在の感想。。。


スゴクいい!

激しくいい!



キノコエアクリの為、懸念されていた低速トルクのダウンは、
大容量のインダクションBOX化のおかげで、ほとんど感じず。

若干1000~1400回転ぐらいのアクセル踏み始めの初期が
少なくなったような気がするが、

それよりも下から一気の来る圧倒的立ち上がりのトルクが強烈!

高回転まで、一気に吹け上がります!

いやはやアクセルの踏み返しもバッチシでつ。


当たり前ですが、エンジンルームの熱を吸わないので、
吸気温度上昇による熱ダレは一切無し。

正直、街乗りは厳しくなるかなと思っていましたが、
本日都内まで仕事で乗っていきましたが、全くと言っていいほど問題なし。

よく前の型のエスティマのようなエアクリ変えたから、
エンジンチェックランプがつくようなこともなく、ものすごく快適!

いやはや、ほんとパワー出ましたね!

うちのRRスペックとの相性も完璧です。


画像はサクションキットの画像になりますが、
市販前の撮影でしたので、パーツが抜けています。
画像以外に・・・

・純正エアクリーナー インダクションBOXアダプター
・ホースバンド
・遮熱シート


上記パーツが追加されます。

価格は・・・

アルファード 3L用
・ダイレクトサクションキット(コットンエアクリ) ¥19.800

オプション 
・ステンメッシュ エアクリタイプ プラス¥2.000


エアクリーナーは2タイプから選べます。
上記に消費税です。


すでにご来店いただいていますお客様より、ご予約いただいておりますが、
先着10台に限り、発売記念といたしまして消費税サービスさせて頂いております。

よろしくお願いいたします。


ちなみに明日は、高速テスト♪

 

~みんカラ復活Blog~

最近、燃費が変?  アルファード偏

071023al.pngうちのアルファードの燃費が変である。。。

街乗りでこの画像のとおり。。。

満タンから246キロ乗って、
ガソリン量はハーフのほんのちょっと下。。。


エライ燃費がいい。


先日の福島イベント往復の高速では、最高燃費をたたき出したが、今度は街乗りだ!

街乗りといっても、このときは店と家と事務所の往復
そんでもって、先日の筑波サーキットイベントの往復のみ。

しかも、きちんと水温50℃までは、暖気してるし。。。


ここ最近寒くなってくて、確かにエアコンはOFF。

最近燃費良くなるチューニングをしたのは、この前発売した強化ファンベルトぐらい。

確かに強化ファンベルトは、スリップしにくくなるので、
ベルトの張り(テンション)を緩くできるので、
補機類のフリクションロスが減るので、確かに燃費には貢献できるだろう。


っがしかし、燃費が良くなりすぎである。


いつもだったら、ハーフでも良くて200キロ越えるか越えないかかぐらい。。。


やはり一番の燃費の貢献は、ローテンプサーモであろう。

ここ最近、寒くなって一気に燃費がよくなった

水温自体が、純正サーモよりも低い温度で安定するので、
まずエンジンの熱ダレがない分、パワーが出る。 レスポンスもいい

結果、燃焼効率が上がるので同じスピードでも圧倒的に燃費は良くなるであろう。

しかも水温自体が意図的に理想値の温度で保てるので、
エンジンコンピューターの高水温補正が入らない

純正エンジンコンピューターは、水温が上がりすぎるとエンジンに
ダメージがが出るので、水温が上がると自動で燃料を多く噴射しエンジン冷却を始める。
(俗にいうガソリン冷却ってヤツだね)

ガソリンが濃くなると、排気ガスの温度が下がり、これでエンジンを保護する。

だからエンジンがダメージの出る温度まで水温が上がらないから、
無駄なガソリンを使わずに済むから、燃費が上がったというのが正論であろう。


確かにオールアルミブロックのエンジンは、水温が85℃越えると、
もう熱ダレしてしまいパワーがない。

純正サーモだと絶えず85~95℃くらいだしね。

これをローテンプサーモを入れることにより
積極的に適正水温にすることで、エンジンが快調になる。


よく質問で、他社のローテンプサーモを入れたけど、水温が下がらないという
問い合わせがありますが、同じローテンプサーモでも色々種類がある。

TOYOTAのメーカーパーツメーカーのローテンプサーモは、確かに冷えない。

うちのお客さんでもいろんな車種でテストしたけど、
結局うちの特許取得サーモに買いなおしている(笑)

うちで取り扱っているローテンプサーモは、日本サーモスタット社のサーモ。

これは特許取得サーモバルブに特殊な加工がしてある。

そのため、バルブの開き始めから非常に水温の安定が良く、
良く冷え、水温が低い温度で安定する。


他社のローテンプサーモみたいな、水温のハンチング(不安定)がない。

この特許は世界特許で、
WRCマシンやルマン24時間、パリダカのレースマシンにも使われている技術である。

バルブにはきちんと特許ナンバーまで小さくだが入っています♪


っがしかし、日本サーモスタットのローテンプサーモは普通に買うことは出来ない。

自動車メーカー相手の会社なので、チューニングマシンぐらいの販売数では
売ってくれないのだ(涙)

先日も某メーカーさんに聞いてもらったら・・・
1ロット同じ車種のサーモで500台分必要との事。

なので、うちでは特殊なルートを使って仕入れています。

だから同じ製作会社のサーモなのに、車種によってサーモを取るルートが違う(笑)

以前は、ひとつの会社で全メーカーまとめてやっていたのだか、
あまりにもメーカーからのロット台数が多いために止めてしまったらしい。

そのメーカーさんは、その後新たにローテンプサーモを始めましたが、
日本サーモスタットではない、他のメーカーのサーモスタットを販売するようになりました。

なので、おいらはそこからは取らないので、自分で仕入れるルートを開拓した。


ほんとまぁ~苦労したかいあって結果が出てきていることが嬉しいですね♪


水温が下がる分、暖房の効きが弱くなると思ったが、ほとんど変わらず。

寒がりな人だったら、オートエアコンの温度を2~3度上げれば十分OKですな。
(基本的に、エアコンは水温よりも水量をバルブでコントロールしているので)


ちなみにエンジンの理想の温度は、水温が70~75℃ 油温は80~90℃である。

これに近づけば近づくほど乗用車のエンジンの調子は良くなるのである。

よくオーバークールと言う人もいるが、これはもう過去の話のようです。
(確かに水温が65℃以下になればオーバークールだと思うが)


 

 

 

~みんカラ復活Blog~

ついに完成! サクションキット byアルファード

071023-1al.png

ついに完成しました!

アルファード 3L用

ダイレクトエアーシステム




『ダイレクトサクションエアクリーナーKIT』




取り付けのフィッティングもバッチリで、
某メカニックの方からも、

『よくまぁ~これだけ精度よく出来たね♪』

っとお褒めのお言葉。



そうなんですよね。

ボディー関係、エアクリーナーBOXの加工無しに、
ダイレクトに大径80パイのアルミサクションパイプ
キノコエアクリーナーを合体させています。


各部のクリアランスも絶妙!


製作できる中で、最大限の性能を追求しました。

どうせ作るならいいもんを!

・バンパー内のエアーを吸うので、キノコ特有の熱ダレは一切無し!

・キノコ特有のトルク減少は、大容量インダクションBOXで解消!



おかげでパイプの曲がりを作るのに、メチャクチャ苦労。
曲げを何回も変えてメイク&トライ!

おかげで大変良いものが出来ましたが、ほんと絶妙の設計なので、
ボルトオンながら、取り付けは知恵の輪です(笑)

そうしないとボディー無加工で、80パイではサクションの取り回しが出来ない(ーー;)


とりあえず試走した感じは、低速トルクはキノコ特有の細さはなく、
踏み込めば、一気にトルクが立ち上がる感じ。

上は確実に。。。(ニヤリ)


今週は、マイアルはの大手術が多いので、来週以降に長距離テストもしてきます。

純正エアクリBOXをインダクションBOXにしているのは、
かなり効果ありそうです。

これ以外に後期アルでは、スロットル前のストレートサクションも開発中。

キット内容としては・・・

・キノコエアクリーナー(ファンネル内蔵タイプ)
・サクションパイプ
・シリコンホース
・ホースバンド
・エアクリーナーインダクションBOX用アダプター


上記セットで2万以下を目標にしています。

オプションでステンメッシュエアクリも設定。
3L後期は、スロットルストレートサクションもオプション設定。

こんなアホなことやるのは、おいらだけだろう(笑)

とにかく吸気音がレーシー。

吸気と排気の音はアルファードじゃありませんな。
外で聞く音は、ほとんど外車って感じ♪

たーだ、元々おいらの作るミニバンパーツは、
絶対快適主義のため、非常に室内は快適でやんす。。。(^o^)丿

 

~みんカラ復活Blog~

開発ちゅう(^o^)丿

071016al.png

ニヤリ。。。


某TOYOTA車のパーツでつ。






一生懸命開発しちょりまつm(__)m

でもなかなか、うまくいきません。





何も無いところから、一から作り上げるのは大変でつ。

パイプの曲げもこだわって、何度も作り直したし。。。

どうせ製品化するなら、マフラーと同じ用にボルトオンできるようにしたいし。




このパーツ。。。独り言

完成すれば、業界をあっと言わせるような画期的ぱーつ。


キノコエアクリの最大メリットを生かしたまま、
キノコの最大の弱点である、エンジンルームの熱を吸うのを完全にシャットアウト!

しかも、キノコエアクリのデメリットの低速トルクや、
アクセルの踏み返しも驚きの方法で解決しております。


もはや完璧な『サ○ショ○キット!』



今日来た、アルファードのお客さんには、すでに注文?って勢いのお返事が(笑)

頑張って作りますよぉ~
たーだ、材料費が高いでつね。。。

価格は、世界で売られている世界標準のキット価格に合わしていきたいと思います。
(日本のパーツメーカーは、どこも高いので)


ちなみに、これ以外にも実は。。。(ニヤリ)


うちは見た目よりも、中身(性能)で勝負します!

切った貼ったはしません。。。あしからず。
 

 

 

~みんカラ復活Blog~

そんでもって。。。これ水温♪

071011al.png

これが最高燃費出した時の
水温。。。

居眠りしながら撮ったので、
ブレっちゃてまつね。。。

上の102は、社外メーターのスピード。

下の電動ファンコントローラーの70が水温。


ほんと70℃でビターっと水温安定。

恐ろしいほどに安定していました。

特許取得バルブなので、68℃開弁温度で、きちんと70℃付近で安定していまつ。

これが他社の何もない普通のローテンプサーモだと・・・
72~76℃くらいでハンチングがスゴイんですよね。

ちなみおいらのは、ATFクーラーとスポーツクーラントなので、
そうじゃない車よりも、余計に冷えて安定していると思いまつ。

この状態から全開したときのパワーがスゴイ。

社外メーターの180までは、かなりあっという間に加速。

ちなみに純正メーターは誤差が多いので社外で180キロだと、
純正の180はとっくに過ぎています。

純正の180キロは大体、160後半から170キロぐらいです。


ちなみにこの加速感を簡単に表すと、
ライトチューンのド初期のZ33と同じくらいの加速をミニバンがしています(笑)

私、お客さんが日光でレース出るのを見に行ったときに、
ちょっと弄ったおじさんのZ33と競争しまして、
加速で抜くことは出来ませんが、離れもしませんでした。

そんな中、180キロ付近でZ33が加速終了。。。

そうなんですね。

スピードリミッター解除していなかったんでつね(笑)
ミニバンあおってくるのに、カッコ悪いでつね。。。

なので、嫁さんの攻撃をおいらはかわしながら、Z33を抜いちゃいました(笑)

ただ、抜いたのはいいんですけど、こっちもそう長くは持ちません。

あっという間に油温上昇(涙)

あえなくペースダウンっす。。。

その後、Z33は、絶対においらをあおらなくなりましたm(__)m

あれから、ちょっと自信つきましたね。 
ミニバンチューンもいける!

ただ気をつけないといけないのは、絶対にブレーキは強化しましょう(笑)

ノーマルでは、全く止まりません。。。Orz




最近、どれくらいパワー上がるの?っていう問い合わせが多いですが、
おいらの車両ではノーマルのシャシダイをかけていないので分かりませんが、

お客さんのホムペでシャシダイかけたお客さんの結果では???

ノーマルマフラー 180PSちょっと。
Evoマフラー RRスペック/ローテンプサーモ 226PS


実に嘘みたいな話ですが、40PS近くパワーが上がっています。
NAでこれは信じられないですが、3Lの排気量があるので、
とにかく排気抵抗が無くなればパワーが出るんですね。

水温による熱ダレも回避できますし。

まぁ~同じ日にシャシダイはかけていないと思うので、
絶対に正確とまではいかないと思いますが、数値的に考えても
確実にパワーが上がっていると考えられます。 しかも大幅に!

この馬力が本当なら、確かにZ33を追い回せますよね。
(Z33自体もあまり実際の馬力は出ていないようですので)

まぁ~この馬力結果は、お客さんのデーターですので、
多少なりとも車両コンディションなどの誤差はあると思います。


特に1MZは、エンジン回さないとカーボンが溜まるので、
街乗りをゆっくりしか乗っていないアルをいきなりシャシダイかけても
この馬力は出ないと思います。

一回高速全開してカーボン取れたらバッチリですね。
いろんな人が言いますが、高速乗った後は、エンジンが調子いいと♪

それにしてもノーマルはほんとパワーないっすね。
カタログ値はどこまで本当なのか???



おいらの考えでは、なるべく距離の少ない段階、早いうちに
適正な温度管理をしてエンジンの磨耗によるパワーダウンを防ぐのが、
一番のNAのパワーアップの手法だと思います。
(NAは、パワー上げるよりも、パワーダウンの方が著しい)

乗れば乗るほど、メーカーのいいかげんな温度設定ではドンドン・・・

要はビデオデッキみたいに、そこそこ使えばダメになるような設計。
ソニータイマーとまでは言いませんけど、最近に車はそれに近いものが。。。

最近は新車3万キロでエンジンがダメになったなんて話も多いですし。


来月も長距離乗るので、今月はアルを弄くりまわすつもりでつ。
開発途中のパーツや溜まっているパーツも全部付ける予定。。。

はぁ~また15が遅くなりやすな・・・Orz
 

~みんカラ復活Blog~

最高燃費達成!  アルファード偏

071011-1al.png

先日のうちの走行会。。。

エビス爆走祭り

おいらは、乗る車がじぇんじぇん間に合わず
走れませんでした・・・
Orz


S15はいつできるのか?。。。

お客さんには、GT-R持ってけばと言われましたが、
何かと車検取るのが面倒くさい。。。っていじったのはおいら(自爆)

なので現地までは、アルでドライブでつ。

走行会のお荷物満載で、案の定テントやら机も積んで。。。


いや~車高上げたはずが車高低いっす(笑)


お客さんと合流して、法定速度で安全運転で♪

行きは、外環が、片側1車線規制でまともに走れず。。。
東北道入ったら、待ち合わせの蓮田Pまで全開(笑)

水温/油温が抜群に冷えて、えらい全開のパワーがありましたね。
(これが後で・・・)

お客さんと合流してからは、ゆっくり100キロ前後。。。

帰りは、サーキット走っていないのに、なぜかクタクタ。。。
多分、F1の疲れが取れていない???

そこで、思わず付いているの忘れていたクルーズコントロール
帰りは、あぐらかいて、快適居眠り運転(爆)

当初の予定は無給油でいければと思いましたが、
なんと、福島往復しても1/4以上、ガソリン残っている!

521キロ走って、まだメモリは1/4の上に♪

これは今までの最高記録だと思い早速、すぐ給油。

結果、525キロ走って
入ったガソリン48L。。。


燃費10.93キロ/L 達成いたしました!



今までは、良くても10.4~10.5キロだったので、
リッター11キロに迫る勢い!


東北道の蓮田Pまでの全開が悔やまれる。。

これさえなければ余裕の11キロ越え(笑)

あの巨体に荷物満載でこれはスゴイ!

パワーの体感的にも燃費にも、
かなりローテンプサーモが効いているのは確かのようでつ。

これからの季節が、ローテンプサーモの本領発揮?

しかも今回は、忙しくてオイル交換する暇なくて、
とっくに交換時期3000キロ越えたエンジンオイルでつた(笑)

 

~みんカラ復活Blog~

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8