badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ キャンペーンのお知らせ ☆ > ついにやります! クーリングキャンペーン開催!
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

ついにやります! クーリングキャンペーン開催!



うちで大好評の

RZスペックラジエーター シリーズ。

そう!

オールアルミ3層コアを使ったトリプルターン構造

前代未聞の冷却性能で、ストリートマシンからサーキットアタックマシン

そしてレースマシンまでもが使っている究極風味のラジエーター♪




あまりにも好評なので、お客様利益還元キャンペーンといたしまして

『エア抜きタンク ボトルタイプ ¥9.800』 サービスしちゃいます

キャンペーン実施いたします!


RZスペックラジエーターご注文のお客様に、
このエア抜きタンク(ボトルタイプ)を一個サービスでつけちゃいます♪

122f9b9a.jpg




















クーリングキャンペーン!   

『エア抜きタンク』プレゼント!

キャンペーン期間は4/1~6/31となります。

この期間中、RZスペックラジエーターご注文のお客様には、
こちらのボトルタイプエア抜きタンクを1個プレゼント!




更に!

エア抜きタンク(BOXタイプ)をご希望のお客様には、ボトルタイプの代わりに
通常¥15.800のものをプラス¥5.000にて販売いたします。

是非、キャンペーンご利用ください。



特にS2000やGT-R、スカイライン、シルビアユーザーには、
超お買い得なキャンペーンになっております。


コアもガンガン発注を入れて、納期は2~3週間前後になります。
(FD2は相変わらずバックオーダーで、約3~4週間です)

ご注文は当社HPよりどうぞ♪





ボトルタイプエア抜きタンク(¥9.800)のご説明

今までFD2用として販売していましたボトル形状エア抜きタンク

これをベースにスペースの無い車両向けに汎用タイプを開発しました。
(FD2とは若干寸法が違います)

市販の筒タイプのエア抜きタンクは、エア分離の仕切り板が入っていないため、
このタイプをつけると逆にラジエーターの冷却効率が落ちてしまいますが、

当社のボトルタイプエア抜きタンクは・・・

画像の通り2室構造のエア分離構造になっております。

そのため、流速をコントロールする事が出来るため、
その分ラジエーター本体の冷却効率が、上がるように設計されております。

流速のコントロールできないエア抜きタンクは、ラジエーターに水が回らず、
エア抜きタンクばかりに冷却水が回り、冷えなくなります。


これが当社の水流速コントロールシステム理論です。

この理論については、おいおいブログで説明いたします。




更に究極のエア分離構造を求めるななら・・・

今まで発売しているBOXタイプエア抜きタンク(¥15.800)がお勧め!
(S2000の画像に装着されているエア抜きタンク)

これは内部構造を複雑な迷路状態にして、水流速をトコトン落として、
エアを確実なまでに分離するエア抜きタンクとなります。



トリプルターン構造のラジエーターは、たくさんありますが、
どこのメーカーも言うほどは冷えていないのが現状です。

冷えない理由としては、コアとエア溜まり、エア噛みの問題があります。

そこで当社は、一番冷えるアルミ3層をトリプルターン構造にしておりますが、
トリプルターンは水路が複雑になるため、エアの溜まりが多く発生します。

エアを噛んでしまうと、冷却効率はガクンと落ちます。

そこで効率的にエア抜きタンクでエアを抜きます。
(だからRZスペックは、エア抜きタンク仕様なのです!)

そのときに、ただエアを抜くだけでは、実は冷えないんです。

そこに当社独自の水流速コントロールという、
流れる場所に合わして水流速をコントロールする技術を駆使しています。



また通常、トリプルターン構造になると他社製品では、アッパーホース/ロアホースの位置の関係から、
パイプレイアウトを変更/加工した構造になりますが、

当社のトリプルターンRZスペックラジエーターでは、、

純正と全く同じ位置でラジエーターホースが装着が可能。


これは、ちょっと分かる方なら、いかに画期的なことが分かると思います。

当社独自のインナーパイプ構造によるものです。

いろいろなノウハウによって、この冷却性能が支えられています。


是非是非、旧ブログ(冷え冷え団)で検証してみてください!



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/75