badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ BM-R  最新パーツ情報! ☆
イメージ画像

☆ BM-R  最新パーツ情報! ☆

☆ 次世代サーキット車高調 ゼロリフト理論 ☆

・ゼロリフト理論

 徹底したリバウンドストローク側のタイヤを下に押す力を増やして

 抜群のトラクション、グリップを生むことを可能にした強化アシストスプリング

 

 この理論、計算が出来るのは日本国内ではほとんどありませんが、

 市販プライマリー、アシストスプリングにはないアシスト量を最大限増加させた

 弊社強化アシストスプリングを使用することにより

 ボディー(バンプ側)と足回り(リバンプ側)が別々に必要な動きすることによって

 ドライバーシート(ボディー)は動かずに足だけが路面を追従します。

 そのためボディーの上下に動く量は少なくなりゼロリフトを生む事が実現しました。

 ゼロリフト/ボディーが安定することにより唐突なトラクション抜けが起きなくなるため

 安定して攻め込むことが可能となります。

 

※大手市販アシスト、プライマリースプリングはアシスト量が少なすぎるか

 加重指数を上げるために極端に高レート化してしまいメインスプリングと共振してしまい

 実際のアシスト量が少なくなってしまい本来の効果が少なくなっています。

 

☆ 次世代サーキット車高調 倍レート理論 ☆

・倍レート理論

 自動車スプリング、ショックの大きさ、太さはスペースの関係上限られてきます。

 社外車高調などではショックピストン径は最大でも46mm前後になります。

 そのショックピストンサイズから作ることが出来る減衰力とガス圧の数値決まってくるため

 その数値内でスプリングを選択すると

 20キロ以上のバネレートのショックは物理的に製作することが出来ません。

 無理をして製作してもピストンサイズ(径)が足らないために、

 きちんとした減衰力を発生させることが出来ず、耐久性も低くすぐに抜けてしまいます。

 これが高レートのスプリングを組んだショックの調子が悪い原因です。

 ショックを太くしてピストン径を大きくすれば無論20キロ以上のバネレートも可能ですが

 そうするとスプリング径も太くなってしまい車には装着することが出来ません。

 そのため社外車高調のショックの径は大体が決まってしまっているのです。

 (ピストン径を大きくするとフリクションの問題も発生します)

 

 こうなると20キロ以上の車高調は作れないのか?となります。

 

 でも近年のサスペンションの設計はマルチリンク化によるレバー比増大で

 バネレートを上げざるえない状況になります。

 この時に海外レーススプリング特性を徹底的に解析し

 ノンロール理論で取り入れたセット荷重を加えたセッティングをすることによって

 例えばバネレートが10キロのスプリングが仮想レート20キロと同じ動きをすることができます。

 

 ということは

 マルチリング用として15キロのレートを倍レートセッティングすると

 30キロのスプリングと同じ動きをさせることが可能となります。

 これが倍レート理論です。

 

 でも実際のスプリングは15キロなので、ショック減衰は普通に問題なく

 15キロの減衰で製作することができるためショック特性、耐久性も全く問題なくなります。

 

 この理論を応用するといくらでもレートを上げてセッティングすることが可能となります。

 正確な倍レートのレート比は、実際の車両のバネ上重量に合わしてセットアップしますので

 倍レートが2倍や1.5倍など車両とセッティングよって倍レート数値は変わります。

 

 今の技術では、このような夢の足回りを作ることが可能です。

 弊社ショック担当部門では実際のF1のサスペンション、

 GT500、D1シリーズチャンピオンなどの足を開発してきた実績があるからです。

 

 

LEXUS LS  『キャンバーオフセットブラケットkit』 アプデ!

Lexus LS

『キャンバーオフセットブラケットkit』

 

アップデート版発売開始!

更にサスペンションジオメトリーを見つめなおし変更バージョン

 

どの車種でもサスペンションジオメトリー変更を

チューニング手法として実戦しているのは弊社だけです♪

 

 

純正アームは、

ノーマル車高で一番いい設計になっています。

 

いくらいい車高調を装着しても 車高を落とすと

サスペンションジオメトリーが狂い性能は発揮されません

☆ IS-F キャリパーヒートシンク 発売! ☆

use20 kyari 1.JPG

いよいよ発売しました!

 

IS-F

ブレーキキャリパー ヒートシンク

フロント4枚セット ¥13.800(税別)

 

キャリパートラブルの多いIS-Fの救世主的なチューニングパーツ

積極的にパッド熱をヒートシンクで冷却するので

ダストブーツ、ピストンへの熱害が低減できます。

キャリパー温度も下がるのでアルミキャリパー特有の軟化を防ぎ

ブレーキフィーリングが向上。

そしてキャリパー開きも低減して耐久性をアップさせます!

 


 

非常に複雑な形状で開発には苦労しました。。。

1車種単体パーツのため数量は限定予定となります。

同じ6ポッドブレンボの1本バータイプであれば、他車種でも装着できると思います。

2本バータイプ(R35など)には装着できません。

 

IS-F リアには通常の汎用タイプを加工して取り付けOKです。

非常にコントロール幅が増えるのでブレーキが楽になりますね。

目から、うろこ的パーツです♪

 

 

 

☆ 大好評! 強化アシストスプリング ドンドンお試しOK!! ☆

low 1.jpg

大好評の強化アシストスプリング!

装着した人だけが分かるグリップ性能♪

 

ただこれを物理的に説明しようとすると非常に難しい話で

じつはスプリングメーカーでも理解しにくい奇奇怪怪な計算なのです。

 

私もF1ショック担当の方と話をしていくうちに実戦で作り上げたきた理論を

物理的に理解説明できるようななったぐらい複雑な話。

 

しっかりグリップが上がり、タイムが上がっていたので

考えていた理論はバッチリ正論でした。

 

逆に言えば、

なぜ他のアシストが想定したはずのトラクションがかからない理由も

はっきり説明することも出来るようになりました。

 

ほんと足回りは奥が深い!

 


 

uh 1.jpg

 

ということで

難しい話してもしょうがないので、一度実際に使ってもらい

グリップが上がったか? トラクションがかかるようになったか?を

お試しいただくというのやっております。

 

ですので

ご遠慮なく強化アシストスプリングのお試しをご依頼ください。

効果がなければ返品してもらって大丈夫です♪(笑)

 

 

ここまでやっちゃうチューニングパーツが

今までありましたでしょうか???

 

それだけ性能には自信を持っております!

 

 

車種ごとの強化アシストスプリングのマッチングは、

ご遠慮なく商品お問い合わせ掲示板よりお問い合わせください!

 


 

実は・・・

 

アシストスプリングのアップ画像をあえてアップしておりますが

ツインレートのような特性にならないように設計しているのがわかりますでしょうか?

 

市販の普通のスプリングは縮み始めと1G付近では二つのレートが発生していて

リバウンドストロークの伸びたときにレート低下が発生して最後までトラクションがかからないのです。

実はこれは内緒話なのですが(爆)

 

このお試し企画も、やっと完売が少なくなって在庫出来ようになりました。

発売当初は、ほとんどが予約完売でして。。。(汗)

 


 

装着時の注意点!

 

・ストロークが確保されているか?

 最近ストリート用車高調で強化アシストを希望する方がいますが

 あくまでもサーキット車高調専用でストリート低レート車高調ではストローク不足で使用できません。

 特にバンプラバーで走っているような車高調には使用不可です。

 

・スプリングベアリングシートの装着の必要!

 ストローク量が格段に増え、スプリングのネジレ抵抗ができるので

 必ずベアリングシートを装着してください。

 装着しない場合は、スムーズにトラクションがかかりません。

 

 またネットで販売されているコピーベアリングシートも絶対不可!

 市販スプリングは真っ直ぐには縮みません。

 そのためネット販売のベアリングシートは加重がかかるとロックしてしまい

 高加重時にはベアリングの役目を全く果たしておりません。

 理由はサーキット用の高レートのメインスプリングは径線が太くなるので

 必然的にスプリング直径が大きくなるからです。

 元祖本家の弊社の方がベアリング安く売っていますけど。。。(笑)

 

・強化アシストスプリングは、実は使いこまないと本当の性能が出ない!

 本来のスプリングの使い方とは全く違い、実はスプリングが一番嫌がる使用方法が

 強化アシストスプリングの使用方法なのです。

 そのためある程度使い込んで加重がかかるとスプリング自体が落ち着き

 更に性能が出るように、あえてその分を考えて設計しております。

 あくまで普通の使い方ではないスプリングなので、このような設計が必要となります。

 それを助ける意味でもスプリングベアリングシートは必要となります。

 

 

 

 

☆ お待たせいたしました キャリパーヒートシンク入荷しました! ☆

ヒートシンク FD2 2.jpg

 

長期欠品中だった

キャリパーヒートシンク入荷いたしました!

 

更に進化したNEWバージョンになります。

キャリパーが開いてしまうのを低減させる画期的チューニングパーツです。

ビックリするぐらいキャリパー温度を下げることができます。

 

IS-F用も、そろそろ発売します♪

マフラー注文殺到のため納期が長くなっております!

申し訳ございません。

連日マフラー注文ラッシュ&ワンオフマフラー製作のため

マフラーに関する納期が非常に遅れ出しております。

 

何卒、品質、レベル維持のためご了解お願いいたします。

たくさんのご注文いただき誠にありがとうございます。

毎年、この時期はマフラーご注文がスゴイです

☆ IS-F Evolutionマフラー ☆

is-f 1.jpg

 

いよいよモニター募集の締め切りが近づいてきました!

 

IS-F

Evolutionマフラー

 

 

非常にお問い合わせが多いので、中でもハイブリットレーシングの説明を

 

ハイブリットレーシングは、音量、パワーを切り替えできる画期的構造

これに可変バルブを組み合わせると完全フルオート制御の可変バルブマフラーになります。

完全フルオートということは保安基準適合になるんですね。

今の多く市販されている任意オンオフスイッチ付マフラーは保安基準NGなのです。

 

そしてIS-Fでは更にそれを進化させたのが、

F-TECシステム!

 

これを細かく説明すると

IS-Fは、可変バルブ仕様の場合、アイドリング低回転は純正マフラーより静かでトルク、燃費が上がります。

ブリッピング時には可変バルブをF-TEC制御(マニュアルシフト時)の場合、

アタックモードバルブ解放になりため、非常に気持ちいい音が出ます。


※F-TEC制御
 エンジンCPUで制御されている可変サージタンク、可変吸気とマフラーを完全同調させるシステムです。
 IS-FではF-TEC制御とアクセルリニア制御の2種類の可変バルブ制御が選択できます。


高回転は市販マフラー初の左右完全76.3mm(3インチ)メインパイプ仕様で抜群の高回転の排気性能を誇ります。

 

とまぁ

こんな感じです。

市販マフラーで排気の抜けに疑問?の方は是非、この高回転パワーを体感してみてください!

 

ここ最近のHONDAでは2000ccの触媒付ではサーキット全開パワーを引き出すために

弊社ではメイン76.3mmの高回転SPLが大好評であり、パワーも抜群!

 

IS-Fは5000ccで片側バンクだけで2500cc!

 

という事は必然的に触媒付であれば、左右のメインパイプが76.3mm(3インチ)パイプが必要となります。

ニュル仕様の触媒を少なくしたIS-Fも70mmツインのメインパイプだったことを考えれば

おのずと必要性が分かると思います。

 

 

☆ 高音共鳴マフラーの極意! ☆

 

日本で唯一のサーキット専用高音共鳴マフラー

 

 

その簡単な説明を

エンジンの排気音質の中での高音周波数

俗に言う弾ける高音!

 

この高音を直管フルレーザー加工パイプである一定の排気脈動作り

その脈動の高周波をタイコに共鳴させて高周波を作って増強させます。

 

これによってタイコから発せられる魅惑的サウンドが高音共鳴サウンド!

弊社のマフラーが楽器と言われるプロセスもここにあります。

 

 

 


 

 

今回は共鳴させるサイレンサーBOXを究極までに追求した

ZZZサブタイコ(トリプルZ)を開発!

 

あまりに共鳴するため排気音とは違う残響共鳴まで発生するため

トンでもない高音共鳴になっています!

 

共鳴が増えた分、サイレンサー自体の負担が増えてしまうので

あくまでもイベント向けとさせていただきます!

 

 


 

 

共鳴量は共鳴BOXの容量が大きいほど共鳴します!

なのでサブタイコの大きなJZX100やFD2では共鳴しまくりです。

 

ではよく言われる同じマフラーを買ったけど、同じ車同士でも共鳴の量や音質が違うケース

S2000などで多いですが、これは排気音の状態の差

排気音に正常な圧縮爆発音(高周波)があれば、その音を元にしっかり共鳴します。

ただし圧縮低下、高音の弾ける高音が出ないエンジンでは共鳴はしません。

オイル消費(オイル上がり)が多い車両はNG

 

また圧縮の低いターボ車では負圧では共鳴しませんが

ブーストがかかれば、NA以上の共鳴が発生します!

 

 


 

 

そして究極は

 

PROスペック! RACEスペック!

消音なしのフル直管高音共鳴

 

 

一切の消音のないフォミューラー顔負けのサウンドに高音共鳴サウンドを組合した

どこを探してもでてこないタイムアタックプロ向け仕様!

 

お客様のご希望、走るサーキットに合わしてフルオーダーしてみてください。

 

 

是非お客様だけのサウンドを!

特にS2000のトリプル直管にZZZサブタイコを組み合わせるとすごいかも!

 

 

 

 

 

Evolutionマフラー ロット製作締め切り情報!

Evolutionマフラー

ロット製作募集の残り締め切り台数情報!

 

・シビックタイプR FD2 残り2台

・S2000 AP1 / AP2 残り3台

 

 

徹底的にこだわりたいユーザー様是非!

 

 

 

業界にはあまりないサーキット全開OKな

可変バルブマフラーとしては格安設定になっております!

 

アクセル完全リニアフルオート制御によって、低回転から高回転アタックまで

全域で抜群のパワーフィーリング

 

安易にオンオフだけのバルブではなく、

アクセルに応じて無段階でバルブ開閉

その状況に合わした最適な排気効率を実現しました!

 

販売台数の約8割が可変バルブマフラー

S2000の95%のご注文が

可変バルブエキゾーストシステム仕様です!!!

 

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11