badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ BM-R  最新パーツ情報! ☆
イメージ画像

☆ BM-R  最新パーツ情報! ☆

最新情報は Twitter 大好評配信中!

 

楽しくなくちゃ。。。車じゃない!

 

↑ モットーに考えている本気のチューニングメーカー

 

最新チューニングパーツ情報等は、

ツイッターにて発信中!

HP上のツイッターロゴをクリッククリック!

拡散よろしくお願いいたします!

☆オートサロン緊急開催企画! HPI-COA スペシャルブレンド! ☆

2018 オートサロン

HPI様のご好意により

大好評のオイル添加剤

 

COA スペシャル特価オイル

 

エンジンオイル&ギヤオイル

限定100L! 開催します

 


 

弊社が1年かけてテストした効果抜群な絶妙なオイルブレンド(配合率)を開発しました。

その配合率に合わして通常販売した場合、メーカー推奨価格よりも非常に高くなってしまいますが

今回の限定企画では、配合率が大幅に上がっているのに

(メーカー推奨値の1.5倍以上)

価格は通常金額(標準配合率)よりも安くなる! 

というスペシャルな内容です♪

 

是非、このお得な機会にどうぞ!

 


 

特価内容!

使用するオイル量に対して添加剤 HPI-COA特価 1L分¥1.500!

メーカー通常価格は5L分(10%配合分計算)ではCOA1本¥8.000になります。

ですので5L分¥7.500で通常のCOAの1.5倍以上の量が手に入る特価計算になります。

弊社ではボトル売りではなく1L単位での計り売りをいたします。

また配合率もメーカーの1.5倍以上の濃度です!

※COA単品のみの特価販売はいたしません

 

弊社オイルの組み合わせは自由!

フルエステル 5w-40 1L ¥2.900 + COA 1L分 ¥1.500  合計 1L当たり ¥4.400

ギヤオイル  75w-200  1L ¥3.500 + COA 1L分 ¥1.500  合計 1L当たり ¥5.000

 

特価分COA添加剤はオイル100Lのみとなりますので

先着順売り切りとなります。

 

COAは1回のコーティングで1万キロ以上の効果が持続します。

詳しくはHPI様HPをご参照ください。

http://www.hpi.co.jp/archives/coa/bottle

 

 

 

 

☆ IS-F/RC-F ツインオイルクーラーオイルブロック 新発売! ☆

 

油温上昇がサーキット走行で致命的なIS-F/RC-Fの

オイルクーラー取り付けブロックの市販化に日本で初めて成功しました!

 

 

DQSnBwvVAAEsA7r.jpg

 


 

IS-F / RC-F

『ツインオイルクーラー取り出しブロックキット』  

 

・予定価格¥32.800 (数量限定)

・純正水冷式オイルクーラーレス仕様(レース車両と同じ仕様)

・サーモスタット内臓(サーモ設定温度82℃)

・ツインクーラー取り出し/AN10×4

・純正オイルエレメント仕様

 

※RC-Fは純正オイルクーラー取り外し

※オイルクーラー/フィッティングはツインで別途必要となります。

※シングルコアではIS-Fには使用できません。

 


 

特にIS-FはLSの燃費対策エンジンベースのため普通に市販オイルクーラーを付けてしまうと

コアの圧損抵抗による油圧低下でエンジン不調トラブルが発生します。  

(最終型のIS-Fの一部ではオイルポンプが油圧対策されています)

 

そのため弊社キットでは油圧低下対策を実施!

更にサーキットアタック時の水温をオーバーヒートさせる原因である

純正水冷式オイルクーラーレス仕様としてレースマシンと同じ冷却方式を採用。

(水冷式オイルクーラーは燃費対策としての役割の方が大きいため)

 

ツインクーラーの圧損対策をすることにより、

通常のツインクーラーに対して1.5倍以上の冷却性能を実現しました。

1周2キロのJAF公認サーキットでの10周連続アタックレース中でも油温MAX108℃を達成!

(HPI製コアをバンパー左右にツイン装着)

 

サーモスタット内臓タイプなのでストリートも安心してご使用いただけます!

 

またメンテナンス性を向上させるために純正オイルフィルターがそのまま使用できます。

 

IS-Fではオイルフィルターがスポーツエンジン用として大容量タイプが純正装着されておりますので

安易に市販の小さい社外オイルフィルターに変更するのは危険と判断しました。

(V8は摺動面が多いためオイルの種類でもガラリと吹け上りが変わるぐらいに繊細なエンジンのため)

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ SS-SPLダンパー! 発売記念キャンペーン! ☆

『SS-SPLスペックダンパー』

 

予想以上の反響、売れ行きにより

緊急! 発売記念キャンペーンやります!

 

別タン仕様も含む

オール2万円引き!

 

http://www.badmoon-racing.jp/contents/footwork-parts/cat-160/

 

設定車種

 

・IS-F

・ツアラーV

・86(新設定)

・アルテッツア(新設定)

・GT-R

・スカイライン

・シルビア/180SX

・S2000

・BRZ(新設定)

 

まだ先行ご注文分も納品前ですが

先行ご注文も2万円キャッシュバックいたします

ぜひ、この機会お見逃しなく!

 

キャンペーンは来年1月末まで

☆ S2000 SS-SPLダンパー! 別タンク仕様発売! ☆

完全特注! 別タンSPL車高調!

 

『AP1/AP2 SS-SPL! ¥298.000』

 

・別タンク ・伸び縮み別調整

・レーススプリング

・スプリングベアリングシート

・12〜8k選択

・アシスト仕様は14k

 

純正より乗り心地重視仕様

サーキットアタック仕様などなど自由自在に製作可能!

☆ IS-F SS-SPLダンパー! 高レート仕様 車高調発売! ☆

 
DRaiKmMV4AAMXUG.jpg
 
完全特注! SPL車高調!
 
『IS-F SS-SPL! ¥248.000』
 
・高レート専用ショック
・高レートアタックレーススプリング
・スプリングベアリングシート
 
・18/16k
・アシスト仕様は20/18k  (仮想レート24/22)
 
DRVBGqUUQAA3Xpy.jpg DRVBHWaVQAExwxP.jpg
   
 
サーキットアタック仕様
自由自在に製作可能!

☆ GT-R SS-SPLダンパー! 別タンク仕様発売! ☆

完全特注! 別タンSPL車高調!

『GT-R SS-SPL! ¥298.000』

 

32/33/34 GT-R

 

・別タンク

・伸び縮み別調整

・レーススプリング

・スプリングベアリングシート

・8〜12/6〜10k

 

純正より乗り心地重視仕様から

サーキットアタック仕様まで自由自在に製作可能!

☆ 車高調販売 絶好調! ☆

IMG_20170719_144118.jpg

 

 

車高調の製作待ちが14台超えてしまった!(滝汗)

 

なるべく早く納品できるよう頑張りますので、

ご注文いただいた皆様 もう少々お時間ください!!!

 

せっかく作るのだから妥協無しの本物を作りたい!

 

 

ss-r is-f 1.JPG

 

 

おかげさまで

レーススプリング

強化アシストスプリングも販売絶好調です!!!

 

 

画像 0281jpg.jpg

☆ ハイマウントGTウィング Ver2 発売! ☆

GTウィング FD2 1.jpg

 

ハイマウントGTウィング Ver2 ¥59.800(汎用/税別)

 

ウィングステー取り付け強度を稼ぐために純正スポイラー台座を使用します。

シビックタイプR/FD2にはポン付け取り付けが可能となり保安基準適合となります。

 

純正スポイラーを使ってハイマウント化するため、ウィングステーを短くできるので

共振振動対策に有効になり非常に見た目もよくなります。

市販のハイマウントGTウィングは

足が長くなりすぎてしまいトラブルが出るケースがあります。

 

1.JPG

 

構成

・超軽量ABS 3Dハイマウントウィング (140cm幅/無塗装黒)

・高強度ステンステー (振動対策2D仕様)  純正ウィングステー用 (共振対策)

足幅調整 105〜110 /85〜90cm

・FD2にはポン付け保安基準適合!

・汎用台座を使用の場合はステー高さ15cmのGTウィングとなります。

 (Ver2は汎用台座は使用できるようにステー形状を変更しております)

 

スポイラー台座は付属しませんので、車両に合して加工取り付けしてください。

 

 

GTウィング IS-F 1.jpg

 

IS-Fの装着例

FD2の純正スポイラー台座を使用した装着例

 

GTウィング IS-F .jpg

 

FD2に装着した場合

保安基準ギリギリまで詰めた設計によりルーフで整流された風がダイレクトにウィングに当たり

ウィングの下に効果的に風が入りルーフ幅と同じステー位置のため乱流が少なく効果的にダウンフォースを生むようになります。

ウィング上側の風でダウフォースを得ようとすると抵抗が増えるため、このような3D形状になっています。

 

各サーキットにてベスト更新続出中!

 

 

GTウィング RR 1.jpg

 

無限RRの場合、ステー加工が必要となります。

FD2純正ウィングとは形状が異なるため

☆ 強化アシストスプリング 戦国時代突入! ☆

IMG_20160823_183259.jpg

 

タイムアタックマシンで大好評を得ている

強化アシストスプリング!

 

Atack参加の弊社ユーザー様のGT-Rや軽量FFシビックのKEW様などで

ご使用いただいているという実績からも性能の高さを分かっていただけると思います。

無論、KYB-BM-TRダンパーでも採用!

 


 

そんな中、やはりいい物を作ると、この業界は見よう見真似で流行るですね(笑)

特にそれをどうこうとは言いませんが、きちんとした計算ができないまま

適当に付けて性能がダメじゃんっていうのが増えてきました。

 

市販のアシスト/プライマリースプリングでは、車両に合した設定数値ではないので

わざわざ車種別のサーキット専用アシストスプリングを作った訳なのです!

 

それを計算自体ができていない車高調に取り付けても効果は出ず

逆に挙動がおかしくなり危険なだけ

 

やみくもにレートを上げてしまっている車高調では要注意です。

またレートを上げ過ぎるとショック自体のバルブ径から算出した圧力計算値が合わなくなり

減衰特性が特性破たんします。

 

その辺をきちんと分かった上でツインスプリングを楽しんでください。

ツインスプリングは親バネ(メイン)と子バネ(アシスト)の固有振動数を合わせないと機能しません。

 


 

なぜツインスプリングが必要になるのか?

 

箱車はロール軸が高いので必然的にロールします。

 

サーキットを走るためにドンドンバネレートを上げると必然的にリバウンドストローク(伸び側ストロークl)が減ります。

そうするとロールしたイン側のタイヤ、ブレーキ侵入時のリアタイヤは

伸びストロークが足らなくなり、大げさに言えば浮いているような状態になりトラクションが抜けます。

浮いていなくても0Gの状態の車高調ではバネレートはゼロに近くなります。

結果、タイヤのグリップが失われるのです

 

そのために高レートのメインスプリングで失ったリバウンドグリップを取り戻すのが

強化アシストスプリングの役目

 

例えばブレーキを強化すればするほどリアの強化アシストが重要になります。

またFFのフロントであればサーキットではLSDがいらなくなるくらいにメカニカルグリップが向上します。

 

これがアシストスプリングが必要となる理由なのです。

ちなみロールが少ないフォーミュラーでも実はアシスト効果をもたらすようにセッティングされています。

タイヤが浮きやすくなるというのは、本当に危険なのです。

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11