badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ ブレーキパッド価格表 ☆
イメージ画像

☆ ブレーキパッド価格表 ☆

☆ RSスペック カーボンパッド ☆



メチャクチャよく売れています!

『RSスペック カーボンブレーキパッド』 


本物のカーボンパッドとしては、
脅威の¥21.800(税別/前後それぞれ)です!



国産車、社外キャリパー、外車など、ほとんどの車種で製作が可能!
(社外キャリパー、特殊キャリパー、外車などはバックプレート金額がプラスになります)




そう!

ストリートも走れる!

サーキット用カーボンパッド♪



耐熱温度も700℃とバッチリ!

サーキットハードブレーキングに対応しちょりまつ。


一番の利点はサーキット用本物のカーボンパッドでありながら
ストリート走行でのローターの攻撃性が非常に少ない!

業界の常識を覆した性能です!

しかも、カーボン皮膜が形成されると、ストリート走行ではダストも少なく、
ローターの攻撃性も非常に少ない夢のようなカーボンパッド!

今までの市販カーボンパッドの場合・・・
街乗りでは非常にローターの攻撃性が強く、ローターが消耗品でした。

それを解決した・・・
ストリートでの使い勝手とサーキットでの抜群の効きを両立させた夢のパッドなんですね。



なので・・・
ガンガンサーキットから
ストリートまで楽しんでくださいね。





さてさて。。。

うちのブレーキパッドの最大の利点は???

とにかく長持ちする。
         (ABSカットした場合)


ちょっとサーキット走っただけで、すぐ終わっちゃうような
市販ブレーキパッドばかりですが、さすがはGT選手権の本物のパッド
作っている同じ工場に無理を承知で作ってもらっているだけはある耐久性!

温度さえ管理できていれば抜群の耐久性です。

ちなみに。。。

このRSスペックでも、無論カーボン素材なので、
700℃を超えて900℃くらいまでは、効きが安定します。

たーだ。。。

ノーマルローターとの組み合わせを考えて、あえて700℃対応をしているんですね。



本物のカーボンパッドですので、効きは強烈です。

なのでローグリップタイヤには向きません(笑)  ←ロックしかしない(笑)

ハイグリップラジアルもしくはSタイヤでどうぞ!



その際の注意点としては、効きがカーボンパッドですので、
ABS制御カットしてブレーキの前後のバランスを調整しながら組んでみてください。

ABS有りの場合は、効きが強すぎるのでABS介入でパッド寿命が短くなるケースがあります。
(ABS純正プログラムによる誤作動が原因)

なので必ずサーキット走行時はABSカットして走行してください。
本物のカーボンパッドならではの仕方ない部分。

どの車でもABSオンのままのサーキット走行では、
ローター/キャリパートラブル、ハブトラブルやパッドの異常磨耗などが発生します。








RSスペックカーボンパッド 使用条件

・最低グリップ ハイグリップラジアル
          (ローグリップの場合、ブレーキコントロールが出来ません)
・推奨グリップ ハイグリップラジアル/Sタイヤ

・カーボンパッドのためサーキット走行時、ABSカット必需
 (ABSオンの場合、ABSプログラムミバグ、ユニット誤作動による弊害あり)

・フロントローターのみスリット無し焼き入れタイプ推奨
 (フェードしないためスリットは不要、スリットの場合逆に温度が上がり寿命が短くなります)

・ブレーキバランサーにより前後ブレーキローター温度差が50℃~80℃の場合
 リアも焼き入れローター必要。

・ローターに関しては、通常のワンピースにてOK!
 (ローター面の冷却推奨)

・推奨ユーザー TC2000/5秒くらいまで 富士/2分フラットぐらいまで





ご注意!

・サーキット走行を行わないストリートオンリーのユーザーは絶対に使用しないで下さい。
 
 ストリート走行では適切なカーボンローター皮膜形成が出来ないため、
 カーボンブレーキシステムとして機能しなくなり、パッド/ローターの
 異常磨耗やブレーキダストが大量に発生します。

 あくまでサーキット走行における熱入れによるローターのカーボン皮膜形成が
 必要とされる本物のカーボンパッドとなります。

 カーボン皮膜形成後は、ストリート走行では純正パッドよりも
 ダストが少なくなる傾向になります。








おまけ!


同じ金額でN1レースシリーズチャンピオンを獲得したカーボンパッドもOK!

RS-N1スペック カーボンパッド  ¥21.800(税別/前後それぞれ)


AP-N1レースにてHSRレーシングチームがシリーズチャンピオンを獲得したのが、
弊社のRS-N1スペックカーボンパッドになります。

通常のRSスペックカーボンパッドのストリート性能を削った分
レース中のブレーキの効きと耐久性をアップさせたモデルです!

1000℃対応! 『ワンオフ特注! 究極のRRスペック カーボンパッド!』

うちで大好評の

RRスペック 

カーボンブレーキパッド(1000℃対応!)




RRスペックは、お客様のご希望、走り方に合わして

1台1台ワンオフで仕様に合わして作ります!


こんなブレーキパッドは、世の中にはまずありませんね(笑)


 
1d4059ae.jpg


今回のご注文は。。。

S2000 AP1

富士タイムアタック仕様


『RRスペック カーボンパッド』 
 (前後それぞれ29.800~)


大まかな仕様は、カーボンメタリック素材で、

もちろん1000℃対応の驚愕スペック!



フロントはガッツリ効きながら抜群のコントロール重視


リアはフロントの効きに対して、コーナー進入時に

前加重になったときにロックしにくく、 じわーっと奥で効く

コントロールを重視したスペシャル仕様。





当社のパッドは、GT選手権などのレースマシンと同じ工場で製作しているからなせる技!

是非ガンガンどうぞ!


ちなみにブレーキパッド自体は、熱にメチャクチャ強く

1000℃なので、温度が上がっても効きは、ガンガン安定します。


ただしローターは、温度が上がりすぎると耐久性が
低下しますので、サーキットタイムアタックでローターが
真っ赤っかになる方はローターの冷却が必要になります。

是非、サーキット実戦で使えるブレーキを見つけてくださいね♪


インチキ無しの本物のカーボンで♪





レース用カーボンパッド 使用条件

・最低グリップ ハイグリップラジアル
          (ローグリップの場合、ブレーキコントロールが出来ません)
・推奨グリップ Sタイヤ/スリックタイヤ

・カーボンパッドのためサーキット走行時、ABSカット必需
 (ABSオンの場合、ABSプログラムミス、ユニット誤作動による弊害あり)

・フロントローターのみスリット無し焼き入れタイプ推奨
 (フェードしないためスリット不要、スリットの場合逆に寿命が短くなります)

・ブレーキバランサーにより前後ブレーキローター温度差が50℃~80℃の場合
 リアも焼き入れローター必要。

・ローターに関しては、通常のワンピースにてOK!
 (ローター面の冷却推奨)

・推奨ユーザー TC2000/5秒以下 富士/2分切り




☆ カウントダウン 8 ☆ ブレーキパッド革命!



カウントダウン 8

当社で一番の売れているブレーキパッド

『SSスペック ブレーキパッド』


脅威の¥15.800!  (フロント/リア共に/税別)


大手メーカーによる東南アジア製品が主流の中、あえてうちは国産にこだわります!

外車の取り扱いもOKです!



このSSスペックのスゴイところは、

・究極の低ダスト!

・抜群のブレーキの効き!

・抜群のコントロール性能を実現!



世の中ブレーキパッドは、星の数ほどありますが、

コレほどまでに、このSSスペックが売れる理由がキチンと存在しています。

先月まで、大量のご注文により納期が長引いてしまい
誠に申し訳ございませんでした。


今までのストリートパッドの常識を覆すような革命的パッド。


ddcc8172.jpg





















ここ最近のテストでは・・・

ぶっちゃけサーキットドリフト走行も、
抜群のコントロール性と耐熱性能で、ドリフトでも通用する性能!


ストリートパッドと思っていたら、それ以上の性能が出ていました。

またローター温度を管理できればミニサーキットのグリップにもOKです。

200キロオーバーからのフルブレーキングも3発楽勝OKです(笑)
おいらがキチンとテスト済みでっせ!

だからアルファード用もメチャクチャよく売れるんですね♪




また特にコントロール幅が広くコントロールしやすいので、
サーキットタイムアタックマシンのFFのリアにも使えます。

ほんと夢のようなブレーキパッド。



ストリートでは、とにかくダスト量が少ないのにも関わらず、
踏めば踏んだ分、キチンと効いてくれる性能。

ダストフリーのブレーキパッドでは、ダストが出ない分、
ブレーキの効きが弱いというのが定番でしたが、
コレを完全に履がえましたね。


詳しくは、みんカラ等のお客様のインプレッションをご参照ください。




ここ最近では・・・
特にアコードユーロRやS2000のお客様さまからの評価が高いです。

実は今年になってから、ユーロRとS2000のお客様から注文が激増したんです。
(去年はそうでもなかったのに)

とにかく利にかなった性能を追求していきます!


ドンドン、ストリートの他のメーカーのパッドと比べてみてください!

本気のサーキットアタックならカーボンのRSスペックをお勧めしますが、
軽いサーキット走行ならSSスペックでOKです!



パッド設定

国産車ほぼ全車種OK!


常時在庫車両

・ツアラーV JZX100/JZX110-F/JZX90-R
・アルテッツア SXE10-F
・アルファード 10/15系

・S2000 AP1/AP2
・アコードユーロR CL7
・アコードタイプS CL9
・シビックタイプR FD2/EK9-R
・インテグラタイプR DC5-R
・オデッセイ RB1/2-F



ドンドン在庫車種拡大中です。

在庫車種にない場合、欠品の場合納期は約2~3週間です。

よろしくお願いいたします。







☆ ブレーキを考える! ☆



なぜか???

ものすごく好評の当社のオリジナルブレーキパッド。

効きがいいのはもちろん、
耐久性と性能のバランス
そして価格とのバランス。

いたせりつくせりな、理想のパッドを求めております。



そこで・・・



ブレーキパッドの使用上の注意!


ブレーキの効きが良くなるということは・・・

当然。。。

ブレーキから出る熱も多くなります。

これは当たり前ですね。

制動力が熱に変換されている証拠。




ストリート用のSSスペックパッド場合・・・

ハードに走る場合では・・・純正ブレーキフルードでは持ちません(笑)

教習所で習いましたね。
ペーパーロック現象が発生します。

なので、ペダルタッチがフカフカになって、効きが弱くなります。
これはパッドが原因ではなく、ブレーキオイルの問題になります。

純正ブレーキフルードは、あくまでも純正パッドの熱量に対しての設定。

ですから、SSスペックでも、結構ハードにブレーキを使う場合は。。。

スポーツ系のブレーキフルードに交換してくださいね。

SSスペックパッドも、500℃まで対応していますから~
純正パッドは、せいぜい350℃くらいまでなので。。。



そこで穴なのが・・・

ミニバンなどの重量系。。。

アルファードなどでは、フロントだけでも重量が1トンを超えています。

なので、フロントパッドだけを変えている場合、ブレーキ時に前のめりになりやすく
フロントブレーキが異常に高温になります。

そのため、アルファードのブレーキオイルはフカフカになりやすいんですね。

なので、ミニバンなどの重量車両は、特にスポーツブレーキフルードを、
定期的に交換してカッチリなブレーキフィーリングを楽しんで下さい。



SSスペックパッド 裏技!

当社のSSは、ほとんど鳴きがありません。

なので、ガッツリ、ブレーキを楽しみたいなら、ブレーキのシム抜きに挑戦してみてください。

結構、ブレーキのタッチが更に良くなりますよ!






RS/RRスペック カーボンパッドの場合・・・

サーキットを走るために作られたブレーキパッド

だから耐用温度も一気に上がり、抜群の熱に対する耐久性があります。

だから・・・


サーキットでは、純正ブレーキオイルでは、あっという間にエアを噛んでしまい
典型的なペーパーロック現象となり、ブレーキペダルが奥まで入ってブレーキが効かなくなります。

なので、さすがにこのクラスのパッドを装着する方は、
必ずサーキット対応のブレーキフルードに交換が必須になりますね。


またサーキットを走るとローターもかなりの温度になりますが、
うちのパッド自体は温度には問題ありませんが、ローターは温度が上がるとまずいので、

結構ハードに走る場合は、ローターの冷却をお願いいたします。


カーボンパッドの場合、キャリパーには風を当てずに、ローターを冷却してください。

キャリパーを冷却するとパッドが冷えてしまい、次の制動の時の効きが落ちる場合があります。

ちなみに、うちのは正真正銘のカーボンパッドなので、
熱を入れて踏めば踏むほどカーボン皮膜がローターに形成されてブレーキの効きが安定します。

ローターの色が、鈍い光り方になりますよん♪






当社で取り扱いのブレーキフルード

BADMOON-RACING オリジナル

・規格外レース用ブレーキフルード 0.5L ¥2.480
 (DOT5よりはるかに上なので規格外扱い。  334℃/242℃)


RG製

・DOT4.2 スポーツブレーキフルード 1L ¥1.480
 (ストリート向けスポーツブレーキフルード)


上記の2種類を販売しております。

規格外レース用は、名前の通り本物のレース、箱やフォーミュラーの
レースまで対応できるスペシャルオイルです。

一般サーキットマシンにも問題なく使えます。
ただし、高性能オイルのため1年に一回は最低でも交換が必要です。

性能から考えると、海外のブレーキオイルよりもはるかに格安になっております。


RG DOT4.2は、ストリート向けオイルで、通常使用で2年ぐらいのライフです。
サーキットにも走ることはできますが、サーキットごとにエア抜きをお勧めします。

用途に合わしてチョイスしてみてくださいね。

1