badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ 足 屋 止まり屋 ☆
イメージ画像

☆ 足 屋 止まり屋 ☆

☆ ワイドトレッドキャンバーKit for FD2 ☆

ワイドトレッドキャンバーキット FD2

 

カタログページ更新しました。

http://www.badmoon-racing.jp/contents/footwork-parts/cat/post-22.php

☆ FD2 レーシングタイロッドエンド 発売! ☆

 

いよいよ発売!

 

タイロッド FD2 1.JPG

 

シビックタイプR FD2

レーシングタイロッド ¥19.800(税別)

 

フル強度重視のクロモリボルト仕様!

ダストブーツ仕様でこの金額です♪

 

支点位置を20mm下げて、バンプトーアウトを抑制します。

要は、ストロークした時にタイヤがアウトに向かなくなるんですね。

 

結果、非常に素直なステアリングフィールになります♪

思いのほか安く出来ました♪

 

詳しくはHPカタログからどうぞ

 

http://www.badmoon-racing.jp/contents/footwork-parts/post-48.php

☆ FD2 レーシングタイロッドエンド 発売決定! ☆

シビックタイプR FD2
 
レーシングタイロッドエンド 
 
発売決定!   
 
生産開始します! 
予定価格は¥19.800!   
 
バンプトーアウト防止のタイロッドエンド
支点位置を変更したレーシング仕様 
ワイドトレッド化によるタイロッド延長仕様にも対応!   
 
予約受け付け開始です!!!
 
続きはクリック!
 
 
 
 
 
 
 
HONDA車に多いステアリングラック位置を上げるタイプではありませんので
重量物であるステアリングラック位置変更によって
重心位置が上がってしまい振り子になってしまう心配がありません。
(ステアリングラックって、結構重いんです。。。)
 
ナックル側で支点位置を変更し、
ハンドルを切ってコーナー進入した時に、アウト側のタイヤが外に開き
アンダー傾向になるのを低減し、
蛇角時のイン/アウトタイヤの蛇角角度変化量を減らして、転がり抵抗を減らします。
 
通常のアームは、ハンドルを切れば切るほど、ストロークに合わして
左右のタイヤの切れ角がずれてしまい、それがそのままタイヤの抵抗になってしまいます。
 
今回は、かなりコストを抑えて開発できたと思います。
 
またワイドトレッド化による純正タイロッド、タイロッドエンドの強度的長さが足らなくなるのを
2段構造のタイロッドエンドで、仕様に合わして延長が可能となりました。
 
強度/安全性最優先のオールスチール製
ロッドエンドジョイントは耐久性向上のためのダストブーツ仕様ですので
純正同等の耐久性能があります!
 
純正アーム類はノーマル車高で最適な動きになるように設計されていますが
ローダウンしてしまうと設計通りの動きにはなりません。
 
そのずれたアーム軌跡を正常に戻すパーツです。
非常に素直なハンドリング特性に戻ります。
 
まだ未確認ですが。。。
CL7にも使用できるかもしれませんよ♪
 
 

☆最強の組み合わせ! 車高調新世代突入! ☆

いわずと知れた

最強の組み合わせ!

DSC_1095.JPG

強化アシストスプリング

スプリングベアリングシート

 

 

市販車高調では絶対味わえない

路面追従性能 鬼トラクション!

 

車両の重量に合わした密着加重指数と得るために

弊社専用設計した高加重強化アシストスプリング。

高レートのサーキット車高調での高い伸び減衰力で

積極的に伸び側ストロークを有効利用し

イン側タイヤの接地トラクションをアップさせて

夢のグリップを実現しました。

 

他社のような高加重アシストスプリングでのロール増大による

イン側のトラクション抜け、アウト側タイヤのグリップ限界低下

コントロールのシビアさは一切ありません!

 

画像は、ショートSP仕様

シケイン、S字に振り返しが抜群に良くなるタイムアタック仕様

 

 

DSC_0971.JPG

 

元祖!

スプリングベアリングシート

 

縮むときに発生するスプリングのネジレ抵抗をなくすことによって

非常にフリクションのないスムーズなスプリングレート特性を実現!

画像の通り、合いマークの通りにスプリングがねじれるんですね。

 

このスムーズなレート特性は、トラクションを必要とするF1の

トーションバーに近い特性を実現し、リニアに反応する

ウルトラ滑らかな乗り味を実現します!

 

no title

 

ここ最近、コピー商品が多発していますが

元祖というだけあって、かなりの試行錯誤、モデルチェンジをして

最終形を完成させました。

 

最新モデルは

薄板シートとゴムシールによる完全オリジナル仕様

他社のような下記不具合はありません。

 


 

他社製品との比較

 

・薄板専用シートを開発!

ベアリング自体のセット高が薄くなるため

スプリングシートからのスプリングズレが発生しません。

ズレが発生するベアリングシートは、シートにスプリングが

逆に食い込んでしまって、ネジレ吸収ができません。

 

・完全オリジナルの上下ベアリング仕様!

片側のみのベアリングシートでは新品時にあまり差はありませんが

長く使っていくと全くベアリングの抵抗、動きが変わります。

実際問題、スムーズ差が全く違います。

Fストラット車両にも有効な手法

 

・柔軟性のある弊社唯一のゴムシール仕様

・腐食防止のSUS仕様

・分解タイプによる洗浄が可能となり半永久的な耐久性

・静摩擦25トン 動摩擦5トンの高加重ベアリング構造

 

上記の性能、耐久性で、好評いただきました。

無論、グリスレスでの使用も可能です。

 

 

 

☆ フェデラル 595RS-RR ☆

b_photo_1427455738531.jpg

 

 

いよいよですね。

メーカーHPと弊社HPにて

先行ご予約分の納期をアップしております。

ご注文いただきましたお客様は十分ご確認お願いいたします。

 

メーカーより入荷出来次第、大急ぎで発送いたします!!!

 

b_photo_1427455727852.jpg

 

 

にしても

すんげーパターンだな(爆)

 

まさにファイヤー!

イケイケ♪

 

 

参考WEBサイト

http://blog.clg-sv.com/2015/04/--76.htm

 

 

確かにトレッドヨレがなさそう

センターグルーヴは、どういう感じでしなる???

 

コンパウンドも進化して

何が良いってバネ下も全然変わるみたい。

 

。。。となると

ケース剛性はどうなるのか???

YH048のようなアライメント/セッティングなのかな???

BSみたいな感じだと、せっかくのタイヤをいかせるボディー作りが大変。。。

 

285~305サイズが欲しいっす♪

 

そういえば。。。

タイヤの扁平でショックの減衰が変わる事はあまり知られていない(笑)

それぞれの扁平違いのタイヤを15cmぐらい上から落として違いを見れば歴然です。

 

 

 

 

タイムアタック用ショートメインスプリング発売!

 

タイムアタック向け
ショートメインスプリング発売開始!

弊社アシストスプリングに ドンピシャの組み合わせ!

自由長 100~120mm レート14キロ以上

この組み合わせで
自由長200mm以内のスプリングシステム構築

FD2に285の組み合わせでは
社外LSD無しにタイムアタック仕様!

 

試作SSスペックダンパー 別タン&ツインアシストSP仕様

 

SSスペックダンパー 

別タン&ツインアシストSP仕様の試作開発!
開発車両募集いたします。 

ご興味ありましたら是非ご相談ください。

前後ツインアシストSP / 伸び縮み別30段調整 

SSスペックダンパーの苦手なサーキットを

別タンクシステムでサーキットからストリートまで対応させます♪
(タイムアタック向けではありません/TC2000-2秒以下未対応)


募集車種


・シルビア / 180SX
・スカイライン
・GT-R 32/33/34
・フェアレディーZ Z33
・86/BRZ
・ツアラーV JZX90/JZX100
・S2000
・インプレッサ GRB / GDB






 

☆ ワイトレkit for FD2 ☆

相変わらずの大好評いただいております。

FD2用 ワイトレKIT

 

乗りやすく限界付近のコントロール性が

前後4輪ともに抜群に良くなる

チューニングパーツ!

 

サスペンションジオメトリーを一から変えてしまうような夢のパーツ

 


 

巷では・・・

いろんな車種で似たようなパーツが発売されるようになりました

未だにナックルボールジョイントとロアアームの間にスペーサーを入れて

ロールセンターなるものとして販売しているところがたくさん(笑)

 

過去からずっと言っていますが、スペーサーを挟む場合は、

アームとナックルボールジョイント位置(支点)は変わらないので、

ロールセンター自体の変化がないです(笑)

 

確かにアーム角は変化しますが

弊社のフロントパーツはロールセンターを変えるパーツではありませんので

アーム角を変更することによりナックル位置が変化し

 

・キャスター変化

・トレッド

・ホイルベース

・スタビ角度のフリクション補正

・ブレーキ冷却

・ドラシャ保護

 

上記のサスペンションジオメトリーやその他の効果を狙ったパーツです。

ボールジョイントの支点位置は変わらないので仮想アームは

延長ロアアームと同じとなりタイロッドとのジオメトリーの相関関係も問題ありません。

 


 

リア用ではリーズナブルにアッパーアームの上反角を変更して

F1のようにロールセンターを変更して、

なおかつ限界付近のタイヤサイドの加重変形を抑えてコントロール性を上げています。

リアタイヤの突っ張り感がなくなり唐突なスピンの発生を抑えます。

 

この前後の組み合わせで抜群に乗りやすくなります。

なぜこんなことをするというとノーマルアームの設計は元々が普通のセダンなんですね。

それを安易にローダウンしただけなのが純正のFD2のアームでした。

 

最近は材質の見直しを何回もおこない、最強のパーツになりました。

おかげで原価が高騰中(笑)

ノーマルサスとの組み合わせも好評ですね。

 


 

このワイトレkitに

Spec-TRダンパー VerⅡを組み合わせると

フロントは、サスペンションジオメトリーが全て変更し

ストラットの仮想上のアッパーアーム角も変更されて

なおかつキングピン傾斜角の変更と組み合わせることにより

グループA時代やマルチリンクのような打角キャンバーを得られるようになります。

 

このサスペンションジオメトリー変更により

直進時のアライメントと打角時のアライメント(ロール量含む)に

ノーマルとは大きな変化が発生しタイヤの接地面積が大幅に増えます。

夢のようなタイヤ接地変化に高レートのアシストスプリングの組み合わせで

純正デフのみで抜群のトラクション性能を得ることが可能。

サーキットでも社外デフの必要性がなく、非常に素直で乗りやすくなりました。

 


 

昔からLSDのイニシャルアップには疑問視しておりましたが

これの答えが出たような感じです。

 

昔から600PSオーバー4WDマシンの4輪ホイルスピンに悩んでいましたが

LSDうんぬんの前に根本的なメカニカルグリップの確保が必要なのです。

いくらLSDのイニシャルを上げてもどのタイヤもホイルスピンすれば

全く意味をなしません。。。

5.6速にシフトアップしたときにホイルスピンが始まる恐怖ですね(笑)

 

アシストスプリングに関しても密着加重でレート設定をおこないますが

初期ロール時にイン側の不安定なレート変化(伸びスピードの不安定)をなくすために

絶妙の密着加重レートを採用しております。

 

よくアシストスプリングのレートを聞いてくる方がいますが、

密着加重でセッティングしているので

同じセッティングでも、ID60とID65ではスプリングレート自体が

変わってくるんですね。。。

そして微妙な加重の調整はプリロード調整でおこなえるように幅を持たせてあります。

 

いろいろやることによって

285仕様も簡単に装着できるようになりました♪

 

 

 

 

☆ スーパートラクション! ☆

 

アシストスプリング 1jpg.jpg

 

奇跡のスプリング???(笑)

 

 

選手末もTC2000にて弊社ユーザー様が多数走られておりましたが

スーパーアシストスプリング装着車両の多数の車両からの

 

お客様 ユーザーインプレッションでは

ノーマルデフにはFFイン側のホイルスピンは無し!

 

抜群のトラクション接地性能を発揮して、

ガンガン踏める足に!

 

 

スプリングの特性とジトメトリーを絶妙に組み合わせる事によって生まれる

スーパートラクション!

駆動輪以外にも抜群の操作性を生み出します。

 

今までの市販品にはなかった高レートアシストスプリング。

高レートでありながらも1G以上の実レートには一切影響を与えないので

過重がかかった時の不安定さもありません。

 

http://www.badmoon-racing.jp/contents/footwork-parts/cat137/

1本 ¥8.400の奇跡です!(笑)

 

この仕様のスプリングは一切市販化されているのはありません。

元の試作は人工衛星やタワーなどを作っている

世界屈伸の日本最高峰の技術ばね屋さんの協力の元、開発いたしました。

 

スプリングの精度品質とスプリングベアリングシートとの混み合わせで

歪んでたわまない、ウルトラスムーズなスプリングレートが生まれます!

 

 

 

 

このスプリングを使う場合のコツ

 

現在使用中の全長調整式車高調

 

・ヘルパースプリング無しの場合

 実際の有効シャフトストロークにプラス35mmプラス カラー5mmの余裕があればポン付け取り付けOK! 

 (シャフトの全体のストロークではなく走行時に使用するストローク量)

 

・ヘルパー/アシストありの場合

 そのまま装着OKです!

 

全長調整無し車高調

 この場合はシート調整幅があるかどうかと、プリロードでの車高調調整が

 できる範囲に収まるかの確認が必要

 アシストスプリングですのでプリロード自体をかけることは可能。

 

どの車高長もスプリング長が長くなりますので、干渉しないかどうかの確認は事前に必要となります。

 

 

 

☆ トラクションバッチリ! ☆

アシストスプリング 1jpg.jpg

 

いよいよ発売!

 

今までなかったサーキット車高調 ハイレート専用

 

スーパーアシストスプリング!

HPアップしました♪

 

FFのフロントに使用すると

社外LSDが要らなくなるぐらいトラクションがかかります!

無論FRのリアにも最適!

 

第一段は

・ID65用 ¥8.400(1本/税別)

 

メインレート10キロ以上の車高調にご使用くださいね!

 

ハイレートで合っても、1G以上のメインレートには影響が出ない絶妙の設計ですよん♪

 

 

詳細はHPカタログまで

 

 

 

 

BESTEXさんに特別に作っていただきました♪

弊社専用スプリングのためBESTEXでは買えませんのであしからず。

元設計は、世界的某企業です。  日本の巧みの技ですね!

 

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9