badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ 駆け込み寺 ☆
イメージ画像

☆ 駆け込み寺 ☆

☆ IS-F 豆知識! ☆

なかなかよさげな事をツィートしたので、ブログにもアップです!

 

↓ ツィッター

 

IS−F 豆知識 VDIMによるブレーキLSDが働くため

ブレーキフィーリングが悪い場合は

リアパッドにフェードしない本物カーボンパッドと

キャリパー保護のキャリパーヒートシンクが必要になります。

これは普通の車には付いていない機能なため

非常に気が付きにくいです!

 

また特に前期の場合

オープンデフで電気式ブレーキLSDなので

アウト側の回転が上がり(減速ギヤの働き)

デフ温度が上がるため オイル対策が必要

弊社では200番フルエステルで対応してます

 

また機械式LSDを入れた場合

カム角やイニシャルのバランス関係で

唐突に一気に効くデフの場合

ロック作動スピードにブレーキLSDが対応しきれずに

不可解な挙動になるケースもあります。

 

対策としては

強化アシストスプリングでトラクションを上げて

スリップ率を減らす必要があります

トラクションがかかればマイルドに作用します

市販アシスト、プライマリースプリングでは、

なかなか車重に合うスプリングがないですが(笑)

 

 

とまぁ

こんな感じにツィートしております。

よろしければツィッター フォロワーいただければ、

色々な事、最新情報を書いておりますので

お気軽にどうぞ!

 

IS-Fはリアパッドがフェードしてしまうような特殊な車なんですね。

☆ 裏技 車両位置情報 ☆

 

スポーツカーの車両盗難が非常に増えているということで

万が一、盗難された時に簡単に車両位置を確認する方法です。

各個人の判断、責任の下にご参考ください。

 

 


 

用意するもの

・simフリーのガラケーもしくはスマホ

 使っていない中古でOK  むしろガラケーで十分

・上記の車用充電器 千円ぐらい?

・格安simカード

 フリーテル  https://www.freetel.jp/

 データー通信専用Sim (通話無し)  ドコモ回線 2年縛り等なし

 使った分だけプラン  月額基本 ¥299~

 キャンペーンで新規購入すると1年間 月額基本料 無料

 初回Simカード 発行手数料 ¥3.000  キャンペーン等はHPで確認してください。

・グーグルアカウント 無料登録

 


 

位置情報の確認の仕方

 

データー専用simをいれた携帯からグーグルアカウントにアクセスログインします。

そうすると今年から始まったグーグルの新サービスの端末管理が出来ます。

(アクセスした時点で端末が登録されます)

アクセスするだけでOKです。 余計なアクセスをするとパケ代がかかってしまいます。

 

自分のメインのスマホ、PCから

グーグルアカウントにアクセスすると 『スマホを探す』 という新サービスがあり

アクセスするとグーグルマップで自分の携帯がどこにあるかグーグルマップで

かなり正確な位置情報が分かります。

 

いつどこでも位置情報の確認が出来ます。

また動いた軌跡も確認できる機能もあります。

キッズ携帯の迷子機能の場合、契約、制約があります。

 

これに格安simを組み合わせると毎月の使用料がほとんどかかりません。

ここまで安い毎月の使用料はないでしょう。

また車両から充電するので携帯、スマホの充電等のメンテナンスは必要ありません。

 


 

セット方法

車体に取り付け前にきちんと携帯スマホ単体で位置情報が確認できるか確認してください。

充電器の差込口は外れないようにテープ等で固定してください。

携帯スマホ本体はトランクの内張りの中に隠してください。

夏場に温度が上がりにくい場所に (充電器電源はACC電源を加工してください)

ダッシュボード内に隠すとナビ、オーディオを盗まれるときにバレてしまいます。

 

充電はACC電源からとるのでエンジンをかけるたびに充電されます。

ですので毎回充電する必要はありません。

 

ここでポイントは週末しか乗らないスタイルの場合、

1週間待ち受けが出来るガラケータイプがいいと思います。

バッテリーの持ちには気をつけてください。

 


 

使用時の注意点!

・グーグルアカウントにアクセスできる

・自分の車の乗る頻度に合わした待ち受け時間ができるスマホか携帯

・費用、電池消費を抑えるため余計はアップデートなどは全てキャンセル

・見つからないような場所に取り付けする

・simカードの種類を合わせる (端末によって形状が違います)

 


 

セキュリティーシステムのGPSとの違い、利点

 

・毎月のコストが圧倒的に安い

・無料のアカウントサービスなので初期費用がかからない

・グーグルアカウントを持っていれば、そのままそのアカウントが使えます。

・何回位置情報を確認しても費用がかからない

(セキュリティーシステムの位置情報は確認回数の制限があり回数により金額が変わる)

・使い古しのスマホや携帯を使うので機材費が非常に安い。

・車両バッテリーを外されても、端末バッテリーがある限り位置情報の確認が出来る。

・車両の動いた奇跡もグーグルマップ上で確認ができます。

・更に安いSimが出れば契約の縛りがないので乗り換えもすぐ出来ます。

 

スマホ携帯が正常に機能しているかどうかは

グーグルアカウントにアクセスし、遠隔操作でアラームを鳴らして確認することができます。

 


 

上記はあくまでも情報ですので十分確認の上、ご参考までに

一切のクレーム等は受けつけません。

 

あくまで日本のスポーツカーを守る有志としてお手伝いできればと思います。

また更に良いアイディアがありましたら皆様教えてください。

 

ただでさえ税金が高いので、なるべく負担を少なくして愛車を守りたいのが本音です。

 

 

 

 

☆ 法人窓口開設 ☆

非常にご好評いただいてまります

法人向け窓口を正式に開設いたしました。

・パーツメーカー様

・チューニングSHOP様

 

ご遠慮なくご相談、ご活用ください。

御社のビジネスに助太刀いたします!

 

詳しくは弊社HP カタログページ 法人窓口にて

 

被害者???。。。

cl7 rr 5.jpg

 

ほんとこの2ヶ月。。。

 

忙しすぎて全くブログの更新が出来ておりませんでした。。。

 


 

いろんなところからいろんな話がたくさん入ってきましたが。

 

その中で多いのが

FFサーキットマシンで安易に機械式LSDを入れてしまうケース。

 

タイムが上がらない。。。トラクションがかからない。。。

 

じゃLSDいれれば???って

言われて安易に機械式LSDを入れてしまう。

 

では?

結果は???

 

タイムは上がりません。 

逆に乗り辛くなってしまいました。。。

 

こういう話がメチャクチャ多い。

 

FFのLSDは非常に繊細で難しいです。

脚のセットアップ、ドライバーの技術

これが伴わなければ結果は出ません。

 

そもそもタイヤの接地グリップのセッティングが出ていないの

LSDを入れてもハンドルが余計に取られて踏めなくなるだけ(笑)

 

また機械式LSDを入れてしまうとMTオイル交換が3000キロとか

サーキット2.3回で交換しないといけなくなるのでランニングコストもかかる。

またミニサーキットではドライブシャフトが消耗品になる。

 

まずはキチンとグリップする脚を作ってからですね。

ノーマルでも純正LSDが付いていれば足のセットで十分ホイルスピンはなくなります。

機械式じゃないからガンガン踏めるように♪

 

きちんとセットアップまで面倒見てくれる技術専門店を見つけてくださいね。

 


 

今回、サーキット専用のハイレートアシストツインスプリングを開発しましたが

今までのTC2000ではユーザードライブで機械式LSD無しラジアル5秒台が出ているので

多分のこのアシストツインスプリングで3~4秒台はいられるかもしれません♪

 

今のFFはパワーが出ているので逆にLSDを入れると乗り辛くなってしまうんですね。

 

でもちゃんと脚のセットアップとハイパワーFFの特性に合わした機械式LSDと

ドライバーの技術があれば、無論メチャクチャ速くなりますよ。

 

ここまでレベルを高めていくのは大変ですけどね。

 


 

画像は

アコードユーロR CL7

Evolutionマフラー RRスペック with ユーロチタンテール

 

取り付けさせていただきました。

誠にありがとうございました。

 

取り付けに当たり、社外エキマニとエアロの関係でかなり苦労してしまいました。

 

社外のエキマニがずれていて、ノーマルのエキマニステーブッシュが切れて1~2cm位置が変わっていました。

車体前側で1~2cm位置がずれてしまうと、テコの原理で後ろにいけばいくほど位置がずれてしまうんですよね。

 

エアロの左右誤差はいつもことなので楽勝対応ですが、さすがにエキマニのズレは、

マフラーのセンターパイプ位置までずれてしまうので。。。

 

まぁ

加工して取り付けできましたので大丈夫でしょう!

 

よく勘違いされている方、SHOPさんが多いですが、色々チューニングしていけばズレのは当たり前で

加工してキチンとセットアップするのがお店の仕事だと思います。

違うメーカー同士組合していけば、仕方ないとこです。

 

 

とまぁこんな感じでしたが、

このメーカーのエキマニ。。。S2000の時は触媒がミッションに当たっていました。。。

なんかあるんでしょうか???(笑)

 

 

 

 

 

 

ご相談を受けました。。。



画像はじぇんじぇん関係ありましぇん。

昔のうちのエビス走り放題の画像でつ。


今日、とあるお客様からの相談。

うちでパーツを買ってもらっているお客様。

チューニングは違うお店で任せているんですね。


それで今回は・・・

ガソリンタンクの漏れ止め加工を、そのお店でしたみたい。

ただやっぱりガソリンが漏れるので再度加工。。。

漏れ止めをするために毎回、3Mのパネルボンドを使用との事。


パネルボンドは、ガソリンに対して有効なのか???

おいらは初めて聞いたような気がする。
(おいらが無知かもしれない)

お客さんもメーカー(住友3M)に問い合わせしたところガソリン不可らしい。



実際のところはどうなんだろう???

分かる方いたら教えてください。






よそのお店の仕事を毛頭言うつもりは全くありません・・・
ただ、あえてブログにアップしたのは、安全の問題があるからです。

安全であるのが確認できるのであれば、このブログは余計です。

もし、万が一があってからでは遅い!
(すでに一回ガソリン漏れていたみたいだし)

あくまでもチューニングも安全第一で♪






実は、つい先日、うちのお客様の車でもガソリン漏れ発生!

原因は、ただ単に燃料ホースの劣化でした(亀裂が入っていた)
亀裂の原因は距離かな・・・(爆)

燃料ホースも10万キロ以上は怖いのは確か。。。

なので、夜中の3時に大慌てで修理した記憶が(笑)

ガソリン周りは非常に危険なので、用心に越したことはありません。

そりゃねぇーよな。。。

081008ka.png


先日の

ブログにも載せたヤツ

うちのご近所SHOPの
ドンの所に入庫した車。


見た目600PSオーバー的なエンジンルーム


よそのお店でエンジン載せ買えタービン車両

載せかえると同時に
サージタンク、インタークーラーにインフィニスロットル。

このままお客さんに渡され、
状態はエンジンかからず、まともに走れず。



それがドンのお店に入庫。

車両を直して、うちでセッティング。


やっとなんとか車検が取れたので、そのままうちに入庫。

といっても・・・
エンジンもかからず、まともにアイドリングもしない

この車の車検がよく取れたと・・・

ドンに拍手です。


聞くとことによると、エンジンハーネスがダメで全て作り直しだったとか(爆)

ほんとエンジン載せ変えたりして、見えるとこだけ綺麗にしても

アイドリングもできねぇ、セッティングもできねぇっていう状態で、

よくまぁ~仕事として、受けましたね。。。

このエンジンをやったお店さんは・・・




そして今日来た時の状態は、かろうじてアイドリングするが、

超アイドリングが安定しない。 ラフラフ

そしてアクセル吹かすと、エンジンストール。

これで車検が通るなんて。 今度頼もうかな(笑)

 

081008-1ka.png そこでお得意のパワーFCのセッティング開始。

ここまで調子悪いとA/Fつないでも、かぶってA/Fセンサー壊すだけだから、
あくまでも今までのデーターに基づいてノウハウに頼りましょう。

インジェクターの種類から実際のINJ吐出量を計算。

これは燃圧/電圧によって変わってくるの一概には一定数値ではない。
インジェクターの箱の数値を当てにしないように。

その後に無効噴射時間を調整。

これも燃圧を上げた時の数値の方が調子が良かったなり。
(レギュレーターはノーマルだが、強化ポンプだしね)

う~ん。 

計算通りにバッチリアイドルが安定する。

さっきまでのあれはなんだったのか???(笑)

ここまで安定すれば、A/F計を装着。

測定後、数値は狙ったとおりドンピシャ!

最近、よくできるようになりましたね。

自分でもビックリするぐらい早いな。


その後、アクセルあおってエンジンストールする原因を探求。

ロガーで簡単に原因分かるだろうって思っていたら・・・・

数値は全て正常。

エアフロの吹き返しもそんなに多くない。

ストールする部分の点火で弄ってみるけどダメ。


おかしいなぁ~っと思ってたら。


アクセルオフしたら、じぇンじぇンエンジンに空気が
入っていかないことが判明。。。
(オフだからと言って、多少なりとも空気は入る)


じぇんじぇん、スロットルの調整してないじゃん(笑)

なのでスロットル調整して、ずれた分スロポジ電圧調整して。

インフィニの90パイだから、シビアですなぁ~


バシッとアクセルあおると、エンジンストールしません。


だいたいコンピューター弄っても、変化ない時は、
エンジン側が原因なんだよね。

でもまだラフなので、念のため点火でストール補正を入れておこう♪

まともにアイドリング/空吹かしができるようになったので、

停車状態でマップを詰めていく。

っと言っても、マップの希望空燃比の数値に合うように合わせるだけですが。
(これは理論空燃比のことではありません)

このときに燃料補正が入っているとじぇんじぇん合いません。

バッチリ安定して空吹かしのレスポンスも抜群に良くなった。

もう街乗りできるので、インフィニ90mmの
大径スロットル用に加速時の数値を修正して終わり。
(これもある程度、計算で算出可能)

めでたしめでたし。


でもまだまだ、物議をかもし出しそうな車の状態なので、
とりあえず一ヶ月は、慣らし運転だな。


程度いいと言われて買ったみたいなんだけど。。。

フィラーキャップから覗くと、カムキャップホルダーの上に・・・

カーボン 結構溜まってるんですけど(滝汗)

しかもフィラーの周りはふき取った形跡が・・・


とりあえず・・・
チューニングするなら最後まで面倒見てくれるとこがいいよ。

これほんとの話。。。



 

 

~みんカラ復活Blog~

今日の患者は!(爆) 

080919ka.png

最近。。。

ほんと。。。

駆け込み寺状態



なので。

いっそのこと。。。

カテゴリーにしちゃまつか♪

困っていることトラブルが、キチンと対処できれば・・・

これがノウハウになるので♪


今日の患者さんは???

S14シルビア

オーナーさんは、以前にブログでも紹介した

日系ブラジリアンな某氏

海の向こうのブラジルで、

バリバリのチューニングカーを作っていた

超プライベーター!

特に1J/2Jばっかりやっていたとか。


今回の仕様は。。。

SR20に
・エクストレイル ピストン
・ヘッドガスケット
・エキマニ


これのブーストUP♪
ゆくゆくはガンガンブースト上げて♪(ニヤリ)


もちろんプライベーターさんなので、
中古エンジンを買ってきて、オーバーホールして
一から組み上げたエンジン。

やっとこさ、エンジンのっけていざエンジン始動!

一発始動で気持ちいいはずが・・・

エア抜きをしていると、純正の水温計が振り切る(滝汗)

ご本人さんも散々、原因追求したのだが

原因分からず。。。


そしておいらのところに、レスキューの電話

ちょうど定休日だったので・・・現地に出張(笑)

いろいろ見てみたけど悪いところ無し。

エア抜きもキチンとやったがダメ。

もう50mも走ると、簡単に純正水温計が振り切る。


いやはや熱に弱いオールアルミエンジン。

オーバーヒートだけは嫌だな。

っと思いつつサーモが開いてないのか、
交換してみるがダメ。

社外の某有名銅2層ラジエーターが付いていたが、
まさか詰まっていることもない。

もしかして・・・ウォーターポンプの羽が欠けた???


症状的には、水温計振り切るのに、

実際の水温、アッパーホースは素手で握れる。

実際は水温は上がっていない!?


んで。。。おいらが到着して2時間後に原因判明。


純正の水温センサー(メーター用)が犯人。

中古で買ったエンジンのメーター用の1本足のセンサーと

今まで付いていた純正センサーの特性違い。

下ろしたエンジンの水温センサー付けたら一発で完治(笑)


ただね。

センサー同士見比べても、区別できないくらい一緒。

これじゃ、わかんねぇーよ。


さすがのブラジリアンチューナーさんもビックリ!
海外でのチューニングは、ワイルドスピードみたいなノリだとか。。。

組んだエンジンは、非常に安定していて、振動も少ない。

排圧もしっかりしていて、さすがといったエンジンでつた。


でもね。。。

チューニングエンジンなら、最初から水温/油温計ぐらいは、
付けとけば、ここまで苦労することもないんですけどね。

教訓になりました。




いやはやご苦労様でした。
カタコトの日本語は楽しかった♪


っと。。。


この後、店には次の患者が(笑)

今日は定休日のはずなのにねぇ~(笑)


最近は、自分たちでエンジン載せ変えてから、
どうにもなんなくなってくるのが多いやねぇ~

これも勉強勉強!


 

~みんカラ復活Blog~

うちのCPUセッティング♪

080913ka.png


今日はにゃぜか。。。
セッティング関連の
問い合わせが多い。



午後一は、うちでセッティングをしている
某SHOPさんちの常連さんの車。

お世話になっているSHOPさんの相談無しに、
ガンガンパーツを買ってセッティングをしてもらいに来たそうです。

内容的には峠仕様なんですけど。。。

RB25にポン付けタービンに某サージタンク
インフィニティースロットル。。。

う~ん。


峠にインフィニスロットルだと、セッティングというか、
パーシャル領域のアクセルコントロールが難しか。


というか。。。峠仕様でインフィニはやったことがない。


実はおいらもインフィニスロットルは持っていて、
サーキット仕様で使おうかと思っていたんだけど・・・

アクセル開度特性が非経線スロットルカーブになってしまうので、
どうしようかと。。。思っていた矢先。

ダイレクト駆動にしてもいいだけど、そうするとアクセルレバー比の関係で、
非常にアクセルペダルが重たくなり、ハイスロ状態。




ただ現状でアイドリングがヤバイらしいので。。。

いっちょ頑張ってみますか♪


ブーストをあまり上げたくないようなので、
うまくいって400PSオーバーって感じかな?

ただR33のRB25はコンロッドが細いのでどこまで耐えられるか???
うちのデーターだと瞬時440PSまでは楽勝OKでした(ニヤリ)

たーだ、安心して走るなら、腰下は26化(ノーマル)した方が安全かも。


次に来たのは。。。

某有名ドリチームのリーダーのマシン?

HKSの2J3.1Lキットを組んだだけど。。。

うまくセッティングが出なくて一ヶ月ハマッているらしい。
(不調の原因が分からず。。。)


現車を確認したわけではないので、何ともコメントしづらいが、
V-PROのセッティングをしている某氏も困っているみたい。
(この某氏は、業界の中では多分知らない人はいない???)

うちはV-PROのセッティングはやっていないので、
セッティングについてのコメントはしませんが、
エンジン側については、現車が見れればお力になりますぜぇ~

ちなみにブーストは1.8キロかけるそうなので、
モロにおいらの好みっす(笑)


ターボはガンガンブースト掛けましょう♪
(特に1J/2Jは♪)


どんなエンジンでも、ブローバイ対策(クランク室の内圧管理)が、
できていれば、ハイブーストも怖くない!


ただここ最近に来て、あまりV-RROの評判がよろしくないらしく、
レース系競技マシンだと、こぞってモーテックに変更するとことが多いようです。
(確かにモーテックはいい! ただ高いっす。。。)

やはし、ナンバー付きマシンレベルまでなのかねぇ~

うちの先輩SHOPもV-PROやってたけど、止めちゃったし。。。



散々、こう書くとお前のところのセッティングはどうなんだよ?

って言われちゃいますが。。。

うちは真面目にやっちょります。

画像のプラグは、うちの前のS14シルビアのプラグ。

バッチリ綺麗に焼けとります。

俗言うキツネ色?


仕様は。。。

ノーマルタービンブーストアップ 1.2キロ/330PS

・HPI 4-1エキマニ
・Evolution マフラー
・大容量サージタンク
・nismo 740ccINJ
・NAスロットル
・ARCインタークーラー
・パワーFC
 (エアフロ&圧力センサー ダブル制御/クランク角噴射タイミング変更)



エンジンノーマルで330PS出ちゃった仕様のプラグ。

こう書くとインチキ馬力だろうって言われちゃいますが、
燃料計算で計算した値で、結構これでも辛めの数値。

事実・・・
ノーマルミッションの3速がパワーに耐えられず、
粉々に砕けた経験が・・・あります(涙)


社外タービン入っていないのに。。。


大容量サージが入っているのにも関わらず、
4発綺麗に焼けています。

しかもこれでA/Fはちょうど11ぐらい。
なので、もうちっと気分的には絞ってもOKかな?

燃焼室がノーマルなので、こんぐらい?


最近はプラグの状態も確認しないで、セッティング取るところが多いですが、
気筒別の焼け方の差が必ずあるので、1気筒ずつ綺麗に焼けるように
セッティングを取る必要があります。

RB20/25のサージなんかだと意外と綺麗に焼けますが、
SR20やRB26などは、結構大変。

サージの形状もそうだし、エキマニの1次排圧のバラつきでも
かなり焼け具合が変わってきますね。

それを正していくのがセッティング。
(まぁ~タペットがシムでバラバラだとキツいですけど。。。)

これが楽しく仕方ありませんが、

やればやるほどドツボにはまります(笑)
要はセッティングには終わりがないから。

チューナーの癖、考え方一つでものすごく変わってしまいます。

おいらなんかは、逆にメーカーの作ったマップや補正は
ほんとスゴクよくできている思うので、これをベースにやっています。

昔はマップを一から作りましたさ。。。

でも、いろんな負荷掛けるのが大変だから、
ダイノで作った負荷マップがあると、ほんと助かるですよね。

86なんかで、300度以上のカムを入れたカリカリなんかだと、
ダイノで固定点火時期で、負荷掛けてマップ作るんですよね。

これがあると、ないとじゃセッティングでんよね。

おいらの86も、実はパワーFCのフルコンで、
ご丁寧にロギングにノックも取れるようしたからセッティングが楽♪


いやはや、車はセッティングでいくらでも方向性が変わりますね。

今日、ご来店いただいたツアラーのお客さんも、
今年セッティングした友達のツアラーの燃費が良くなったのにビックリしてたし。
(高速は楽にリッター10キロ超え

おいらのS14も、エビスまでの下道4号で、
燃費はにゃんと、リッター13.6キロ走ったし。
(異常な希薄燃焼は無しでO2センサーのフィードバックはもちろん有り)

埼玉からエビス(福島)で、ニャンとメーター1/4くらいしか減らない(笑)


チューニングカーも・・・
十分ECOカーになりますぜぇ~





 

~みんカラ復活Blog~

1