badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
イメージ画像

2016年10月

☆ IS-F 豆知識! ☆

なかなかよさげな事をツィートしたので、ブログにもアップです!

 

↓ ツィッター

 

IS−F 豆知識 VDIMによるブレーキLSDが働くため

ブレーキフィーリングが悪い場合は

リアパッドにフェードしない本物カーボンパッドと

キャリパー保護のキャリパーヒートシンクが必要になります。

これは普通の車には付いていない機能なため

非常に気が付きにくいです!

 

また特に前期の場合

オープンデフで電気式ブレーキLSDなので

アウト側の回転が上がり(減速ギヤの働き)

デフ温度が上がるため オイル対策が必要

弊社では200番フルエステルで対応してます

 

また機械式LSDを入れた場合

カム角やイニシャルのバランス関係で

唐突に一気に効くデフの場合

ロック作動スピードにブレーキLSDが対応しきれずに

不可解な挙動になるケースもあります。

 

対策としては

強化アシストスプリングでトラクションを上げて

スリップ率を減らす必要があります

トラクションがかかればマイルドに作用します

市販アシスト、プライマリースプリングでは、

なかなか車重に合うスプリングがないですが(笑)

 

 

とまぁ

こんな感じにツィートしております。

よろしければツィッター フォロワーいただければ、

色々な事、最新情報を書いておりますので

お気軽にどうぞ!

 

IS-Fはリアパッドがフェードしてしまうような特殊な車なんですね。

☆ 裏技 車両位置情報 ☆

 

スポーツカーの車両盗難が非常に増えているということで

万が一、盗難された時に簡単に車両位置を確認する方法です。

各個人の判断、責任の下にご参考ください。

 

 


 

用意するもの

・simフリーのガラケーもしくはスマホ

 使っていない中古でOK  むしろガラケーで十分

・上記の車用充電器 千円ぐらい?

・格安simカード

 フリーテル  https://www.freetel.jp/

 データー通信専用Sim (通話無し)  ドコモ回線 2年縛り等なし

 使った分だけプラン  月額基本 ¥299~

 キャンペーンで新規購入すると1年間 月額基本料 無料

 初回Simカード 発行手数料 ¥3.000  キャンペーン等はHPで確認してください。

・グーグルアカウント 無料登録

 


 

位置情報の確認の仕方

 

データー専用simをいれた携帯からグーグルアカウントにアクセスログインします。

そうすると今年から始まったグーグルの新サービスの端末管理が出来ます。

(アクセスした時点で端末が登録されます)

アクセスするだけでOKです。 余計なアクセスをするとパケ代がかかってしまいます。

 

自分のメインのスマホ、PCから

グーグルアカウントにアクセスすると 『スマホを探す』 という新サービスがあり

アクセスするとグーグルマップで自分の携帯がどこにあるかグーグルマップで

かなり正確な位置情報が分かります。

 

いつどこでも位置情報の確認が出来ます。

また動いた軌跡も確認できる機能もあります。

キッズ携帯の迷子機能の場合、契約、制約があります。

 

これに格安simを組み合わせると毎月の使用料がほとんどかかりません。

ここまで安い毎月の使用料はないでしょう。

また車両から充電するので携帯、スマホの充電等のメンテナンスは必要ありません。

 


 

セット方法

車体に取り付け前にきちんと携帯スマホ単体で位置情報が確認できるか確認してください。

充電器の差込口は外れないようにテープ等で固定してください。

携帯スマホ本体はトランクの内張りの中に隠してください。

夏場に温度が上がりにくい場所に (充電器電源はACC電源を加工してください)

ダッシュボード内に隠すとナビ、オーディオを盗まれるときにバレてしまいます。

 

充電はACC電源からとるのでエンジンをかけるたびに充電されます。

ですので毎回充電する必要はありません。

 

ここでポイントは週末しか乗らないスタイルの場合、

1週間待ち受けが出来るガラケータイプがいいと思います。

バッテリーの持ちには気をつけてください。

 


 

使用時の注意点!

・グーグルアカウントにアクセスできる

・自分の車の乗る頻度に合わした待ち受け時間ができるスマホか携帯

・費用、電池消費を抑えるため余計はアップデートなどは全てキャンセル

・見つからないような場所に取り付けする

・simカードの種類を合わせる (端末によって形状が違います)

 


 

セキュリティーシステムのGPSとの違い、利点

 

・毎月のコストが圧倒的に安い

・無料のアカウントサービスなので初期費用がかからない

・グーグルアカウントを持っていれば、そのままそのアカウントが使えます。

・何回位置情報を確認しても費用がかからない

(セキュリティーシステムの位置情報は確認回数の制限があり回数により金額が変わる)

・使い古しのスマホや携帯を使うので機材費が非常に安い。

・車両バッテリーを外されても、端末バッテリーがある限り位置情報の確認が出来る。

・車両の動いた奇跡もグーグルマップ上で確認ができます。

・更に安いSimが出れば契約の縛りがないので乗り換えもすぐ出来ます。

 

スマホ携帯が正常に機能しているかどうかは

グーグルアカウントにアクセスし、遠隔操作でアラームを鳴らして確認することができます。

 


 

上記はあくまでも情報ですので十分確認の上、ご参考までに

一切のクレーム等は受けつけません。

 

あくまで日本のスポーツカーを守る有志としてお手伝いできればと思います。

また更に良いアイディアがありましたら皆様教えてください。

 

ただでさえ税金が高いので、なるべく負担を少なくして愛車を守りたいのが本音です。

 

 

 

 

CR-Z アルミ3層トリプルターンラジエーター

CR-Z アルミ3層トリプルターンラジエーター

お客様のご依頼により
CR-Z
オールアルミ3層トリプルターンラジエーターをいよいよ開発します!

決めてはうちのFD2ラジエーターのヤバいくらいの冷え方だそうです((爆))

他社とは全く比べものにならないくらいの冷却性能なのです。

 

今回の開発は過給機付CR-Zを想定したラジエーターで

ランエボぐらいのコアサイズでいきます!

 

同じ日の筑波サーキットで弊社ラジエーター装着のFD2は

全開アタックで70℃台でしたとのご報告でした。

(TC1000/40秒のお客様車両)

1