badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ BM-R  最新パーツ情報! ☆ > ☆ ついに発売! アコードユーロR オールアルミ3層トリプルターンラジエーター ☆
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

☆ ついに発売! アコードユーロR オールアルミ3層トリプルターンラジエーター ☆

やっと・・・

やっと。。。

開発できました!

 

アコードユーロR CL7

 

業界初の

オールアルミ3層トリプルターン

エア抜きタンクバージョン!!

大容量ラジエーター

 

CL7 1.jpg

 

なんでユーロRの大容量ラジエーターが市販されていないのか

よーく分かりました。

 

これ開発メチャクチャ大変でした(涙)

 

 

クリアランスを取るのが難しく

最終的には1mm単位で調整。

 

結果、フレーム側の加工無しで

国産オールアルミ3層コアを入れて、なおかつ高回転型ユニットなので

エア抜きタンクで徹底的に冷却効率をアップさせました。

 

冷却性能については、FD2で実証済みですね。

ファンシュラウドのみカットが必要になります。

 

 

 

アコード ユーロR CL7

 

・RZスペックラジエーター ¥119.800 (税別) 

 オールアルミ3層コア (国産)

 トリプルターン構造

 ホース関係の取りまわし変更なし

 エア抜きタンク付き

 

 

CL7 3.jpg

 

エア抜きタンクの取りまわしも

非常に苦労して大掛かりなものなってしまったため

若干、それが価格アップの要因になっていますが

その分、良い物が作れました。

もちろん強化ラジエーターロアホースも製作しました。

 

 

 

開発協力車両のこちらのお客様は富士走っております。

他社の某メーカー(ペイントバージョン)を使用しておりましたが、

直線で冷えるはずの富士でも水温が上がってしまうとの事でしたの

あえて弊社にSPLなラジエーターを開発いたしました。

 

 

K20エンジンの救世主になりますね。

 

オールアルミブロックエンジンは、水温上昇によるシリンダーの歪み、変形が一番の命取りになります。

逆に言えば、水温が上がらなければ、まず壊れませんし、オイル食いの症状も出ません。

この辺を勘違いしているSHOPさんが多いのも事実です。

 

なぜ300PSに満たないエンジンが、10万キロ以下で壊れてしまうのか???

600PSオーバーのエンジンを10万キロ持たすのは確かに大変ですけど。

 

ちなみに、弊社ユーザーのVTECマシンは20万キロでも皆さん元気ですよん♪

FD2のお客さんも14万キロ突破???です(爆)

 

大昔のC1組のシビックでは、とにかく距離が伸びるので

20万キロでもエンジン大丈夫なのにフレームが先に終わりました(笑)

C1のつなぎ目ってボディには悪いですね。

溶接緩んで、ユルユルになります。。。

昔の脚って、メチャ固いし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1532