badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆  冷え冷え団  ☆ > ☆ レースクーラント 絶好調! ☆
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

☆ レースクーラント 絶好調! ☆

レースクーラント 11.jpg

 

おかげ様で

レースクーラントの販売が絶好調です!

 

足らないので

クーラント原水も200L発注してしまいました!(大笑)

 

 

原子炉冷却水ベースレースクーラント

市販社外スポーツクーラントとは比べ物にならない冷却性能のこのレースクーラント!

 

実は先日販売したお客様の中には

3月頭に開催された鈴鹿HONDAファン感謝デーでレース走行した

本物のF1マシンにも使われた模様です。

これにはビックリしましたが、販売した後にF1に使うとの連絡が!

 

それならそうと言ってくれれば、

F1用として専用ブレンドを販売したんですけど(笑)

この時期だったので、特に問題はないでしょう。

F1フルスペック仕様でブレンドすれば無加圧沸点180℃ですからね♪

 

ベンチテストでは、真水の6倍の熱吸収/放熱性能を誇る原液をベースに製造しています!

 

 

ですので

ここまで売れる要因としては、

ノーマルラジエーター車両でもローテンプサーモと合わせれば

実は市販社外他社ラジエーターに交換したのと同じ位に冷えるようになります。

そのため、ストリートユーザー様にもラジエーター交換しないでも、

ストリートでは同等以上の性能を出すことが出来たんですね。

 

そのため、

純正ラジエーターのストリートユーザー様からの発注が激増!

 

スポーツカーからミニバンまで、このクーラントを使われております!

水温の安定性、暖気促進が早いため、燃費も良くなるおまけ付きですね♪

 

 

 

事実

先日TC1000で行われた走行会に、おいらは会社の代車で参戦!

ローテンプサーモ(特許取得/68℃仕様)とレースクーラント&純正ラジエーター

ローテンプファンスイッチ&ファンセンサーアダプター装着したVTECマシンで連続周回しましたが、

エアコン付きのためヒーターも入れて20分で何週走っても

ずーっと水温は80℃以下

大体周回を78℃安定って感じです。

 

代車なので、正直遅いですが、

それでもサーキット連続周回してこの水温であれば、大満足でした。

タイヤの方が持たなかった。。。

 

 

ストリートスポーツ走行であれば、あえて社外ラジエーターに変えないでも

レースクーラント&ローテンプサーモ&ファン制御で

十分社外ラジエーター並みに冷やすことが実証されました。

 

気をつけなければいけないのは

実は市販社外のアルミ2層ラジエーターの中には、

構造上どうしても純正ラジエーターよりも

水温が逆に上がってしまうラジエーターも、実はこの世の中市販されてしまっています。。。

 

これはアルミラジエーターの放熱特性を熟知せずに、

テストもなしに販売してしまっているメーカーさん、SHOPさんたちのミスです。

 

逆に言うと

純正ラジエーターは、それだけ計算されて設計されているという証拠。

(全面投影面積と厚みの関係)

 

またラジエーター設計の中で、排ガス規制のために、

わざと水温の飽和状態(90~100℃)を作りやすく設計している車両もあります。

この場合は、徹底的に欠点をチューニングすればOKです。

 

ちょっと前までは、水温が90℃超えると、エンジンダメージ回避のために

高水温補正がかかっていたのにね。

 

水温ひとつとっても

奥は深いですね。。。

 

 

画像ですが・・・

4Lの発注の場合、画像のボトルになります。

4L以上は専用液体パックでの梱包です。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1467