badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ 排気屋 BM-R (悪月管) ☆ > ☆ いよいよ! 合法直管マフラー時代到来! ☆
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

☆ いよいよ! 合法直管マフラー時代到来! ☆

画像 0961.jpg

 

昨年から。。。

実は開発を始めていた保安基準適合の

音量切り替え無しの合法直管マフラー

 

 

画像は開発中のIS350!

9月下旬発売予定!

 

 

おいらのLSから開発を始め

トンでもない数の試作を製作。

LSだけでも、4セット(笑)

 

基本的に保安基準適合音量で、

合法高音共鳴直管を開発にするにあたり

一番の問題は音量。

 

 

この音量をクリアすることを考えると

根本的に触媒後の音量が大きい車種はNG

 

 

そうなると。。。

ここ近年

排ガス規制で、すっかり牙を抜かれた車種がバッチリ適合。

 

 

要は触媒の容量が増えすぎてしまい、触媒部分だけで大幅に音量がダウンしてしまった、

リアピースマフラー交換タイプの車種がターゲット!

(センターは第二触媒があるので交換NGの車両)

 

 

ということで、

第一弾のユーザー開発試作はLS460のお客様で

リアピースを、レーザー加工フル直管のRZスペック!

しかも高回転SPL!

 

 

普通にLEXUSディーラーで車検OKも確認が取れました。

(ただし、それぞれの判断はディーラーの体制によって変わると思います)

自分のLSも陸運事務所の車検でOK!

 

となると。。。

もうやるしかありませんね!(大笑)

 

リアピース交換タイプマフラー RZスペック!

 

ただ、識別の観点から名称が変わる可能性はあり(笑)

 

 

 

ただし、このタイプで注意すべき点は

今までは・・・

サーキット向けRZスペック車種(音量切り替え仕様)で、触媒後の音量が大きい車種。

根本的な排気音の高音成分が触媒でスポイルされていません。

 

その高音を高音共鳴BOX(フルレーザーフル加工直管)の共鳴倍音化で

元の排気音を更に高音共鳴倍音を足して更に高音化しています。

 

簡単に言えば、元々の高音を使って、それを更に大きく高音化させる

要は楽器みたいなもの。

 

ですので。。。

エンジンの状態が悪く、圧縮低下や燃調補正が入って、排気音が低音になってしまっている車両では、

エンジン状態の良い車両と同じ、高音排気音がないため、高音共鳴が出にくくなります。

 

 

そうなると、、、

今回の排ガス規制車両などでは、すでに触媒が大きすぎて

この触媒部分で、肝心のエンジンの高音の排気音が消音されてしまっています。

 

そうなると、いくらタイコが高音共鳴構造であっても

今までのサーキットモデルのような劈く金属高音共鳴音は、かなり少なくなってしまいます。

 

その少なくなってしまった高音共鳴を、とにかくできるだけ絞り出して

今回のリアピース交換タイプで、初のRZスペックを開発します!

 

まぁ

うちでいうサーキットモデルの高音共鳴よりも、高音共鳴音は少なくなりますが

他のマフラーに比べれば、全然高音は出ていますね。

 

ちなみに。。。

高音共鳴音をアイドリングや低回転で出ている音と認識してしまうユーザー様が

実は非常に多いですが、本当の高音共鳴音はエンジンを回した時の中回転以降の弾ける音を指します。

アイドリングや低回転での音はオマケだと思ってください(笑)

 

なので、エンジンを回さないユーザーさんにとっては、ただのうるさいマフラーにしかなりません(笑)

 

 

と、いうことで

 

以前から、非常にお問い合わせの多かった LEXUS IS をついに開発し、

開発テスト車両(3.5L)では、禁断のRZスペックをテストします!

このエンジン事体は、非常にパフォーマンスが高いので

LSよりも音質的に好結果が得られるのではないかと思います。

(テスト結果で、合法かどうかの判断が決まります)

 

 

排気性能に関しても、フル直管レーザー加工パイプのため

市販マフラーでは、一番の排気性能が出ると思います。

人とは違う音質を狙うのでればアリですね(笑)

 

 

 

現在のリアピース交換タイプでのRZスペック確認、発売できているのは、

・スパイク (GK) センター2本出し

・FIT (GD1系) センター2本出し

・FIT (GD1系) 1本出し

・LS

 

上記の予定です。

一度、オーリスで同じ仕様を開発しましたが

この車両は触媒の容量が大きすぎて、リアマフラーがない状態でも

全く音量が大きくならない状態でした(笑)

 

基本的に、リアピース交換のみで、上記設定車種は、

かなりの音量(保安基準音量ギリギリ?)になるので、

マフラー以外のチューニングをしている場合は、合法にはならないと思います。

 

早く出来上がるのが楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに。。。

常連の皆様は、ほぼフル直管。。。(笑)

 

あの音は病みつきになります(自爆)

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/965