badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
イメージ画像

2012年5月

☆ EUROスペックマフラー(リアピース) NEWバージョン! ☆

画像 085.jpg半端ない忙しさが続いております。。。

そのため、一部作業はお断りもしくは待っていただいている状態です。

何卒ご了解お願いいたします。

 

 

 

リアピース交換タイプ

EUROスペックシリーズ

現在ご注文いただいている分からリニューアル!

5月より新バージョンにて発売開始!

 

 

 

 

新バージョンは???

 

リアピースタイプの内部構造を変更し、今までの共通サイレンサー構造を

車種別、排気量別に更に大胆に大きく変更しました!

 

今までも構造はある程度、車種に合わして製作しておりましたが

特許構造ベースなので、大きく変更が出来ませんでした。

 

そこで内部特許構造を大きく見直し、

更にノーマル車両向けスポーツマフラーとして

排気性能をアップに成功!

 

排気量、エンジン特性に合わしてリニューアルです!

もちろん特許構造は継承しておりますよ!

 

 

 

リニューアルに伴い

高年式車両では音量に余裕がある車両は、

リアピースタイプ EURO-Zスペックを新設定しました!

第一弾は、LS460/LS600

ゆくゆくは、このバージョンでIS350やクラウンなどをやれればと思います。

 

 

センターからのフル交換タイプのEUROシリーズは、

従来どおりの設定となります。

今回はリアピースタイプのEUROシリーズのリニューアルです!

 

 

 

☆ いよいよ本格発売! レースクーラント!(原子炉冷却水ベース) ☆

レースクーラント 1.jpg

 

お待たせしました!

昨年より爆発的なご注文により

正式発売前から在庫が完売してしまい

誠に申し訳ございませんでした。

 

このクーラントを使った方のクチコミ効果で

今までに販売量になっています!(笑)

いよいよ正式発売です!

在庫もたっぷりご用意しました

 

 

『  レースクーラント 』 ¥1.680 

(容器代/税別)

 

 

この性能のクーラントを徹底的にコストを落としましたので

通販等では容器代は別途となります。

4L ¥400です。

20Lまとめてのご注文は容器代サービスいたします。

工場でのクーラント交換や工場での容器をご用意頂けるお客様につきましては

容器費用等はかかりません。

とにかく、この性能で徹底的にコストダウンしました!

 

 

レースクーラント 概要

 

・原子炉冷却水をレースマシン用に調合した

 完全オリジナル レースクーラントとなります。

 

原液沸点は、186℃!

この意味が分かりますか?

実は某世界TOPフォーミュラーの水温は、

150~170℃まで上がることがあります。

 

という事は???(ニヤリ)

 

 

弊社は国内レース向けとして、

調合し無加圧で沸点121℃としてあります。

 

熱交換率としては、

水の約6倍の脅威の吸収/放熱スピードを達成!

(ベンチテスト)

 

この圧倒的な冷却性能が支持されております。

暖気が早く、水温が上がればすばやく放熱。

まさに理想に近い究極のクーラント

 

レースカテゴリーに合わして

・無色透明バージョン

・沸点を上げたバージョン

などなど全て弊社の調合にて製作できますので

ご相談ください。

 

 

 

通常の走行会レベル車両であれば、

不凍効果 凍結温度-19℃ となっておりますので

通常のストリートマシンについても安心してお使いいただけます。

 

 

交換サイクルは、

・レースマシン レース毎交換

・ナンバー付きサーキットマシン 半年~1年交換

・ストリートマシン 1年交換

 

熱交換量が多い車両ほど、交換サイクルは短くなります。

なおこれは初期性能維持を考えた上での交換サイクルです。

他社のスポーツクーラントで2年交換サイクルといわれても

サーキット走行すれば、初期性能はもって1年ぐらいですから

ほとんど変わらないと思います。

 

画像 0821.jpg

 

うんちく

 

原子炉冷却水ベースのレースクーラント原液をベースに、

イオン精製法による高純度のイオンをほとんど含まない純水と

旧弊社クーラントで採用したいた添加剤をベースに

最適な調合方法にて、この性能を達成しました!

 

熱の交換率については、

原子炉冷却水の圧倒的な温度吸収/放熱特性

エンジンで使用する上でのキャビテーションについては

水の熱を吸収するときの気泡の熱特性を変えることにより

吸収時の表面積がキャビ発生を押させることにより

非常に効率よく熱を吸収できます。

その結果、真水よりも熱の吸収スピードが早くなります。

 

またラジエーター内部を通過する際の水流速をコントロールするため

ほとんどのスポーツ/レースクーラントは、

真水をベースにしているため、非常にサラサラしておりますが、

弊社は水流速をコントロールさせるために粘度を持たせてあります。

 

このことにより、

今までにはない画期的な究極クーラントが完成しました。

 

冷却性能の目安としては、真冬ではないこの時期で

アイドリングで放置した状態で暖房全開しますと

サーモスタット設定温度よりも、ヘッド内部の水温が下がるくらいに

よく冷えるようになります。

 

真冬で何時間もアイドリングすればこの症状が普通は出ますが、

この状態が常温で出来るぐらいの熱交換率です!

 

サーキットユーザー様のクチコミで、正式発売前から

ご好評いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

☆ フェデラル Sタイヤ ついに入荷! ☆

画像 0161.jpg

 

いよいよ!

入荷します!

 

フェデラル FZ201

待ちに待ったSタイヤですね。

ラジアル金額でSタイヤ!

サーキット専門の本気な方々にどうぞ♪

 

BSの開発の人たちが、もっぱら噂で

フェデラル入りしているという情報もあり

期待がメチャクチャ持てます!

 

Sタイヤなので、ラジアルよりもケース剛性が上がるので

コーナリング時のタイヤの変形が抑えられるので

いい意味で綺麗なタイヤの路面接地ができ

ラジアルと比べると偏磨耗の面では良くなります。

また根本的にコンパウンドがSコンパウンドで

更に特殊なコンパウンドを今回は採用しているらしいので

どうなるんでしょうか???(笑)

 

 285サイズのみ次回船便との事です。。。(涙)

 

 

タケノコ

ありがとーございましたー

 

朝採りタケノコ  ウマー

 

 

 

☆ ユーロR CL7 マフラー 新ステージ突入! ☆

画像 0971.jpg

 

奇跡が起こりました!(笑)

いよいよ
アコードユーロR CL7

マフラー新ステージ突入!

 


レースマシンと同じストレート構造フルパワーバージョン

RR/RS/SSスペック 保安基準音量達成!

 


今まで保安基準モデルとしてユーロRは、
EUROシリーズだけでしてが、

ついにパワースペックで保安基準適合です。


FD2同様のフルストレート構造で楽しめます!


多分ですが、
ストレート構造で保安基準適合は、うちしかないのでは???


しかもリアタイコはチューニング内容に合わして
S2000同様2タイプを設定。

細かく仕様に合わしてオーダーしてくださいね!


用途に合わしてお好きな仕様をフルオーダーしてみてください。


ちなみに

EUROスペックからのバージョンアップ仕様も
期間限定特価にて対応いたします!
(EURO-Zからのバージョンアップは出来ません)

 

 

 

 

奇跡のいきさつ(笑)


とあるお客様が買った車に弊社のマフラーが装着されていました。

そのマフラーの点検依頼が来たんです。

 


そのマフラーは EUROスペック と聞いておりましたが、

入ってくるなりレーシングサウンド???(笑)


これがEUROスペックの音???


リアタイコの中を覗くと。。。

あれ? ストレート構造???


そしてリフトアップすると。。。

メインパイプが細いバージョン!


ありゃこれは・・・

「幻のSSスペック試作開発マフラーでした(笑)」

 

 

たまたま中古車として流通していたユーロRに

このマフラーが付いていたんですね。。。

ほんと奇跡でっす!

 

今回の点検は、下回りをぶつけていて
補強ステーが折れてしまっていたので、キチンと修正修理いたしました。

マフラーも定期点検は必要ですね。

 

 

まぁ
この話は有名ですが。。。

一度は遠方(神奈川)で断ったSSスペックの試作マフラー
どうしてもテスト価格(特価)でと頼まれて、引き受けたんですが
マフラー装着後、一回も音量テストに来ていただけず、
結局、うちとしてもテストが出来ないため
保安基準適合マフラーとしては販売することが出来なかったマフラーです。


ろくにテストしないメーカーなら販売するかもしれませんが、
うちはテスト無しに販売する事はまずないです。

やはり販売するなら自信を持って提供したいという気持ちがあります!

 

 

 


んで。。。。

本題に戻って


CL7/K20
SSスペック インプレッション


・音質は???  レーシングサウンド♪  いい音です!

・音量は???  全開/高回転の音はエンジンの音の方がデカイです(笑)

・近接排気音・・・保安基準音量測定 89db楽勝でしたー

 

総評

SSスペックはストレート構造ながらメインパイプを意図的に細くして
下からのトルク/ピックアップを重視した仕様。

狙い通り、下からのレーシングサウンドとトルクの立ち上がりで
綺麗にエンジンが吹け上がります!

もちろんストレート構造ですのでEUROシリーズよりも
格段に高回転でのパンチ力/排気の抜けの良さが体感できますね!

メインパイプを絞った分、音量が小さく合っているのも狙い通り。

高回転での更なるパワーと音を楽しみたいユーザー様には
RRスペックでバッチリOKですね!


SSスペックは、意外と特殊なスペックになるので
VTECの高回転と音を味わうならRR/RSスペックを推奨します。

 


ちなみにストレート構造ですので

EUROシリーズ(特許取得サイレンサー)のような
アイドリング/低回転域での音量の静かさはありません。

あくまでアイドリングから音量は小さいながらも
いい意味でのレーシングサウンドです。

なので低回転域でのセダンとしての使い勝手やトルクは
やはり特許サイレンサーのEUROシリーズに軍敗は上がります。

 

ぜひぜひ
VTECを堪能したいユーザーさんは、
迷わずパワースペックですね。

 


 

☆ GW明け マフラー注文ラッシュ!(笑) ☆

画像 02812.jpg

 

GW明け。。。

の前から。。。

 

なにやら

マフラーの注文が殺到。。。

 

しかも

いただく注文がみんな

 

こだわりまくりの仕様ばかり♪

 

これぞフルオーダーマフラーの極意ですな。

 

是非是非、

サーキットユーザーさんは、こだわってみてください!

 

 

専門店で作るオーダーマフラーの1/3の価格で

同じ性能のマフラーが手に入ると思ったら???

 

貴方ならどうします?

 

これぞ

日本唯一

マフラーサイレンサーの中の構造からオーダー出来る

我が社だけの究極のマフラー作り!

 

とことんやりまっせ!

 

 

 

 

なので納期が・・・

すんごく延びています。。。。  

 

 

ゴメンなさい(涙)

 

 

 

 

 

1