badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆  周 回 屋  ☆ > ☆ ついに!公開! ベアリングタイプ スプリングシート ☆
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

☆ ついに!公開! ベアリングタイプ スプリングシート ☆



RG改のNEWウェイポン!

ベアリングタイプ スプリングシート!

誰もやらなかった事やっています(笑)

今までの当社のRG改ももちろん。。。

メーカー標準仕様とは違うスプリングシートを採用して
抜群の滑らかさを実現していましたが、

これは更にスゴイんですね!



スプリングのお勉強。。。

スプリングは見ての通り巻き巻きしちょりまつ。

なので、力がかかって縮む時には、

実はネジれながら縮むんですね。

なので、正確に言うと。。。

縮む時のバネレートは、実はねじれるときの応力(抵抗)が、
追加されて縮む構造になっています。

密着したスプリングの場合、上下のスプリングの当たり面は動かないので。。。


なのでこれを実際のスプリングのデーター測定すると・・・

このネジレの抵抗がバネレートの素直なレートの立ち上がりを邪魔するんですね。

要は動きが渋くなる。。。



サーキットを走る上で、過重のかかり始め、

タイヤがグリップし始めるときに、一番グリップ力の立ち上がりで
動きに抵抗があると、トラクションが抜ける。

要はショックがストロークし始める時が、一番肝心!



その動き初めに抵抗、ひっかかり感があると、

トラクションが安定しない。。。


F1はスプリングをやめて、トーションバーになった理由のひとつもこれ。

トーションバーは、バーのネジレをバネレートにしているから、
それ以外の抵抗が無いので、とにかくレートのレスポンス(動き)がいい!

だからこれなんですね。


でも、うちらの車で、これは無理(笑)

トーションバーは、ハイエースみたいな感じ?


F1では、この動き始めのレート変化を、メチャクチャ細かく
測定、グラフ化して、動きが渋くないかを追及する。

これはF1のショック測定も同じ。

測定したグラフをメチャクチャ細かく拡大してテストする。

うちのRG改のPROモデルのショックを製作している工場で
実際にF1ショックのテスターの測定グラフを。。。うっかり見てしまった(ニヤリ)
(今はF1撤退だから、オフレコ終了でしょ)

すんごく数値出すのが大変だと。。。Orz


79755768.jpg






















今回のこのベアリングスプリングシート

実際に上下に挟んでみると・・・
過重をかけスプリングが縮んでいる状態でも

クルクル回る(笑)

ハンパなく抵抗が無い(爆)

実際の商品は片側のみがベアリングシートになります。
(走行時にクルクル回ることはないので)


ベアリング性能

●基本動定格荷重(N [kgf]): 44500(4550)  
●基本静定格荷重(N [kgf]): 234000(23900) 

実際に車に使うのであれば、もったいないぐらいのスペックのベアリングでつね。


これを採用することによって、スプリングのネジレの抵抗がなくなり

非常にしなやかで、スムーズにストロークするようになり

その結果・・・
トラクションかかり始めが、抜群に良くなりコーナー中も安定感が増します。

もちろん、駆動輪のトラクションも良くなり、乗り心地もさらに良くなるのですね。


これを見ていた常連さんも目が点になっていました。
(常連組は上下に入れますか?笑)


でも・・・

実はこれ以外にも、まだまだ新しいことやってるんですね(ニヤリ)

これは企業秘密ですよん。

だって、このベアリングは、元々車用ではないですかね(ニヤリ)

応用の応用でつな。。。




しかも今月は。。。このベアリングスプリングシートは、
お試し価格のRG改価格にプラス¥5.000でいけちゃう。

キャンペーン価格と合わせると、かなりお得な計算ですね。



これのせいかは・・・分かりませんが。。。

ここ1週間でFD2のRG改注文が6台目でつ?
(チャンピオンモデルは全く売れなかったので、販売終了)

なんででしょうかねぇ~

ちなみに現在は、お客様のご希望に合わしてフルオーダー製作です。

今週のすでにオーダーシート決まっているのは・・・

・TC1000スペック(乗り心地重視)
・鈴鹿ツインスペック
・富士スペック
・茂原スペック
 (茂原はセッティングデーター無いので、なるべくご希望通りに仕上げます)

残り車は、現在お客様とオーダーシートを製作して、
いろいろディスカッションして仕様を決めております!

いやはや楽しいですな。

ちなみ他の車種もやっております。

もうちょっとで上がってくるのが、シルビアのTC2000アタック仕様でつ。
ドンガラフル軽量、エアコンレスの草レース仕様でラジアル0秒狙います!


秋味エビスのお話も常連さんたちで盛り上がってきましたしね。


景気は悪いですが、車遊びは楽しくいきやしょ。

無理は禁物でつ。

自分の楽しめる範囲で遊ぶのが一番ですね。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/148

コメント(2)

ご無沙汰しています。

以前、神奈川からプレマシーのオイル交換と
クーラント交換でお世話になった者です。

このタイプのベアリングに目を付けるとは
流石の一言です!
広い視野がないと思い浮かばないですよね。
(会社で使用している機械に使われている
ベアリングのサイズ違いです)

車を広く深く知り尽くさないと出てこない発想ですね。ちなみに街乗りしかしませんが、そんな仕様も可能なのでしょうか?