badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
ホーム > 裏!☆泡付麦茶団☆ > ☆ 排気屋 BM-R (悪月管) ☆ > 大人のハイブリットレーシング 究極マフラーの極み!
イメージ画像
裏!☆泡付麦茶団☆

大人のハイブリットレーシング 究極マフラーの極み!

081128mr.png

究極の構造です!

高回転型エンジン

VTECのために・・・



当社ではとてつもない人気を誇る

『ハイブリットレーシングマフラー』

サーキットの時の高回転フルパワー仕様

ストリートでの車検対応仕様2モードが切り替えが出来る

画期的構造のマフラー


言わずと知れたベストセラーです。


ここ近年のVTECエンジンの更なるパワー。
レースマシンでさえ触媒付きのこのご時世。

いかに触媒付きで高回転のパワーを出せるか!

考えぬいた上で出来上がった 究極の極太パイプ仕様


上の画像はどちらの当社のFD2マフラー

手前は・・・
ハイブリットレーシング メイン76.3mm仕様

奥は・・・
通常のEvolutionマフラー メイン60mm仕様。


見ての通り、全く太さ、抜けが違います!


通常設定のメイン60mmでも、当社マフラーは完全ストレート構造。

なので、性能は応えるまで必要ありません。

簡単に言えば・・・構造的にはレースマシンと一緒です。

よく性能についてのお問い合わせがありますが、
大手メーカーとは、構造が違うので応えるまでもありません。


ただ、ここ最近のVTECのパワー/高回転に更に対応すべく

触媒付きでどこまでパワーが出るかを考え抜いたのが、

中間以降のメインパイプ径のアップ!

単純に太くするのが、一番高回転のパワーが出ます。

ただ闇雲に太くするのではダメ!

全部を太くしてしまうと、アクセルツキ、トルクが失われてしまいます。

だから必要な部分のみを極太パイプ仕様に!

その結果、ハイブリットレーシングの極太仕様が開発されました。

究極の触媒付きで最高のパワーを得るためのチューニング




パイプが太いとダメだという考えの方もいらっしゃいますが・・・

実はすでに新車のエキマニでさえ、某大手メーカーのスポーツマシンは、
純正エキマニの集合部分がNAで80mmもの径があります。

メーカーも考えていることは同じだったんですね。

それだけの排気があるという事実。

更にこれから出る新車は、逆にエキマニが無くなり
大きな箱がヘッドに着きます。

これは色々な意味がありますが、エキゾースト周りは
改革の時代かも知れません。

これは全て触媒を付けた上で性能を出すための一環です。


更に設計思想の違いでは・・・分かりやすく昔の車で。。。

RB26のエキゾーストポートよりもB16Aのポートの方が

デカイ!

どう考えてもパワー的にはRB26なんですが、
HONDAは、そんな大昔からVTECエンジンでは、
これだけのポート容量が必要だと考えていたんです。

この意味を理解すればおのずと・・・


 081128-1mr.png

FD2のハイブリットレーシング装着画像です。

見ての通り、抜群のフィッティングで全く問題なく収まっています。

元々、NAマシンはパイプが細いのでスペースがありません。

よくぞ、このスペースで76.3パイプを通したの一言に尽きます!


レースマシンを意識した徹底したローダウン対応設計!

また触媒後ろから中間パイプまで、メイン60mmですので
最低地上高も全く問題なし。

また純正ではガソリンタンクよりも下にあるサブタイコも
当社ではガソリンタンクと同じ高さにサブタイコを設置しました。




よく質問されるバンパーカットについて
 




FD2のハイブリットの場合、テールは2本出しになります。

テールの排気を2本排気/1本排気にするかで音量とパワーが選択できます。

2本出しですのでバンパーカットとなりますが、
実はバンパー自体はカットしていません。

主に画像の通り、デフューザー部分のカットとなります。

ここは、カッターで簡単にカットできます。

ですのでそれほど、装着が難しいマフラーではありません。
(フレーム等は、もちろん無加工です)




FD2の76.3mm極太パイプ仕様の性能が
とてつもなく良かったので・・・


実はS2000も・・・
すでに新しく作ってしまいました!


すでに11月より販売しております。

こちらは、下記の画像の通り二股部分から後ろが極太パイプ仕様

 081128-3mr.png

ほんとに究極のS2000のマフラーが完成しました!

すでにサーキットテストも終わり、モニターのお客様からは、
絶賛のインプレッションを頂いております。

これに伴いS2000のハイブリットレーシングは、価格改定となります。

S2000
ハイブリットレーシング ¥114.800 (RRスペック/オールステン)


RZスペックバージョンアップは、プラス¥3.000です。


究極のVTECマフラーをどうぞ♪



 

~みんカラ復活Blog~

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.badmoon-racing.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/897