badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
イメージ画像

2008年7月

手のひらサイズの超コンパクト設計!

080722mk.bmp

見ての通り

ちっちゃいでつ。。。
うちのエア抜きタンク♪


 

 

この大きさで、中はキチンと仕切り板でっせ。


でわでわ
なぜエア抜きタンクが必要になるのでしょうか???


うちらのようなサーキット全開組

高回転でエンジンを回せばまわすほど、
ウォーターポンプ自体の回転数も上がります。

そうすると???

ウォーターポンプのクーラントを泡立ててしまい、
それがエアとなります。

これをキャビテーションと言いまつ。

キャビテーションが起きてしまうと・・・
いくらウォーターポンプの羽が回っていても、エアーで空回りしてしまい、
肝心の冷却水がエンジン全体に回らないようになってしまいます。

結果、冷却水が回らないので冷えずに
水温が上がる。。。

その多発するキャビテーションを、エア抜きタンクでエアーを分離し、
なるべくキャビテーションで起きたエアーを少なくして
冷却水が回るようにするのがエア抜きタンクの役目。

なので、あまりエンジンを回さない人には関係ないかも。

最近のエンジンは水路が複雑なので、エアーが抜けにくいので
ノーマルでエア抜きタンク構造の車もあります。

またいくらエア抜きタンクを付けても、クーラントが純正だと
キャビテーション起きやすいので厳しくなります。

あくまでもキャビテーションでにくいクーラントで、
しっかり対策して、なおかつエア抜きタンクで完璧対策にする。

どんなにすごいクーラントでも、少しはキャビしますので(笑)

またそれでもキャビテーションがひどい場合は、
ウォーターポンプの回転数自体を落とす必要がなりますね。

一番、効率のよい流速を作ってあげる。

ノーマルエンジンは・・・
街乗りで一番効率が上がるような回転スピード設定ですから。


GT-RのRB26なんかは、元々走る事を前提に設計しているので、
ウォーターポンプの回転スピードが低めに設定されています。
なので・・・
アイドリング時の冷却対策でアイドリングが高めの設定。


でもGT-Rで飛ばさない人、街乗り/渋滞の多い乗り方の場合、
RB26はガンガン水温が上がってしまいます。

裏技としては。。。
あんまり飛ばさない人は、逆にタイプMのウォーターポンププーリーを
流用するとポンプ回転が上がるので、渋滞/街乗りは冷えるようになります。

ただし、全開時には逆にノーマルよりも冷えなくなりますのでご注意を。



うちはマフラーでもラジエーターでも、それ以外でも・・・
いろんなメーカーさんのパーツの開発/テスト依頼が来ますが、

エア抜きタンクの某メーカーのテストでは、
タンクを装着することによって逆に効率が落ちて水温が上がる事が。

これは、エアを抜くためのホース位置に対して、
エアーを抜いた冷却水を戻すホース位置が直接エンジン戻すタイプで、

実際にテストしてみると。。。

エアーを抜くためのホースからエンジンの熱くなったクーラントが
エア抜きタンクを通って、そのままエンジンに戻ってしまう(笑)

要はラジエーターにいく冷却水の量が減ってしまい、
エア抜きタンクにばかり、流れてしまうんですね。


これの原因としては・・・

気体/液体/人間は、抵抗の少ない楽な方にばっかりいくという性質があります。

なので、ラジエーターの抵抗よりもエア抜きタンクの抵抗が少なければ、
少ない方ばかりにいってしまい、

結果・・・
ラジエーターに水が行かないので水温が上がってしまいます。

おいらは、このメーカーのテストで、危うく自分のシルビア
エンジンがオーバーヒートしそうに。。。
(高速巡航でアルミ3層なのに水温95℃に。。。涙)

エア抜きタンクのホースの引き回し/構造でキチンと対策が必要ですね。

エア抜きタンクを付けてから逆に水温が上がった方は要注意ですよん。
(私が指摘するまでに、このタンクすでに200個以上販売されたらしい)


それと、市販品の中には外形だけ真似たものがたくさんありますが、
高回転でエンジンをぶん回しているときは、ただの箱や筒の中に
エアーと一緒に冷却水が入っても、ウォーターポンプの勢いで
簡単にはエアーは分離しません。 当たり前ですが。。。

なので、いかに水の流れを遅くして、
しっかりとエアーを上に分離できる構造が必要なんですね。

ただ単に水が流れっぱなしだと、そのままエアーがくっついていってしまいます。


ご参考あれぇ~

 

 

~みんカラ復活Blog~

 

やっぱり。。。暑くなると。。。アルファード偏

080722al.png

やはし

このネタが出てきます♪

オイルパンに貼る
アルミヒートシンク  1枚¥1.980



いやはや。。。

リーズナブルでてきめんに効果の出るこのパーツ。

是非とも、ローテンプサーモとご一緒に♪

今回は・・・
前回、ローテンプサーモエンジンオイルパンヒートシンクを施工したお客様から。。。

ATのオイルパンにもとのご依頼♪


今、ネットでトラストのインフォメーターが乱売されて
かなり安くなっていますので、是非とも

装着前/装着後の温度比較テストをしてみてください。

ローテンプサーモもアルミヒートシンクも

対費用効果としては抜群ですよん♪

やはし、物理的に証明できているパーツが一番だす。。。

ATFも走れば、冷えるのがよく分かります。


ちなみに。。。

純正のデフケースもヒートシンク形状になってるし(笑)

メーカもやるんですから、これは間違いのないチューニングでつね♪



じぇんじぇん関係ないでつが。。。

このお客様のアルファード。

社外のグリルが装着されていますが、グリル自体が
デザイン優先で、空気の入る穴が小さすぎ。
純正の多分。。。半分以下しか走行風が入らず。。。

なので、後ほど要加工ですね。

デザインがいいと、やはりこうなってしまうのも仕方がないです。

おいらも実は純正グリルに穴を開けているぐらいですから(笑)

やはし機能美は美しい♪
 

 
~みんカラ復活Blog~

エア抜きタンク 増産ちゅう♪

080722-1mk.bmp


暑くなってからと

いうもの。。。

なぜか?


 

いきなり?
注文が殺到!(笑)


うちの定番商品

『エア抜きタンク』 ¥15.800


どうってことはない普通のエア抜きタンクです。

ラジエーターに組み合わせて装着しますが。


市販品とどこが違うの???

エアはキチンと分離できるように、
内部構造が独自の仕切り板構造になっている。

市販品は、ただの箱や筒だからね。

仕切りを入れることによって、流速が弱まりエアが上に溜まり
ラジエーターには、エアが抜けた冷却水が戻る仕組み。

ただね。

仕切り板の分離構造でここまで小さいのは見たことがない。

エンジンルームの取り付けスペースも苦にならない。

しかも、取り付け場所によって、
エア抜きニップルの位置が選べるのも、うちだけの特別オーダー♪

正直、注文来るのは業者さんばかりで
レース関係ばかりでつ(爆)


簡単な性能比較みたいな感じでは。。。

水を抜いたスッカラカンのRB25DET。

このエア抜きタンク付けて、
キチンとシリンダーヘッドからもエアを抜いてあげると。。。

時間のかかるRBのエア抜きが、約20分でほぼ終了

恐るべしエア抜きスピードでつ(ニヤリ)

 

 

~みんカラ復活Blog~



 

このタイヤに見覚えが。。。(爆)

080722vi.png

うちに来ている

業者さんの愛車。。。

いやはや

ビックシでつ。

普通の車よりも

金がかかっていまつ。
(勝手な判断)

んで、

よく見ると。。。

見覚えのあるタイヤパターンが(笑)

こういう使い方もあるんですね。

いやはや、ドラッグできそうなぐらい

グリップしそうでつ。


やはし夏はバイクかねぇ~


おいらも未だ。。。

4輪バギーを探しておりやす(ニヤリ)


 

 

~みんカラ復活Blog~

今日のお仕事。。。

080718hi.png

 


今週は、

結構力使う仕事がいっぱい♪

いかんせん、

毎日に気合が入りまつ♪


そんな中、気合を入れて仕事に向かった今日。

今日のお仕事はタービン脱着の
エキマニとアウトレット交換♪

セパン並みに暑い店の中で気合を入れて作業しようと
(気合を入れんと、ダラダラしてしまい、一向に終わらない)

した矢先・・・

くじけまつた。。。


作業する車の・・・

ボンネットが開かないっす(滝涙)

いくらやっても開かない。

日産特有のボンネットキャッチのいたずら???

30分以上かかって、ようやくボンネットが開く

二人いれば、すぐに開いたと思うが、
うちは基本は一人で作業。
(二人以上で作業すると技術レベルが下がるので嫌)

いやはや。。。

さっきまでの気合はいずこに???(涙)

いやはや、今日の作業で一番悩んだ作業でつた。

ボンネット開いたので、一安心で休憩(笑)


ま、まずい。。。

堕落の一歩を踏み出してしまう。

ということで、慣れた作業なので、サクサクタービンを下ろす。

タービン下ろすのを監視していたかのように。。。

某大手メーカーの営業さん登場!
(事務課では有名な人???)

そしてお決まりの一服タイム(爆)

いろんなお話をしたりしていたら、
なにやらトラブルがあったようで、営業さんご帰還。

時間を見ると、すでに夕方の4時を超えた(汗)
(タービン外した始めたのは、2時過ぎ?)

こっからは、いつもおいらのペースでサクサクと。

ただ単に組むだけでは面白くない。

うちのエッセンス、ノウハウをバッチリ注入しながら、組み上げていく。。。

たとえば、エキマニのスタッドが熱でヤバクなるから
原子炉で使う耐熱1470℃のスーパーなグリス使ったり。
(これが高いのよ。 ちっちゃいボトルで¥15.000)

アウトレットの材質が変わると、熱膨張のタイミング、膨張量が変わるから、
ネジの緩み止め加工してみたり(ニヤリ)

これ以外にも、バッチリ施工して。。。
(もちろんラインもすべて熱対策処理済み)

そして、綺麗にエキマニが焼けるようにしてあげて。。。


という感じで定時で組み上がりぃ~

っと思ったら。。。

タービン組み終わるのを監視していたかのように

常連現る!

とまぁ~こんな感じでつた。



ちなみにこのSRのエキマニとアウトレット

セットで買うと、今なら1万円引きキャンペーンしちょりまつ。

音もパワーフィーリングも最高に良くなります。



ブーストを上げないのなら、インタークーラーよりも
SR20は、絶対こっちを先にやるべきだと思いまつ。

インタークーラーは、最低でもブースト1キロかけないとツマラン。

最近は、風抜けの悪い大手のインタークーラーのおかげで
水温上がるトラブルが多いでんがな。。。

だからツマランメーカーのインタークーラー入れるぐらいなら、
エキマニの方が効果あるよ。
(インタークーラーは、イイヤツ入れた方が良い)



今日作ったこの仕様。。。

多分のノーマルブースト仕様の中では、一番速いと思う。

なぜなら。。。

うちのRZスペックマフラーと組み合わせるから(笑)


ノーマルクラッチが、すでに滑るのが分かってしまっているのが怖い。。。

 


 ~みんカラ復活Blog~

なぜか?よく売れる(笑)

080718bm.bmp

なぜか???

継続して


よく売れていまつ(爆)


このレーダー。。。

やっぱり安いんでしょうか。。。(ニヤリ)


いやはや、注文入れる問屋の担当さんもビックリな状態(笑)

ほんと、残りあと少しらしいので、

うちの問屋さんの在庫を空っぽにしてやろうと思いまつ(ニヤリ)



先日のブログの。。。

SR20のメタル。

在庫みっけまつたぜぇ~

やっぱり、いろんなルートを持っていると強い!

某D1マシンを走らせているメーカーさん経由で、
バッチリ在庫確保しまつた。

うちの業者さんに連絡したら2台分ちょーだいっと♪


いやはや、何事も人同士のネットワークが重要だと感じた

今日この頃でつた。。。

人間同士のネットワーク信頼もお金では買えませんからね(涙)

最近では、うちみたいなちっぽけな会社に、
某自動車メーカーのワークスメーカーの
営業さんが直接来るようにもなってしまう。

これぞ人の力ってスゴイと思いまつ。。。


 

 

~みんカラ復活Blog~

マフラー納期情報!

080718mr.png

当社オリジナルマフラー

『Evolution マフラー』


最新納期情報です!



おかげさまで、マフラーリニューアル後好調な出足

誠にありがとうございます。

ボーナスシーズンも重なり、
非常に納期にテンバッテいます(笑)


最新納期!

・セミステン 約1週間
・オールステン 約10日~2週間

・ハイブリットタイプ 約2週間
 (新バージョン開発と伴い、バックオーダーです)

・ホンダ系左右2本出し 約2週間
 (相変わらずのバックオーダーです)

 新バージョンのEURO-Zスペックのオーダーが多いので、
 こちらはかなり製作枠を増やして増産体制ですので、
 納期は若干早めでOKです。

・GT-R系 RR/RZスペック(メイン80仕様)
 ここにきて非常にご注文数が増えています。
 別ラインでの特別製作枠のため、約3~4週間。



ジグのないハンドメイド製作のパーツについて

インナーサイレンサー等の商品につきましては、
ジグがないため量産できませんので、その分お時間がかかっております。



当社マフラー工場では、大手メーカー6社のマフラーの製作としております。
そのため・・・
一番コストをかけて手間がかかるのが当社マフラーのため、
生産枠の増大に勤めております。
(現在出荷台数では、工場内第2位の出荷量を誇っております)

タイコの内部構造からすべてオーダーできるという
業界初の画期的オーダーデリバリーシステム
構築したマフラーとなっておりますのでご了解のほど、よろしくお願いいたします。


最新売れ筋ランキング!

・第1位
 S2000 やっぱり強いでつ♪

・第2位
 アコード ユーロR 依然根強い人気!

・第3位
 ツアラーV もはや定番のRZサウンドでつ♪



上位のホンダ系はEURO-Zスペックの発売に伴い、
一気に注文数が増えました♪

ランキング外ですが、BNR32GT-Rのマフラーも非常に好調!

がんばってください。33GT-Rといった感じで(涙)
ちなみBNR34は相変わらず安定して出ていますね♪

GT-R系はRSスペック(メイン76.3タイプ)が人気です。
33/34GT-Rは、ほとんどが2本出しですね。

できればシルビア系出てくれると嬉しいのですが。
(ここ最近、スカイラインに出荷数抜かれました)

マジに等長エキマニに、RZスペック音質が最高でつ♪
 

 

~みんカラ復活Blog~

ほんと駆け込み寺状態!(爆)

080717bm.bmp

ここにきて。。。

なぜか。。。

うちは
業者さんたちの

駆け込み寺状態(笑)
おいら自身が駆け込みたい状態なのに(自爆)


今週頭にとあるレース屋さんからは。。。

N1マシンの純正ヘッドガスケットがメーカー設定廃盤。。。

どこ探しても出ていないようで・・・
ブログにガスケットを再利用とあったので。。。

いやはや、ヘッドガスケット新品見つけてきました♪

ここのレース屋さんには、うちのブレーキパッド使ってもらっていて
にゃんと今年N1レース2連勝達成でつYo!

そして・・・

昨日は、某有名ドリフトチームのチューナーさんから、
SR20のスラストメタルが無いと。。。

なにやら、メーカーにはバックオーダーで150個らしいですが、
いかんせん納期未定。。。

これは、すべてレース/競技車両のレースエンジンを組む上での話ですが、

いかんせん、ちょっと古くなるとメーカーが部品を作らない!


いやはやメーカーが意図的にやっているのか、
国からの指令なのか(ニヤリ)

ほんとにふざけた状態。。。

こんなことでは、ますますスポーツカーが面白くなくなる(涙)



皆さん。。。

水温と油温は、ほどほどに。。。

壊してしまうと後が大変な世の中になっていまつ(滝涙)


じぇんじぇん話が変わるけど。。。

最近、ご近所の日系アメリカ人の方と仲良くなりました。

見た目日本人なのですが、カタコトの日本語

でも向こうでは、バリバリ改造をやっていたらしい。

特に1J/2Jについては詳しいっす。
(1J/2JにIHIタービンなんて最高の組み合わせ)

最近、エンジンについてよく話します。

話をしていてもすんごく楽しい。


最近はエンジンの話をしてもチンプンカンプンな業者さんが多いなか、

すごく新鮮



うちのご近所に、元富士レース村のレースメカの方がいて
いろいろ教えてもらっていますし、今まで自分がやってきたことが
正しかったという事も証明できて嬉しかったですね。
(他のチューナーは、コイツ分かってないなみたいな感じだったんですけど)

正直、上から目線のチューナーさんに限って、そこの車はよく壊れます(笑)
そして壊れた原因を運転手の乗り方が悪いなどと言いますしね。
(壊れることが当たり前のような口調。。。)


多分、壊れる理由、原因が分からないから、
そんないい加減なことが言えるんですよね。

せっかく高い金出してSHOPに仕事依頼して、
エンジンがあっという間に壊れるだったら、プロに出す意味ないと思うし。

もし運転手さんが、自らエンジン壊せば本人が一番分かっているはず。

うちなんか、ここ最近はエンジンブローとは無縁。
(ブローしてから直してと初めて来る人はいますが)



昔ブローしたといえば、うちのドリフト特攻隊長の某キャプテン

ほんとにドリフトがうまくて、みんなに慕われていますが、
そんな彼も昔は。。。

勤めてた中古車屋さんの納車用オイルをツアラーVに入れて
セッティング二日目に合えなくエンジンブロー。。。

原因はオイルの線断の油膜切れでメタルから音が。。。カンカンカン
エンジンはかかりますが、れっきとしたブローでしょ。

オイルクーラーもついていてセッティング中の絶えず油温90℃以下。

それでも。。。
さすがに300PS超えると、油温上がらなくても
1L¥300のオイルでは、厳しいですがな。。。
(瞬時に370PSぐらいまで力でるのでトルクもスゴイのだろう。。。)


あとはブログでもよく書く

旧富士スピードウェイでストレート全開でR33のパイピング炸裂事件。

ホームストレート全開フルブーストで、スカイラインお決まりの
90度のエルボーのゴムサクションが破裂。

フルブーストのまま、マフラーから黒煙たっぷり

サクション直せば、普通にエンジン乗れますが、
ちょっと踏むとブローバイ、たっぷり増量中。

サクション割れて、燃調ずれてノックかなんかでたのでしょう。
軽いピストン棚落ちでんがな。

その状態で、結構乗っていましたけど、やっぱりこれもブローでしょ。

後ほど、日産から対策部品が出たことは言うまでもない。。。Orz


S耐やっていたときのAE86は。。。
エンジンブローらしきものは全くありませんでしたが、
タコ足が割れて3気筒状態で走ったことも。。。

あのときから、二度とエキマニはスチールは使わないと決めました。
O2センサーの台座が錆でぶっ飛びまつた(涙)
(あん時は金が無かったなぁ~)


話が反れましたが。。。

その日系アメリカ人の方が、今はシルビアを弄っているそうで、
アメリカには、あんまりSR20はないのかな?

詳しくSR20についてレクチャーしました。
ついでに対策と改造ポイントも。

なにやらレースマシンのベースエンジンを中古で買ったんだけど、
かなり弄ったエンジンらしいが、いろんなところの組み方、処理の
仕方を見ると、素人さんがやったような仕上がり。。。

なので、結局全バラで一から組み直すようで、それでおいらに電話みたい。

出来上がったら、おいらがセッティングしたいなぁ~と思ったりして(爆)



それはそうと。。。

今流行の大径スロットル加工。

街乗りの人には関係ないが、全開モードの人たちの間では、
結構トラブルが出ているみたいです。

スロットルをデカクすると全開時の吸気量も増えますが、
アクセルのパーシャル時吸い込み風量も増えます。

結果、アクセルをガバっと開いたときの吸気量が増えるので、
CPUセッティングでいう、加速増量値も増やす必要があります。
(セッティングツールによって呼び名は変わります)

でも皆さん、ほとんどの方がリセッティングしていない。

特に吸気/排気の効率を極限まで上げた場合、かなりずれます。

アクセルをガバっと開いた時や踏み返した時に、
燃調が薄くなりやすく、ノッキングが出やすくなります。

そこの部分の補正が必要なんですね。

4AGを4スロに変えたとたん、全く走らないって言うのが、
昔は良くなりましたが、これも同じ。

加速増量値を変更しないと、同じアクセル開度5%15%30%50%でも、
まったく吸う空気量が変わって、薄くなって。。。Orz

1回、ノーマルインジェクターのAE86で4スロのフリーダムやりましたが、
カムも入っているので、5500回転以上インジェクター全噴射(笑)

パーシャル時のアクセルのオンオフでは、全く燃料が足らずに
全くセッティングできずに返したことがあります。

もう薄くなる一方ですが、
いかんせん燃料(インジェクター)が足らん!


そりゃそうだよね。

おいらの86もノーマルカムのN1仕様だったけど、全く燃料足らないので、
ターボ用のポンプ付けて、バリバリ燃圧を上げていました。


うちもセッティングの時には、スロットル径がキチンと大きくなった分を
計算して増量値を決めてセッティングしています。
ただ単にMAPの数値をでかくするだけでは決まりません。

MAPの数値を無理に大きくすると、普通の加速の時に濃くなりすぎます。

それと加工精度が出ていないのも多いですねぇ~

でわでわ。。。



 
 
 

~みんカラ復活Blog~

いりますか? アルファードブレーキ偏

080716al.png

自分の
アルファード

ブレーキ
替えまつた。。。



結果。。。

前に付けていたオリジナルパッド

物理的にどう考えても余りまつ(笑)


売りまつ ¥4.000(笑)

欲しい方どうじょ♪



BADMOON RACING

・CSスペック(リア) ブレーキパッド 定価 ¥15.000
 (クルージングスペシャル/~550℃対応)


画像は新品でつが、実際のパッドは中古のため、
残り山は8部ぐらいになります。


現在、ブレーキパッドの主流はSSスペックになっています。

CSスペックは、名前の通りクルージングタイプのため、
高速等でグッと踏んだときには、抜群にガッツリ効きますが、
街乗りはSSパッドの方がよく効きます。
(逆に高速はSSパッドの方が効きは弱いです)

あくまでも高速向けのセッティングで、
街乗りでブレーキダストを極力でない仕様になっております。
(もちろん純正よりは全域でいいです)
ぶっちゃけサーキット走行できるぐらいの性能でつ。



最近、うちらが外したパーツを、こうやって告知しないと・・・

なぜか常連さんに怒られます(笑)

なので告知しました。




 

 

~みんカラ復活Blog~

じてぇーあーる♪

080716vi.png

うちの常連さま

じてぇーあーる。



転勤されたのにもかかわらず、

何ヶ月に一回は、遠くよりご来店
うちにメンテナンスを入れていただいております。

本当にありがたいの一言でつ。
(今度は彼女様のFitもどうぞ♪)

他のGT-Rのお客さんは、なぜか恥ずかしがり屋な方が多く
ブログはごめんなさいの方が多い。
(そういう方のは、もちろん載せていませんよ)

GT-Rは、かなり得意な部類なので、
本当はあれやこれやと書きたいのだが。。。


法律の関係で書けないないので仕方ない(涙)
(決して違法改造している訳ではごじゃりません)

このRも完全合法でつよん。

ただ・・・
N1エンジンだったり、カムは入っていたり、
でっかいタービンが付いていたり、サクションがすべて変わっていたり

しているだけでつ(笑)


まぁ~ピストンからオイルポンプもN1なので、
ある意味、フルチューン?

おいらとしては・・・
N1ピストンで十分ブースト1.7キロ/パワーにして700PSぐらいまで
セッティングをキチンとすればもつので、社外ピストンはいらない???
コンロッドボルトもしくはコンロッドは、強化したいけど。。。

クランクもダイナミックバランスと曲がり修正でなんとかいける?
(社外クランクは高いしねぇ~)


ブースト2キロ以上かけるときは。。。さすがに考えます(笑)


ほんと32Rは・・・
昔から谷田部最高速(R32歴代3位)や筑波バトルの車(優勝)の
車両製作のお手伝いをさせていただき、大変勉強になりました。

一番最初は、HCR32から覚えて、それがBNR32になって。。。
他の車は、もっと前からやっていたけど。。。
(そのころは、シルビアはじぇんじぇん力を入れておらず)

気が付けば、おいらも嫁に内緒でGT-R(BCNR33)を買って(笑)
(結婚前なので、内緒ではないと思うが、殺されそうに・・・)
(今は・・・フェラーリ買おうとすると・・・滝涙)


そしてのこの白の32Rも思い出深い。

元々、この32Rは別のお客様の車両でトラブルでうちに入庫。

そのトラブルを直すのと一緒にCPUセッティングゥ~

そしたら、いきなりアムクレイドのゼロヨンで3位入賞。
雑誌まで載っちゃって(爆)

セッティング取り直しただけで、ガッツリ速くなって結構噂に。
(元々付いていたパーツが良かったので、きっちり調整したら)

でもよく雑誌見ると、出場SHOP名はトラブルを出したSHOPの名前。

まぁ~仕方ないです。 世の中こんなもん。

もう時効でしょ10年以上前の話ですから(笑)

それから、このオーナーさんがうちに売りに来たんでつね。

なぜかというと・・・

ゼロヨン入賞以降、ほとんどの作業がうちだったから。
(他のお店には売りたくないとの事)

オーナーも、作業内容もバッチリ把握できていたので、
思わずおいらが買ってしまいまつた。

っが、
今のオーナーに、おいらが
このGT-R持っているのがバレて分かってしまい。。。

そりゃもう、大事に乗っていただけるのであればっと。。。


いやはや、いつまでたってもR32は、いい車です。

オーラがいいねぇ~

やっぱGT-Rは走ってナンボ!でつね。



似たような話で、新車から仕上げた13シルビア

このオーナーも16万キロ走った後、
結婚のためシルビアをうちで引きとってくれと。。。
(やはし、他のところには出したくないとの事)

もちろん。。。

おいらが大事に引き取りました。
店の前に1年ぐらい置いてあったヤツね。

こっちも抜群に調子が良いタービン交換車両。

もちろん。。。
このエンジンを狙っているうちの常連さん(笑)


案の定、このエンジンはその方のシルビアに。。。

未だに健在でサーキット走行で20万キロ超えました(笑)
しかも調子が良くノントラブル♪

これがうちの考える水温/温度管理で伸びる信頼の耐久性でつね。
(オイルも、もちろんバーダルね♪)


 

 

~みんカラ復活Blog~

« PREV 1  2  3  4  5