badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
イメージ画像

2007年11月

08Spec発表!&マフラーキャンペーン!

071107mr.png

 








       ★☆ BADMOON RACING 『Evolution マフラー』☆★

 

              ★過去最高販売実績達成の 『07Spec』 の進化版!

 



ついに究極形の進化版『08Spec』発売! 

一番人気のスペックバージョンアップが、ついに無料キャンペーン!


当社にてマフラーを直接ご注文のお客様様に限り、
『進化版 08Specキャンペーン』実地いたします!


スペック変更によるバージョンアップ料金


¥3.000サービス!



当社にてマフラー取り付けのお客様は、

『取り付け工賃サービス!』

是非、キャンペーンご利用ください!


各代理店、問屋様でもキャンペーン実施がございますので、ご相談ください。
 
08Spec 変更概要

『07Spec』 ⇒ 『08Spec』 への進化概要!


・SSスペック

 更なる性能を格別化に成功!

 ターボモデル⇒メイン60mm仕様(従来どおり)

 NAモデル ⇒メイン50mm仕様

NAモデルは、更に下からのトルク、排気流速の向上に努めました!
ストレート構造ながら抜群のトルク、ピックアップを実現!
(車種によるマフラー形状によりストレート構造に近い設定もあり)



・RSスペック
 
 07Specモデルは、SSスペック中間ピースにRRスペックのリアピースの
 組み合わせでしたが、SSスペックの差別化により独自の組み合わせ達成!



・RRスペック

 パワースペックのRRスペックでは、更なる音質の向上、
 音量の低減を狙った大容量サブタイコを1部車種に採用!



・RZスペック 

 一番人気の超高音質モデルは、更なる高音化を目指し、
 1部車種では、更に大容量のRZサブタイコを採用!



・ハイブリットタイプ

 左右2本出し仕様では、すでに言わずと知れたシェア90%を突破!
 抜群の人気と使い勝手を実現した画期的マフラー

 08Specでは、サーキットバージョンに切り替えた時のパワーを
 更に追求して、排気効率を更に向上させました!


 
この案内は出品支援ツール ■@即売くん3.50■ で作成されています。






即売君そのまま使ったら、こんなんに。。。(滝汗)
 

~みんカラ復活Blog~

マフラーモニター募集♪

071108mr.png


 
 

マフラーモニター
募集のお知らせ


当社HPでは、すでに募集しておりましたが、




アルファード 4WD/3L(1MZ)

・センターからのフル交換タイプ 『Evolutionマフラー』


上記の開発が決定しました。

開発に当たり、モニター募集を3台いたしましたが、
モニター枠があと1台となりました。

モニターいただいたお客様には特典がございますので、
是非、よろしくお願いいたします。

11月中旬 型取り
11月末  発売

上記日程を予定しております。


お問い合わせの多い、
ダイレクトサクションキットは、
長距離テスト及び全開テストを抜群の性能でクリアしましたので、正式発売となりました。

当社HPよりご注文お待ちしております。



 


関連情報URL http://www.badmoon-racing.jp/  


 

 

~みんカラ復活Blog~

イベントから帰還!

071107awa.png

関西のイベントから帰ってきまつた。


いやはや全行程1600キロ
超ロングドライブ♪





実は某メーカーのシャーシー開発の方結婚式に出撃してまりました。
(TOYOTAのエンジンもやっているメーカーさん)
っと言っても、実は親戚(従兄弟)なんでつね♪

なぜかおいらの家系にはエンジニア(技術系)が多く、
親戚のおっちゃんなんかは、日本のメーカーからは一目置かれているような存在で、
昔はテレビにも出たことが。。。ちなみに某分野では日本一の技術だとか(爆)



とまぁ~田舎が関西なので、何かあると大阪に帰っています(笑)
なので、おいらは根っからの関西人かもしれません。。。
(ケンカも好きですし)


そんでもって、うちの支店が奈良にあるのでそちらにも顔を出してきました。

っと言うのは冗談ですが、完全プライベーターのお客さんがおりまして、
うちの走行会では常連さんの『ニシモワークス』さんでつ。

数々の草レースでは結構有名な方なのでご存知な方もいるかも。

実は、当社では今回ニシモワークスで箱替えで新しく製作しているマシンの
スポンサー協力をメーカーさんとタイアップしております。

おいら的にはR33系は得意中の得意で、ノウハウが提供できればと!

画像は、ニシモワークスガレージ

仕事場のはずが・・・(笑)


とまぁ~夜中の襲撃にかかわらず、朝方までお付き合いいただき
誠にありがとうございました。

やはり、お互い車バカでした

うちら以外に同席した方は、実はうちがカーボーイのシルビア特集に出たときに、
某SHOPデモカー的な感じのシルビアで雑誌特集で出た某氏
朝までお付き合いいただきました。

やはり車好きが集まりますね♪

これからもスポーツカーで遊んでいきたいと思いまつ(^o^)丿
 

~みんカラ復活Blog~

GT-R ですがなにか? パート3

071101hi.png

今回の目玉はやはり、プラットフォーム。

リアトランスミッションであろう。

F599もそうであるが、
おいらが考える理想のFRだな。



ただ、あそこまでやるならセルも、後ろにしてほしかった(笑)
そんでもって、フライホイールもミッション側にもっていき、
エンジン自体はドライサンプとまでは言わないが、極力重心を低くできれば最高!
(通常エンジンの高さは、フライホイールの径でクランクの高さが決まる)

本当は、デフ一体型の横置きミッションだと更にいいけど。


ちなみにエンジン自体はごく普通。。。

昔のZ32みたいに片バンクごとにキッチリ分けて、当たり前の仕事をする。
電スロで左右1個ずつで、6連スロットルはない。

あまりエンジンで特筆するとこはないだろう。

いたって普通である。 
なんてたって排気量が3.8Lもあるんだから。

そんぐらいのパワー出るだろ(笑)

最近、新しいスカイラインの評判が良いが、良く考えてみると
エンジンにパワーがある、よく回るといわれているが、
計算するとリッター100馬力にはほど遠い。。。

なにのHONDAは、片っ端からリッター100PS越え。

これはどう判断すればいいのだろうか???

もはや、もっと消費者が賢くならないといけない時代であろう。

本物を見分けられる眼力を持たなければならない。

言い方を変えれば、『違いの分かる男』(爆)

ちなみにこれはスカイラインを否定しているわけではない。
現においらも新しい2ドアクーペはいいと思う。

っが、あそこまでの金額と排気量であの馬力では、ちと物足りない。

それはなぜか???

日本は排気量で税金が決まる国(笑)

なので、高い税金払うだけの楽しみがあってもいいのだ。


ちなみにヨーロッパは???

エンジンの馬力で税金が決まる。

なので欧州車は、こぞってカタログスペックの馬力を低く表示して税金対策をしている。

だから実際にパワーを測定するとビックリする。

スポーツカー乗っていて、ベンツについていけない人が多かったであろう。
250キロ以上のスピードは、本当に馬力とトルクが出ていないと加速しない。

ちなみに日本車のカタログ。

カタログ馬力の20%割引きは当たり前である(笑)

きっちり出てるのはHONDAだけ???

ほんと消費者をバカにしている国である。
高いお金出しているのに・・・

ある意味、カタログの偽装問題である。。。


いい意味でも、悪い意味でも、今回のGT-Rは、
メーカーが作ったチューニングカー的な要素

リアトランスミッションは特筆すべき点であるが、
足回りはスプリングを見ても、ストローク設定が甘く、
二重ピッチのスプリングを採用している。

申し訳ないが、そこら辺で売っているダウンサスじゃないんだから(笑)
せめて、ちゃんとしたツインレートにしようよ。

そんでもってピンホールローター。。。

また割れない? 

サーキット走っても割れないんだったら、GTマシンや他のレースマシンでも使うよね?
って、もうレースはカーボンローターだった(笑)


とりあえずは、市販車と広報車のマシン性能差が無いことを祈る。

そんでもってNurを走ったのは、世界戦略仕様なのか、日本仕様なのかが
疑問視されるところ。。。

実際、輸出モデルはどのメーカーでも、エンジン仕様からフレームまで、
国内仕様とじぇんじぇん違うのが多い。

その辺どうなんだろう???
 

~みんカラ復活Blog~

GT-R ですがなにか? パート2

071101-1hi.png

前回の広報カーの続き。。。


前のNur走っていたモデルと今回の市販モデルだと、
マフラーのテール径は同じだけど、中のパイプ径が
違い市販モデルは細いような気がする・・・
(気のせい???)

しかもマフラーの作りもちゃちく、法律のおかげで触媒が4つ
片バンクの直列に2個・・・

こりゃもータービンは、ハイブーストかけれねぇっす。。。

タービンの耐久性を考えてIHIになったのかしら???
(まぁ~GTのときから、IHIだけど)

おいらが昔からボソッと言ってはいたが、ギャ○ットの時代はもう終わりかな?

正直、IHIタービンのセッティングをすると、
今までのギャレットの加速がつまらなくなる。。。

ギャレットは、下からフラットなトルク特性なのだが、タービンの耐久性を
考えるとブーストが上げられない。

逆にブーストかけられる、TDタービンはメタル保持だから、相変わらずドッカン(爆)
チューニングマシンとしては、TDは、いかにもチューニングしましたって感じで好き。

そんでもってIHIタービン。。。

ブースト1キロ以下は、、全く使い物になりません。
ノーマルタービンブーストアップの方がフィーリングが良い。

が!すかし。。。

ブーストを1キロ以上かけたとたん豹変!

目標ブーストまで一気にパワーが立ち上がる。
下から、ケツを蹴飛ばされたような加速、立ち上がり。

6発のエンジンでフロントが浮きそうな感じ?
これがたった400PSぐらいのタービンで出ちゃう。

こりゃ楽しくてしょうがない。

っがしかし、あまりにも立ち上がりが強烈過ぎてセッティングが大変で、
IHIのセッティングを止めるSHOPさん続出(笑)

うちの周りでもIHIのハイブーストをやっているとこがほとんどないな。

でもおいらは、超病みつき♪ たまらんですな。
これが本当のチューニングの麻薬みたいなもん。。。

こんな感じが新しいGT-Rにあれば・・・ニヤリ


続く。。。
 

~みんカラ復活Blog~

GT-R ですがなにか?

071101-2hi.png

さてさて。。。

モーターショーの本題に戻って(笑)


見てきましたよ♪

GT-R


おいらも、自称同じシルバーのGT-Rオーナーですが、
おいらのと変わらないですよ。。。 ほんと(爆)


とりあえず、モーターショーは空いていました。

混んでいるのは、GT-Rのとこだけ(笑)

700万越えの車として細部まで見てきましたが、ガッカリでした。

こんだけの金出すなら、M3の方が作りこみがいい。

あんだけ性能が・・・となっていましたが、さすがは国産車。

タービンのエキマニも鋳物の比等長。。。
ほんと3気筒の軽のターボ変わらないつくり。

なんでほんと、日本の車は細かいとこ、感性の部分を
作らずコストを削りたいのか???

真面目にエキゾーズトの構造は、外から見た感じは最悪。

例えば同じ価格帯のM3ならもちろん等長仕様
普通のグレードのBMWでさえ、二重管構造のエキマニ。

それがGT-RLS460などの国産スーパーマシンは、
ただのパイプを繋げただけの非等長。。。


なぜここの部分に外国はこだわるのか???

それは感性で感じる部分だから。

音もそう! 立ち上がりフィーリングもそう!

なんてたってパワーも変わる!


そんな重要な部分を日本の車は・・・

こんなこと、チューニングマシンでは、当たり前。

F1のエキマニだって、そうだし。

いいことは、ドンドン取り入れようよ。


その点では、国産エンジン最高技術のHONDAのエキマニは、
純正も良く出来ている。 ほんと社外エキマニいらないぐらいにね。



まぁ~よく見るとGT-Rは手抜いているとこだらけでしたね(笑)

所詮ノーマルマシンですからね。
777万に期待したおいらがダメなのかも。。。Orz

でも、その感性的な部分ってすんごく重要だと思う。

なんてたって運転するオーナーが気持ちよくないと。。。



総合的なパッケージでは、タービンが思ったより小さいので、
実馬力で420~良くて450PSぐらいだと思う。。。

IHIタービンだけど、まさかノーマルでブースト1.5キロもかけないだろう。
なので、見た感じ1キロちょっとで、そんなとこの馬力でしょう。

だから性能的には、おいらたちが乗っているGT-Rのブーストアップと変わらない程度?

確かに今までのGT-Rを新車で買って、ブーストアップしてサーキット走れるように
乗り心地の良いサーキット用の足いれて、ブレーキ強化して、
冷却系見直せば、700~800万ぐらいになるよね。

なので、よく考えられた価格設定だと思う

たーだ、あの程度の冷却レベルだとNur全開の7分は無理よ。
壊すつもりで行かないと。

冷却キャパ的には、EVOと変わらないぐらい???

日産お得意の広報カーってヤツですかね。。。

だいたい新車ノーマルマシンの筑波最速タイムは、BCNR33のGT-Rで、
確か3~4秒ぐらいだったけど、ノーマルでそんなタイム出るわけ無いし。
(タイヤもノーマルだぞぉ~)

あまりにも、この広報カーやりすぎで、土屋圭一おやびんも、かなり怒っていたし(笑)



次に続く。。。

 

 

~みんカラ復活Blog~

モーターショー No1! コンパニオン♪

071101-3hi.png

お休みの日に。。。

東京モーターショー

に行ってきやした。


そこで有無を言わさず、
一番人気のコンパニオンでつ。。。




ミニスカポリスのコスプレのオヤジ!


いや~ウケました。


どこのブースに行っても人気もんです。 この人。

この人の周りには、ダレもいません。

ただ、ちょっと離れたところから、みんなに写メ撮られて(笑)

「本物のコンパニオンのおねーさん」までもが、仕事を忘れ
ステージの上で笑いだす始末。。。

なんなんだコイツは???
 

~みんカラ復活Blog~

« PREV 1  2  3