badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ badmoonイメージ
イメージ画像

2007年10月

サクションキット テストちゅう♪

071029al.png

先日取り付けたアルファード用

ダイレクトサクションキット。。。

ただ今、実走テストちゅう♪


現在の感想。。。


スゴクいい!

激しくいい!



キノコエアクリの為、懸念されていた低速トルクのダウンは、
大容量のインダクションBOX化のおかげで、ほとんど感じず。

若干1000~1400回転ぐらいのアクセル踏み始めの初期が
少なくなったような気がするが、

それよりも下から一気の来る圧倒的立ち上がりのトルクが強烈!

高回転まで、一気に吹け上がります!

いやはやアクセルの踏み返しもバッチシでつ。


当たり前ですが、エンジンルームの熱を吸わないので、
吸気温度上昇による熱ダレは一切無し。

正直、街乗りは厳しくなるかなと思っていましたが、
本日都内まで仕事で乗っていきましたが、全くと言っていいほど問題なし。

よく前の型のエスティマのようなエアクリ変えたから、
エンジンチェックランプがつくようなこともなく、ものすごく快適!

いやはや、ほんとパワー出ましたね!

うちのRRスペックとの相性も完璧です。


画像はサクションキットの画像になりますが、
市販前の撮影でしたので、パーツが抜けています。
画像以外に・・・

・純正エアクリーナー インダクションBOXアダプター
・ホースバンド
・遮熱シート


上記パーツが追加されます。

価格は・・・

アルファード 3L用
・ダイレクトサクションキット(コットンエアクリ) ¥19.800

オプション 
・ステンメッシュ エアクリタイプ プラス¥2.000


エアクリーナーは2タイプから選べます。
上記に消費税です。


すでにご来店いただいていますお客様より、ご予約いただいておりますが、
先着10台に限り、発売記念といたしまして消費税サービスさせて頂いております。

よろしくお願いいたします。


ちなみに明日は、高速テスト♪

 

~みんカラ復活Blog~

昨日から。。。

071027hi.png

実は昨日。。。

健 康 診 断 。

なのでもちろん・・・

バリウム飲みました。



最近のバリウムは飲みやすいですねって!

言われているようでつが。


おいらにとっては苦痛です。

台の上でグルグル回されて。。。

これならまだ、ドリフトしていた方が体が楽!



まぁ~飲むのはいいとして、

その後が大変。 仕事になりません。


ようやく夕方くらいから復活してバリバリ予定を何とか終了。


っが、すかし


今日になってもなんだか体調が悪い

多分、バリウムは関係ないだろうが、疲れが取れない。

ほんとここ最近、忙しかったせいもあり、体が弱っているかも。

子供も、ここ1週間は寝顔しか見てないし、
昨日、久しぶりに会ったらお風呂もヤダと言われたし。。。Orz

う~ん。

なんとかせねば。。。




仕事の方は、メーカーさんのチョンボも解決し、
気持ちいいいぐらい、ビシッといい意味で決まってうれしい限り。


マフラーも、次々と完成したものが入荷し発送ラッシュ!
多分、来週の中ごろには落ち着くと思いますが、スゴイの一言。

とにかく数が多いので、置いておく場所もないので、
出来たものからガンガン発送しています。

ラジエーターのお問い合わせも多いですが、
今年ラジエーターのラインナップが大幅に変わって、まだHPを更新していません。

なので、随時聞いてもらえると嬉しいです。


さぁ~ 今日も頑張ろう♪
 

 

~みんカラ復活Blog~

今日も徹夜。。。Orz

071026hi.png

本当は・・・

明日、朝から自分の車検(健康診断)なので
早めに帰って、ゆっくり寝たかったのに。。。

事務仕事を終わらせて、
今から店に戻って仕事でつ。。。


メーカーさんがポカしたおかげで、仕事の段取りが(涙)

納期が迫っているのもあるので、何とかして間に合わせないと!

いやはや、メーカーさんには仕様書(指示書)出してあったのにもぉ~

今作っているお客さんの筑波2000タイムアタックマシン
フレーム補強も入っているので、うちだけではなく板金屋さんとの
連携もうまくやらないといけないので。。。

そんでもって、別のマシンではアライメントまで一気に仕上げる予定なので。

ただ今、夜中の12時。。。

今からシャッター開けてアライメント調整だす。

昔はシャッターの音だけでも怒られたのにね。
近隣の皆様にはご迷惑おかけしまつ。。。

もーちっとご辛抱くだせぇ。。。m(__)m


それにしても、ここ最近『特注』だらけだな(爆)

それだけ、こだわりをもって車を作るようになってきている証拠???

自分の愛車には、やっぱ一番いい状態にしたいしね。

そもそも、おいら自身が仕上げるなら、その車に合った仕様じゃないと。


おいらのマイカーもワンオフだらけになってきたな(笑)

たーだ、うちのワンオフは頼めば誰でも作ることができるワンオフ。
どっかお店みたく外注バトルのワンオフではない。
(よく自分の店のSHOPデモカーを自分で作れないとことか。。。)



まぁ~メーカーさんも、明日朝一から動いてくれるみたいだし。

まぁ~よかろう。。。

こういうときもあるさ!


来た担当さんには、ねぎらいのコーヒーでも出すか(笑)



ほんと最近、自分がまるくなったと思う。
(体形含め。。。Orz)


 

 

~みんカラ復活Blog~

・・・あーあ。。。Orz エンジンが・・・

071025vi.png

お客さんがオイル交換に来ました。。。

っで、お客さん本人が、
モノホンのメカニックさんなので、

場所を貸してあげて、ご自分でオイル交換



もちろん入れるオイルは、天下のバーダル様!

ヨーロッパシェアNo1のオイルである。



実はうちのお客さんの実に7割は、
本物の車関係の人ばかり。。。

なぜか、うちは車屋さんのための車屋さんになっているようで、

プロからの外注先になっている事が多い(笑)


事実、この辺のSHOPさんのデモ車やお客さんの車も
うちで仕上げていることが多い(笑)




んで、お客さんフィラーキャップ外したら。。。


う~ん。。。

ミルクチョコレートである。。。


先日、エビスサーキットにドリフトしに行ったのである。

ノーマルラジエーター&純正クーラントで・・・


結果・・・画像の通り

前置きインタークーラーも入っているので、ノーマルよりも更に水温厳しいであろう。
しかも電ファンコントローラーいれていないので、油圧ファンの強制冷却が出来ない。

特に1Jの90は、油圧カップリングなので。。。

ファンのまわりのやる気の無さ。。。(ーー;)


正直、スゴイ昔から車買ったときから、口をすっぱくして、
「90は、水温ヤバイから気をつけてね!」っと、
おいらは言っていたのにOrz




某メーカーのHPで・・・

JZX90の水温別にシャシダイテストしている結果がでていましたが、

水温を上げた状態適正水温の場合、
パワー差は55PSありました。

これだけ熱ダレ高水温補正が純正CPUでも入る証拠でつね。。。

まぁ~純正サーモでこれだから、ローテンプサーモ入れれば、
更にパワー差が出てしまいますね。。。

恐ろしやぁ~
 

 

 

~みんカラ復活Blog~

答えはこれ!

071020hi.png

おいらもこれの古いの持ってるんでつがね(爆)

全く価格が違うようでつ。

ということで、GT-Rでつた。


予約金入れても、全部写ってるカタログは無いのにねぇ~

ニヤリ(^○^)
 

 

 

~みんカラ復活Blog~

最近、燃費が変?  アルファード偏

071023al.pngうちのアルファードの燃費が変である。。。

街乗りでこの画像のとおり。。。

満タンから246キロ乗って、
ガソリン量はハーフのほんのちょっと下。。。


エライ燃費がいい。


先日の福島イベント往復の高速では、最高燃費をたたき出したが、今度は街乗りだ!

街乗りといっても、このときは店と家と事務所の往復
そんでもって、先日の筑波サーキットイベントの往復のみ。

しかも、きちんと水温50℃までは、暖気してるし。。。


ここ最近寒くなってくて、確かにエアコンはOFF。

最近燃費良くなるチューニングをしたのは、この前発売した強化ファンベルトぐらい。

確かに強化ファンベルトは、スリップしにくくなるので、
ベルトの張り(テンション)を緩くできるので、
補機類のフリクションロスが減るので、確かに燃費には貢献できるだろう。


っがしかし、燃費が良くなりすぎである。


いつもだったら、ハーフでも良くて200キロ越えるか越えないかかぐらい。。。


やはり一番の燃費の貢献は、ローテンプサーモであろう。

ここ最近、寒くなって一気に燃費がよくなった

水温自体が、純正サーモよりも低い温度で安定するので、
まずエンジンの熱ダレがない分、パワーが出る。 レスポンスもいい

結果、燃焼効率が上がるので同じスピードでも圧倒的に燃費は良くなるであろう。

しかも水温自体が意図的に理想値の温度で保てるので、
エンジンコンピューターの高水温補正が入らない

純正エンジンコンピューターは、水温が上がりすぎるとエンジンに
ダメージがが出るので、水温が上がると自動で燃料を多く噴射しエンジン冷却を始める。
(俗にいうガソリン冷却ってヤツだね)

ガソリンが濃くなると、排気ガスの温度が下がり、これでエンジンを保護する。

だからエンジンがダメージの出る温度まで水温が上がらないから、
無駄なガソリンを使わずに済むから、燃費が上がったというのが正論であろう。


確かにオールアルミブロックのエンジンは、水温が85℃越えると、
もう熱ダレしてしまいパワーがない。

純正サーモだと絶えず85~95℃くらいだしね。

これをローテンプサーモを入れることにより
積極的に適正水温にすることで、エンジンが快調になる。


よく質問で、他社のローテンプサーモを入れたけど、水温が下がらないという
問い合わせがありますが、同じローテンプサーモでも色々種類がある。

TOYOTAのメーカーパーツメーカーのローテンプサーモは、確かに冷えない。

うちのお客さんでもいろんな車種でテストしたけど、
結局うちの特許取得サーモに買いなおしている(笑)

うちで取り扱っているローテンプサーモは、日本サーモスタット社のサーモ。

これは特許取得サーモバルブに特殊な加工がしてある。

そのため、バルブの開き始めから非常に水温の安定が良く、
良く冷え、水温が低い温度で安定する。


他社のローテンプサーモみたいな、水温のハンチング(不安定)がない。

この特許は世界特許で、
WRCマシンやルマン24時間、パリダカのレースマシンにも使われている技術である。

バルブにはきちんと特許ナンバーまで小さくだが入っています♪


っがしかし、日本サーモスタットのローテンプサーモは普通に買うことは出来ない。

自動車メーカー相手の会社なので、チューニングマシンぐらいの販売数では
売ってくれないのだ(涙)

先日も某メーカーさんに聞いてもらったら・・・
1ロット同じ車種のサーモで500台分必要との事。

なので、うちでは特殊なルートを使って仕入れています。

だから同じ製作会社のサーモなのに、車種によってサーモを取るルートが違う(笑)

以前は、ひとつの会社で全メーカーまとめてやっていたのだか、
あまりにもメーカーからのロット台数が多いために止めてしまったらしい。

そのメーカーさんは、その後新たにローテンプサーモを始めましたが、
日本サーモスタットではない、他のメーカーのサーモスタットを販売するようになりました。

なので、おいらはそこからは取らないので、自分で仕入れるルートを開拓した。


ほんとまぁ~苦労したかいあって結果が出てきていることが嬉しいですね♪


水温が下がる分、暖房の効きが弱くなると思ったが、ほとんど変わらず。

寒がりな人だったら、オートエアコンの温度を2~3度上げれば十分OKですな。
(基本的に、エアコンは水温よりも水量をバルブでコントロールしているので)


ちなみにエンジンの理想の温度は、水温が70~75℃ 油温は80~90℃である。

これに近づけば近づくほど乗用車のエンジンの調子は良くなるのである。

よくオーバークールと言う人もいるが、これはもう過去の話のようです。
(確かに水温が65℃以下になればオーバークールだと思うが)


 

 

 

~みんカラ復活Blog~

復活! ナイトライダー

071023hi.png

ついに来年やるそうでつ。

ナイトライダー♪


今度はどんな感じなんでしょうかねぇ~

夢のある車が出てく事を願いまつ♪


久しぶりにKITTの声が聞けると思うと(ニヤリ)

デボンは本当に亡くなってしまっているし、
マイケルもお歳だと思うし。

いやはやキャストも楽しみですな。

いろんなところで、次期ナイト2000のCG加工画像が出ていて、
コルベットベースがかっこいいと思うけど、
挙句の果てには、1コ前のインプレッサで、ナイト2000風ってのも(笑)


いやはや男はバカである。

ナイトライダーの前は西部警察だったしね♪

とにかく車はいいねぇ~

ナイト財団に入りたい。。。
 

~みんカラ復活Blog~

ついに完成! サクションキット byアルファード

071023-1al.png

ついに完成しました!

アルファード 3L用

ダイレクトエアーシステム




『ダイレクトサクションエアクリーナーKIT』




取り付けのフィッティングもバッチリで、
某メカニックの方からも、

『よくまぁ~これだけ精度よく出来たね♪』

っとお褒めのお言葉。



そうなんですよね。

ボディー関係、エアクリーナーBOXの加工無しに、
ダイレクトに大径80パイのアルミサクションパイプ
キノコエアクリーナーを合体させています。


各部のクリアランスも絶妙!


製作できる中で、最大限の性能を追求しました。

どうせ作るならいいもんを!

・バンパー内のエアーを吸うので、キノコ特有の熱ダレは一切無し!

・キノコ特有のトルク減少は、大容量インダクションBOXで解消!



おかげでパイプの曲がりを作るのに、メチャクチャ苦労。
曲げを何回も変えてメイク&トライ!

おかげで大変良いものが出来ましたが、ほんと絶妙の設計なので、
ボルトオンながら、取り付けは知恵の輪です(笑)

そうしないとボディー無加工で、80パイではサクションの取り回しが出来ない(ーー;)


とりあえず試走した感じは、低速トルクはキノコ特有の細さはなく、
踏み込めば、一気にトルクが立ち上がる感じ。

上は確実に。。。(ニヤリ)


今週は、マイアルはの大手術が多いので、来週以降に長距離テストもしてきます。

純正エアクリBOXをインダクションBOXにしているのは、
かなり効果ありそうです。

これ以外に後期アルでは、スロットル前のストレートサクションも開発中。

キット内容としては・・・

・キノコエアクリーナー(ファンネル内蔵タイプ)
・サクションパイプ
・シリコンホース
・ホースバンド
・エアクリーナーインダクションBOX用アダプター


上記セットで2万以下を目標にしています。

オプションでステンメッシュエアクリも設定。
3L後期は、スロットルストレートサクションもオプション設定。

こんなアホなことやるのは、おいらだけだろう(笑)

とにかく吸気音がレーシー。

吸気と排気の音はアルファードじゃありませんな。
外で聞く音は、ほとんど外車って感じ♪

たーだ、元々おいらの作るミニバンパーツは、
絶対快適主義のため、非常に室内は快適でやんす。。。(^o^)丿

 

~みんカラ復活Blog~

なんのエンジンでしょう???

071020-1hi.png

このエンジンは何?

ヒントはモーターショーで発表だす。。。

 

 

~みんカラ復活Blog~

マフラー仕様書。。。

071020vi.png

お得意のCPUセッティングでつ。

今日のお車はインテR。。。

うちではフルコンのパワーFCで、
全領域を最適な現車合わせセッティングをしています。


車の仕様。。。ざっと

BADMOON RACING
・4-2-1エキマニ
・Evoマフラー RZスペック

・軽量クランクプーリー
 (プーリー比変更、フリクションレスタイプ)
・ビックスロットル
・1Jターボポンプ
・強化アースケーブル/強化プラス


などなど。。。


うちでは、もっぱらパワーFCでセッティングしています。

多分、セッティングツールの中では一番いいかな。

エアフロレスならVPROもあるが、大抵のSHOPさんがA/Fフィードバック
しながらのセッティングなので、お客さんの負担が多くなるのでおいらは・・・

正直、エアフロレスのターボも散々パワーFCでやっていますが、
まったく問題ないセッティングが出来ているので。

でも、できればエアフロは欲しいねぇ~ 正確性という観点では。。。


話戻って。。。

こっから書く内容は、コマンダーではセッティングできないので、あしからず。。。

NAのパワーの場合、ターボ付きにも対応できるようになっているので、
ノーマルデーターでは、マップ領域の半分しか読みません。

なので、NA用にマップ負荷を全て変更して・・・

そんでもって、レブは9000rpm リミッターは○○○○rpm
これもマップの回転軸で書き換える。

今回はサーキット仕様なので、街乗り部分のマップ領域を若干減らして、
サーキットでよく使うアクセルのパーシャル部分アクセルのオン/オフの部分のマップ領域を増やして、ストレス回るようにセット。

お客さんの指定で、燃費は気にしないとの事なので、
下からトルクフルにセッティング。

燃費を気にしないと言っても、街乗りマップはきちんと製作しているので、
燃費は普通に乗れば、すごくいい。

ちなみにマップの負荷に対する点火などは、ダイノで製作した負荷マップで、
これをベースにしているので非常に調子が良い。

サーキットの時のアクセル オン/オフの時の燃圧の立ち遅れを防ぐために
強化NAポンプの変わりに、1Jターボポンプを装着。

なので、燃圧が変わっているのインジェクターの無効噴射時間を変更。

よくセッティングでインジェクターの無効噴射時間を調整しないところが多いが、
燃圧が変わるだけでも、噴射時間が変わる。

なので、これをセッティングしないと燃費もレスポンスも悪い。
最悪、冷間時の調子も悪くなる。。。


あとは、ポンプの燃圧違いやエンジンの状態、吸気と排気のバランスで、
インジェクター自体の基本噴射時間が変わってくるので、これを調整。

一番最初のこの基本マップとインジェクターの基本噴射係数を合わせない限り、
まともなセッティングは出来ない。

これがきちんと合ってさえいれば、ダイノで作った基本マップの
空燃比通りにいい感じで合ってくるので、バッチリセッティングができる。

基本の部分がズレいると、結局マップを一から作らなければならない。
負荷を自由自在にかけれないので、まずは完璧なのは無理だろう。

なぜなら純正CPUの空燃比補正マップは、燃料/点火の補正を切ってあげると、
車ノーマルでは、気持ちいいくらいに空燃比マップの数字どおりの実測A/Fになる。

なので、ここが一番肝心要である。

後は、街乗りでギクシャクしたところがないかをチェック。

最近のチューンドカーは、雨が降ろうが雪が降ろうが、
普通にエンジンがかかって街乗りできるのが当たり前。

しかも排気量やカム/バルタイを弄らなければ、
街乗りは、ノーマルよりも燃費いいのも当たり前。

うちのチューニングは、これが当たり前(笑)

後は全開セッティングあるのみ。

ビックスロットルになっているので、アクセル開度/回転数に合わして、
補正係数をいれてあげる。

う~ん いい感じ!

ビックスロットルを入れたからって、やたらめったら燃料マップで、
燃料増やすと調子が悪くなるのでご注意。

あくまでも加速増量で対応できる。
これの理屈がわかれば、4連スロットルもできますぜぇ~


ここで事件発生!

4速全開すると、このインテR・・・ブーストがかかる(笑)

そうラム圧である。

まさかと思ったが、バンパーから綺麗にダクトいれて、
エアクリーナーまで、配管作ってあるので、かかるブーストは、1.03キロ(笑)

5速入れたら、もっとかかるな(ニヤリ)


慌てて正圧マップを作りやした(汗)

おかげで同じ回転数の全開でも、ギヤによって読むマップの領域が変わり、
何速かによって、違う燃調になりやした(ほんの少しだけど)

パワーの感じは、下からトルクが抜群に良くなり、9000rpmまで一気という感じ。

4速全開のパワーも出ていて、ロガー上で1○5キロまで、十分パワーついてくる。

乗った感じは、インチキセッティングのS14ターボのブーストアップよりも速い?
S2000のライトチューンよりは確実に速いね。

今回は、空燃比補正マップと基本燃料噴射マップの両方を調整しています。
(両方のズレをなくすという意味で)


強化アースケーブルやプラス強化線は、賛否両論だけど、おいらの考えでは、
ブレーキを踏んだ時や夜走るときにヘッドライトを付けた時などに、
必要以上に電圧降下してしまうのを防ぐ意味合いでやっています。

なので、昼間の全開ならそんなに差は出ないと思うが、
電気を食う走り方をしたときに、燃料ポンプ電源の電圧降下、
プラグの失火が、現車合わせの全開時には良くないので、
これの保険だと思ってもらえればいいかな。

とにかく、オルタからの電圧が下がれば、必然的に全ての電圧が下がるので。
ICレギュレーターで制御しているとは言っても、結構電圧って安定しないで
落ちていることが多い。。。

特に全開走行して、エンジンルームの熱でハーネス配線の温度が上がりすぎたときも
ハーネスの電気抵抗が増えて、著しく電圧が落ちる。
そういう時にノッキングが多くなるんだよね。

そういえば、アルファードはメチャクチャ電圧安定しないし、
電圧下がるんだよねぇ~Orz  あれには参った。。。

それにしても、ガンガンセッティングで全開したが、
うちのラジエーターは優秀(ニヤリ)

全開中は、一回も80℃超えなかったYO♪

水温上がったら、セッティングどころじゃないからねぇ~




 

~みんカラ復活Blog~

1  2  3  4